今、信用収縮が起きています。

何が起きているかと言うと、チャイナリスクの一つの形が顕在化したということです。

日本で起きたバブル崩壊と同じように、中国でも上海株がちょっとバブル崩壊起こしていると。

慌てるな! 今夜あたりは十字架を探せ 米国株と日本株は、デカップリングする
世界同時株安 「志村~ 後ろ後ろ!」状態に早く気が付け

社会主義国家の中国が、プチバブル崩壊を上手く乗り切ればまた以前の状態に戻るし。

上手く乗り切れなければ、日本のバブル崩壊のように沢山の会社が潰れて、土地の値段は数分の1になり、沢山の自殺者が出てくるでしょう。

市場の混乱はいずれ収束、怖いのはその後の“大嵐”

上記の予想のように数ヶ月で前の状態になるのではないかという予想です。

それは嵐の前の静けさかなのかということです。

世界同時株安で書きましたが、ユーロ円を使ったキャリートレードってのは、中国、新興国がドンドン伸びることが前提だったのです。

でもまあ今回の世界同時株安は落ち着くのではないかと思っています。

日本だっていつデフォルト起きても可笑しくないし、年金も実質破綻しています。

ユールもギリシャの問題が解決したわけではない。

中国も一人っ子政策で、必ず人口オーナスの現象が起きてくる。

何処も問題を抱えていても、結局世界の経済はゆっくり成長して日本はゆっくり衰退することだけは鉄板少女アカネ!!(あの当時可愛い少女だった堀北真希も人妻になってしまいました)のような気がします。

今日もドルを買いましたが、下がったVTも買い増そうと思います。

投資は自己責任で。

おわり。