専門家じゃないけど、自分自身がクリーンディーゼルに乗っているのでフォルクスワーゲンの偽装には本当にビックリした。

アウディとポルシェを傘下に持つフォルクスワーゲンが、偽装だよ。

その偽装は国家ぐるみと言われている。

まずはこれを読んでみてください。

BMWも? VWディーゼル排気ガス不正問題拡大か
ディーゼル排気ガスの不正問題は今までVWだけだったけれど、ここにきて「BMWも規制値を超えるNOxを排出する」という報道が出てきた。

独オートビルド誌によればBMW X3をテストしたところ、欧州基準の11倍のNOxだったという。果たして排気ガス不正問題は拡大するのか?

BMWの件は、未だ詳細は分かっていないものの、仮に排気ガス試験モード以外で計測していたとすれば、高濃度のNOxが出てしまう可能性大。というのもディーゼル車に限らず排気ガス規制はテストモードで規制値に収まっていればOKとされているのであり、実走行の排出量は保証していないからだ。
ガソリン車に乗っているなら、自分のクルマの排気管の内側を触って欲しい。おそらくベッタリとした黒い汚れが付くはずだ。この汚れ、テストモードでは出ないことになっている。

アクセル全開で加速中の排気ガス成分を取って解析したら、規制値の100倍を超える数字が出ていることだろう。

ディーゼル車の場合、気温が低いときに低負荷の状態が続くと触媒の温度低下のためNOxの還元能力に問題出てくる。ある自動車メーカーのディーゼルエンジン開発担当者に聞いてみたら「温度低下の時は規制対象になっていないアルデヒド系の物質か、NOxを出すことになります」。



ちなみにマツダのディーゼル車は甘酸っぱい臭いを出す。これはアルデヒド系なんだろう。臭いを嫌ったディーゼルだとNOxを出しているということ。

ガソリン車が高負荷領域で規制値を超えるのに対し、ディーゼル車は低負荷領域で規制値を超えてしまう。したがって計測したらNOxは出て当然なのだ。

これをアウトとしたなら、排気ガス基準を根本的に変えなければならない。VWで問題となっているのは、法規で禁止されている「検査用の制御システム」を使っていたからであり、BMWが試験用の制御システムを使っていないとすれば出ても不思議じゃありません。

ガソリン車が黒いススの発生を抑え難いのと同じく、ディーゼル車はどうしてもNOxを出してしまう。とはいえBMWも怪しい制御を行っているとすれば、不正問題はイッキに拡大することだろう。

しかもBMWのディーゼルエンジン、日本にも少なからず台数が入ってきている。影響は大きい。


BMWは偽装はやってないけど、日本、アメリカでは勝負できないのでEU自体をドイツという国が主導して自分たちが優位にあるディーゼル車が優位になるようにルールを作ったんだね。

脱原発とか言って、フランスの原発から電力輸入したり。

ドイツ人って本当は馬鹿なんじゃないの。

VW不正、BMWも ドイツ国ぐるみで働きかけ、大気汚染招く

AFPの記事によると、流出したドイツの政策方針書を入手し、そこにはEUの排ガス試験に抜け道を作り、検査を甘くするように要請していた記録が残っていた。

この文書を最初にスクープしたのは英紙ガーディアンで、その後欧州各社が大々的に報道しています。

ガーディアンによると同様に検査を手抜きするよう要請した文書は、フランス政府やイギリス政府からも出されていました。


流出した文書の日付は2015年5月と最近で、従って不正エンジンと直接の関連性は有りません。

文書ではCO2排出量を実際より低く見せかけるため、下り坂で試験するなどの「抜け道」を提案している。

ドイツ政府が過去にも同様の「手抜き」要求や「抜け道」指南を行っていたのではないかと、欧州メディアは追求を強めています。


ところがフランスのパリ、イギリスのロンドン、ドイツのベルリンはPM2.5の年間平均値を発表していません。

2014年に欧州環境機関(EEA)が13日に発表した、PM2.5の濃度はパリ147、ベルリン81、ロンドン79.7でした。

パリでは年間に何度も大気汚染警報発令され自動車の通行規制がされていて、対策として電気自動車の普及を推進している。


パリのディーゼル普及率は60%以上と欧州最高で、欧州平均でも50%以上になっていて、排気ガスが大気汚染の原因とされている。


ドイツって国は、アグネスチャンの日本ユニセフ協会みたいな戦法なんだね。

ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんと、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンの経営実態の違いがあまりにも酷すぎるとネット上で大きな話題となっている。

募金する場合は、黒柳徹子の方にね。

おわり。