終活から逆算した残りの人生をイオンに託す

人間は必ず死ぬ。

そして多くは葬式をあげる。

お年寄りに「なんでこんなに貯金するの?」と訊くと、「それは、いざという時のためだよ」と答える人が多い。よく、葬式代くらいは自分で出したいと言いますが、日本人が頭の中でイメージする葬式代は、だいたい500万円です。従って、最低500万円の葬式代を子供に残しておくわけです。
ところが、父親が突然亡くなった時に子供が葬儀屋に頼むと200万円だと言われる。すると子供の懐には300万円が残る計算になります。そして、実は、複数の葬儀屋から見積もりを取るともっと安くなり、200万円の大体3分の1の金額になります。イオンはそこに着目して、最初から3分の1の金額にしました。これが「イオンのお葬式」です。一番高い「セットプラン家族葬80」というプランが69.8万円です。一番安いプランは、火葬だけですが20万円程度でやってくれます。
こうして、父親が蓄えていた500万円から70万円を引くと、430万円が浮くわけです。この430万円で贅沢旅行、例えば豪華寝台列車“ななつ星”(ななつ星in九州)の旅に余裕で2回行けるわけです。
こうした終活・葬儀ビジネスというのは、日本全体で見ると、葬式、墓、△回忌の法要と全部足して4兆円の市場です。


4兆円産業だってさ。

整形の手術市場が数千億と聞いたことがあるから、その市場の大きさにビックリする。

でもイオンのお葬式を利用するだけで100万以上安くなる。

知っているか、知らないかで100万違う。

たかが100万、されど100万。

子供に迷惑をかけないで死ぬことって結局、100万残して死ぬことなんだよ。

沢山の万が一を積み上げていったら、どれだけ蓄えがあっても足りるわけがない。

俺の親なんか本当に馬鹿だと思う。

ドンドン金を使えば良いのにね。

年金で貯金してるからな。

今日のブログの教訓は、葬儀をするなら相見積取るか、イオンのお葬式。

おわり。