元自衛隊メンタル教官が教える 「折れてしまう」原因は、ストレスではなく◯◯だった

上記のブログを要約すると「心が折れるのは疲労」「疲労回復には睡眠」って言いたいみたいだけど。

それに対してはそうなのかなって思う。

医学的には正しいのか分からないんだけど、心が折れるのってパソコンのフリーズに似ているなって思っている。

 
ある隊員は日ごろの勤務や能力を買われ、特別に推薦されて、数カ月にわたるこの厳しい訓練に参加していた。前半の厳しい訓練をトップクラスで終了し、その時の面接でも、「全く問題ありません」と答えていた。

 私はそのロボットのような受け答えが気になり、訓練指揮官にその旨を伝えたが、指揮官は「彼は、部隊でも極めて優秀ですし、これまでの訓練もみんなを引っ張っていますから心配はいりません」ということだった。

 ところが、訓練も後半に入って、一山超えたころである。その隊員が突然いなくなってしまったのだ。スタッフが必死に探し出し、私が面接をしてみると、いわゆる「うつ状態」に陥っていた。当然のことながら、訓練を外され、しばらく休養することになってしまった。


普通に動いていたパソコンが、1つ追加でアプリを使うとフリーズする。

普通に働いていた人が、何かのトラブル(通常なら問題にならない)でうつ状態になる。

俺の場合のストレスの9割以上が手術なんだよね。

手術をやっているからその分高給を貰えているんだけど。

手術をする外科医と手術をしない内科医の給料が差がない国って日本以外にあるのかね?

当然内科医よりは1000万は欲しいと思うけど。

話を戻して、現実の社会ではマンガやドラマのカリスマ外科医じゃないので術後の経過が思わしくないこともあるんだけど、トラブルが重なったときに最後のちょっとしたトリガー(トラブル)が外科医の心が折れる時で、メスを置こうと決めるときのような感じがするな。

そして元々外科医になろうと思うような人間は心が折れた経験やフリーズした経験がないから。

まさかこの程度のことで心が折れたり、フリーズするって思ってないんだよね。

だから対処方法は。

.肇薀屮襪起きた場合、重ねてトラブルが起きる確率は通常時より圧倒的に高いと意識する。

▲僖愁灰鵑フリーズしないようにアプリを適宜停止させるように、小さいトラブルも意識して解決していくように習慣づける。

睡眠不足にならないように、時間を作っては就業時間内でも昼寝をする。

つ目覚めが悪かったら、遅刻しても良いから10分でも30分でもいいから睡眠を取る。

セ纏の全体量を通常は自分MAX8割程度にセーブする。

これがゆるい整形外科医の心が折れない対処法。

おわり。