長い間、学力は遺伝なのか環境なのかという鶏が先か卵が先かみたいな問題があった。

結論として、学力ってのは遺伝の部分が大きいのが現実だと思う。

勿論、親のデザイン次第で私立文系とかでエリートと言われる学歴を得ることは出来るけど。
(早稲田の法学部とかね)

それと同じで、コミュニケーション能力も鍛えあげるものではなく結局は遺伝ではないかと思う。

病院職員ってのは、医者というコミュ障、アスペルガーみたいのの比率が多い職業と。

ヘルパー職のように、著しくコミュニケーション能力が低い人種が多い。

ヘルパー職だから馬鹿(低学歴)かと思うけど、旧帝大の法学部卒とか高学歴なんだよね。

このブログの一番の趣旨はここなんだけど、コミュ障、アスペルガーでも医者などのライセンス系なら高給になるってことなんだよね。

親が自分の子供を見てこの子はちょっとコミュ障、アスペルガーぽいと思ったら、親のデザインで早稲田の法学部とか旧帝大の法学部に入れても意味ないんだよ。

その手の人生プランは高度のコミュニケーション能力が必要なんだよね。

それがないと、最低層まで一直線。

一方、頭は良くないけど(数学、算数は出来ない)、コミュニケーション能力が高い子供だったら、親がデザインして早稲田の法学部とか旧帝大の法学部に入れてあげると、その子は将来金を稼げる人間に成れる。

俺のように頭もいいし、コミュニケーション能力も高い子供は放置でも良いけど。

そして頭も悪くて、コミュニケーション能力も低い子供はまあその子にあった人生があるんだけど。

頭は良いけどコミュニケーション能力が低い。

アタマが悪いけどコミュニケーション能力は高い。

この2つのタイプの子供こそ、親の腕の見せ所なんだよね。

それをちゃんと見極めてあげる親が良い親なんだと思うな。

俺の弟はアタマが悪いけど、コミュニケーション能力が高いからもう少し親が学歴をデザインしてあげたらもっと稼げる人間になっていたと思うな。
(弟の名誉のために言うと、弟いわく一部上場企業で同期の出世頭だと自分で言ってるけど)

コミュ障ドクターを見ると、親がデザインして上げたから良かったけど、もし医者になっていなかったらホームレスもありえるなと思うレベルだからな。

そういう目で子供を見てあげてよ。

おわり。