オプショナリティという概念で書いた通り、菊川怜の旦那はシッカリとオプショナリティという概念を理解している。

当たり前か、泥沼経験者だからね。

それとこれからもIT長者と芸能人の結婚(事実婚も含む)は増えると思うよ。

ホリエモンがライブドア事件で捕まってから、目立つ(嫉まれる)と刺されるってのがあるからIT長者は目立つことをしなくなったでしょ。

だから手っ取り早く知名度を上げるには芸能人と結婚すれば良いと気づいたんだよ。

ZOZOTOWNの社長が紗栄子みたいな珍獣と付き合うのも知名度を上げるためのビジネス事実婚でしょ。

紗栄子と付き合う前は、正直ZOZOTOWNってのは存在自体知らなかった。

菊川怜と結婚するまで価格ドットコムとクックパッドの社長(元だけど)が一緒とは知らなかった。

その業界の有名人って言ってもその程度なんだよ。

ソフトバンクの孫社長や楽天の三木谷社長との知名度の差は圧倒的。

ガッキーや長澤まさみは無理でも、珍獣や行き遅れ女優などを相手にすれば良いんだから。

それに芸能人側にも当然メリットがある。

落ち目の芸能人にとって、少し前まで選択肢はヌードだけだった。

それが最近はMUTEKI(アダルトビデオ)との2択になり。

そしてもう一つの選択肢がIT長者との結婚および事実婚。

ビジネスなんだからお互いにメリットがないと結婚しないよね。

祝・脱独身に対する僕なりの感想で書いたような顕微授精って展開にはならないんだろうな。

菊川怜も上記のようなことは十分理解した上で、同世代の行き遅れBBAに夢を売りたかったんだろうな。

夢を売るのが芸能人の仕事だからね。

まあ普通の結婚だってビジネスだけどね。

ビジネス結婚って頭痛が痛い系の重言だね。

菊川怜でさけこの有様なんだから、女医も東大女子も結婚したいなら20代で結婚届に判を押させないと駄目なんだよ。

それが出来ないと運頼みの人生になってしまう。

以前もそのような内容でブログを書いたけど、20代の内に判を押させるつもりで付き合っても29歳で振られる可能性がある。

だからこそ滑り止めが必要で、二股、三股は当たり前なんだよ。

小学生に「結婚とは何?」と聞かれたら。

こう答えたい。

結婚とはビジネスである。

子供に無償の愛を注げても、結婚相手(嫁や旦那)には無償の愛は与えられないでしょ。

それが現実。

おわり。