フォルクスワーゲン「排ガス不正問題」 背景にトヨタ「プリウス」に対する過剰なライバル

この記事を読むと本当に日本にトヨタ自動車が存在してくれてありがとうと思えるね。

未来真っ暗の日本において、もし自動車産業がなかったら。

もしトヨタ自動車が存在しなかったらとう想像したら、ションベン漏らしそうになるね。

公務員だって、医療関係者だって彼らが外貨を稼いでくれるからその生活が存在しているわけだし。

直接的、間接的にどれだけ多くのものをトヨタが支えているか見当もつかない。

若い人たちは知らないかもしれないけど、始めて車を買った大学生時代、若者がトヨタ車を買うことは恥かしいって時代があったんだよね、

80点主義。

昔からトヨタのシェアは圧倒的で50%ぐらいを占めていたけど。

年取ってくると80点主義って良いよね。

付き合う女性とか結婚相手を想像してもらうと分かりやすい。

ルックスもそれなり、体型もそれなり、家事もそれなり、性格もそれなり。

クラウンとかマーク供丙のマークX)って感じかね。

若い時は美人が良いとか、巨乳が良いとか。直ぐやれると

バランスを考えないよね。

車ならカッコとスピードでしょ。

カッコならソアラとかプレリュードとかね。

速さならスープラとかRX7。

だから若い時は、トヨタ自動車ってのはクソみたいな車を作っている会社だと思っていた。

そのクソみたいな車を作って稼いだ金を元手にハイブリッド車が生まれたんだよ。

そういう歴史を知らない世代にも知ってもらいたいと思ってね。

そしてLEXUSブランドも生まれた。

とは言っても、次買うのはアウディ(フォルクスワーゲン傘下)かな。

俺にとっては車は工業製品って言うよりは、衣料品だから性能はあんまり関係ないんだよな。

数年後からは絶対にプラグインハイブリッド車だと思うよ。

おわり。