最近聞くようになった単身赴任でのクリニック開業スタイル。

新幹線を使って土曜日の午前の診察が終わり次第に自宅に戻り、日曜日の夜に開業先に再度戻ってくるスタイル。

もう東京都内では開業に適した場所は殆どないと言われている。

それに対する対応策として都内在住で医療過疎の埼玉県で開業ってスタイルは以前からあった。

子供の教育を考えると埼玉県は都合が悪いって奴。
(浦和市のような全国屈指の文教都市もあるけど、埼玉県は広いから川越市とか熊谷市とか深谷市とかね)

それの進化系で、今度は東北新幹線や上越新幹線を使ってより一層の地方から埼玉県にやって来て開業するスタイル。

埼玉県ってのは面白い県で、埼玉医科大学や防衛大学校があるんだけど落下傘開業が未だに可能な場所なの。

単身赴任開業が医者自身を幸せにする方法論かは分からないけど、レッドオーシャンで疲弊するよりブルーオーシャンで稼ぐのは有りかと思う。

もう教授の目はなくなったとかのキッカケの時は、単身赴任開業も選択肢の一つに入れてみたら。

子供の学校の関係で引越しできないとかがあって動けない先生達。

単身赴任だと不倫もやり放題だしね。


胃がん患者さんもリハビリテーションに励んでいるようで。

おわり。