貯金兄弟 (PHP文庫)
竹内 謙礼
PHP研究所
2015-09-02



この貯金兄弟で、高級ブランド、高級車を持ってそれを安心、幸せと感じると兄と預金残高に安心、幸せを感じる弟が出てくる。

俺のクソブログを読んで、信頼できる相手と幸せな家庭を築くことが安心、幸せだとコメントしてくれるおばさんもいる。

高給取りの旦那と結婚してマイホームを購入した専業主婦以上に不安定な砂上の楼閣のような幸せは無いと思うんだけど、何を安心と感じるかは人それぞれだから。

俺はエリートサラリーマンのように就社したことがないし、専業主婦のように頼れる旦那に依存したこともない一匹狼だから、一番安心できるのは預金残高かな。(*^^*)

高級マンションに住んで、高級車に乗っているけど、それによって安心、幸せと感じたことはない。

少し前までユニクロで服を買っていたんだけど最近、ユニクロに行っても欲しいものがない。

ところが、ジーユーに行ったら欲しい服が一杯あるのでビックリしたんだよね

俺の感性じゃ、ユニクロは高すぎる。

高過ぎると思うから、ユニクロでは欲しいと思わなかったとその時気づいた。

人生の終わりが近づいて来て、俺が安心と感じる預金残高の額も段々減っていく。

使いみちがない金で、ポルシェ買ったりベントレー買ったりすると思うけど、服はジーユーやしまむらで十分だと思う。

俺のブログは、預金残高に安心を感じる人間のポジショントークに意識していないけどなっているのかもしれないな。

別にパートナーに安心を感じても、一軒家に安心を感じても、所属している会社に安心を感じても人それぞれだからね。

まあ、預金残高に安心を感じれる程金を稼げる人間は1%に満たないと思うから、安心できるものを見つけるしか無いんだろうけど。

鰯の頭も信心からってやつだね。

おわり。