マイホーム購入はやはり投資だ
何やっているか分からない金持ちの分析

投資、金持ちシリーズの第三弾。

金持ちの家に生まれるのが最強なのは分かったから、それでもゼロからスタートする富裕層への道(勤務医、エリートサラリーマンなどのフローは多く、ストックはゼロ編 ただし起業は除く)

前回のブログで南青山や神宮前の一坪の値段を500万と書いたけど、今回のブログのためHOMESで調べてみたらもっと高かった。m(_ _)m

その上で、クソジジイ世代になった自分がもし30歳の勤務医だったらと仮定すると。
(もし勤)

まず重要な事だけど、同業者(女医さん)と結婚するな。

弁護士なら弁護士同士、公認会計士なら公認会計士同士、外資系企業なら外資系企業同士。
(可能な限り、出産と同時に専業主婦にならない女性、なっても復帰できる女性)

これなしに、都内でフロー所得が少し多い程度でストックゼロから富裕層になれる可能性はゼロに近い。

つまり、奥さんが専業主婦なら起業、独立以外は富裕層には成れないんだよ。

そういう夫婦は、富裕層を目指すなら一刻も早く独立を薦める。

そして、ストックゼロからスタートする富裕層への道で避けては通れないのがマイホーム購入。

勤務医のダブルインカムでも最早、港区、渋谷区に一軒家、タワマンを買うのは難しいでしょ。

ダブルインカムを維持するためには、駅から徒歩10分でなく5分以内。

自宅から職場まではドアツードアで30分以内。

タワマンでも一軒家でもこれが必須だと思うよ。

これが値段が下がらない不動産の見本。

でもって、港区、渋谷区、(千代田区、)は無理でも目黒区、品川区、文京区、世田谷区(遠くない方の)などから選ぶ。

なぜこの辺を薦めるかというと、2020年頃に不動産価格は下がるって言われているけど、港区、渋谷区は下がらないんじゃないのかな。

でもって、目黒区、品川区、文京区、世田谷区(遠くない方の)の徒歩5分圏内は、ミニ不動産バブル崩壊で下がって、そして戻るか上がると思ってんだよね。

今から2019年、2018年に備えて、めぼしい物件を探しておくんだよ。

続く。