まずは個別相談で沢山購入して頂き感謝です。

ご祝儀相場みたいなものなのでしょうが、少しお返しの意味を込めて今回は各論をやりたいと思います。

こんな感じの糞ブログを書いていて何なんだけど、普通の勤務医が投資用の不動産を購入するのは敷居が高いよね。

それでも怖いもの知らずの先生達に忖度して、俺がやんちゃな医者だったならばって感じで。

クランケ2)ゆる沢ゆる蔵 男性 35歳 東京都大田区出身、中高一貫校を経て群馬医学部を卒業、慈恵大学整形外科に入局。父親は東京三菱UFJ銀行勤務のサラリーマン。
家族構成は専業主婦の嫁と3歳と1歳の子供の4人家族。

整形外科専門医、医学博士を取得。

出世の見込みはなしで、今後の人生プランを検討中。

預金残高は1000万。年収は1000万(本給+週一バイト+他院での週一当直バイト)って設定で。

俺がやんちゃなゆる沢ゆる蔵だったら。

5年ほどは手術の症例が多い民間病院で働いて、40歳から60歳ぐらいは今まで経験を活かせて年俸が最大になる病院で働く。あとは65歳ぐらいまでゆるい病院で整形内科医をやっていくかな。

ここからが本題なんだけど。

どういう方法論でも良いけど、35歳から40歳の5年間は一年で1500万の貯金を増やす。

年収3000万の手取りは1850万らしいから、年収3000万しか稼げなければ年間350万で生活しないと駄目。

家賃20万のマンションじゃないと嫁が納得しないって事ならば、年収3500万ぐらいは必要かもしれない。

年収3000万なら民間病院から1800万+週一バイトで500万+週一当直で200万+隔週の土曜日当直、日曜日日当直500万と計算すると余裕でしょ。

2017年も終わりに近づいているけど、便宜上年始として。

2022年には貯金1000万+1500万×5年間で預金残高は8500万になっている。

6000万と8500万じゃ2500万しか違わないと思うかもしれないけど、競売ではこの差が意味を持つ。

そう8500万で買える競売物件に狙いを定める。

その狙いは都心5区を除く23区での可能な限り駅近くの商業地域、隣接商業地。

取得した物件を更地にして時間貸し駐車場経営をする。

勿論法人を設立して、物件の取得は法人で購入する。

これならほぼ100%のメンテナンスフリーの法人を持つことが出来る。

40歳以降の医者としても男としても一番の旬の時期を、医師としての仕事に捧げても、子供の教育に捧げても、大人の課外活動に捧げても良い。

可能な限り法人の経費として落としながらね。

やるかやらないか。

いつやるの?

今でしょ。
22155060
22369620
mn6dHknvHvF9q9d_maWL8_52
おわり。