人生で自分が選択できることは3つだけとよく言われます。

受験、就職、結婚相手。

でも男性と女性では少し違いが有ります。

自分の生活レベルを変えることができる選択は、男性は受験と就職。

女性は結婚です。

女性にとって自分の生活レベルを変えることが出来る唯一のチャンスは結婚しかないのです。

理論的には男性が結婚で生活レベルを変えることもできるし、女性が自分で稼いで(受験、就職で)生活レベルを変えることも出来ますが。

今の日本では現実的じゃないでしょ。




藤沢 だって、女性が結婚したいのは、将来の生活が安定するからでしょ?

はあちゅう 経済的に男性に依存したい女性ももちろんいますが、今は女性も稼げるようになってきています。ただ「生活が安定する」というだけの理由で結婚はしません。


はあちゅう お互いに一番好きだから、その人だけを愛して、その人に責任を持ちたいっていう感情が「愛」でしょう? その責任を引き受けたいと思ったときに、人は結婚するんじゃないでしょうか。

藤沢 え? でも結婚って、法律上いろんな条件に応じて金銭の支払い義務が生じるだけのお金の契約であって、あとは何も変わらないじゃないですか。


はあちゅうが偽善で嘘つきなのは、年収300万の非正規雇用の結婚適齢期のイケメンは一杯いるんですが。

その相手を何で30歳過ぎの行き遅れBBAでさえ選ばないの?

各論では年下の相手や年収が低い相手を選ぶ人はいるだろうけど、総論としては女性は金を持っていない男を選ばない。

それを愛と表現してほしくないね。

もしそれを愛というなら、女の愛ってのはギャグなんだろうな。

ホリエモンの「女の気持ちは金で買える」発言のほうが、全然正直だよ。

おわり。