ハイクラスの女と遊びの女で違いはあるんですか?

独身時代の女遊びを経済的合理性の観点から考察する(車編)


というコメントを貰ってブログを書いているんだけど。

よく考えてみたら、俺は本命と遊びなんかの分類はなかったな。

只々、ルーチンワークとして同じ職場の女性(看護師、事務員)を誘った時は初めて飲む日にやろうって言うし。

職場の違う女性の場合は、1回目は食事だけして、2回目のデートの時にはやろうって言う。

それで出来ない場合は縁がないと思って諦める。

バブル世代だから、割り勘って感覚がないし。

これが俺にとって一番経済効率性が良かった。

元ミス◯◯(六大学のどれか)なんかの時は、自分ルールを破って頑張ってしまったことがあるけど、これなんか結婚、婚約しない限りはやれないパターンだからルーチンワークは守るべきだったと反省した記憶がある。

セックスした上で、本命と遊びってカテゴリーがあるわけでなく会う優先順位が違っただけだったわ。

俺にセックスさせてくれる子は皆大好きだし。

その中で絶対に結婚を考えられない子と、結婚を考えれれる子がいた事はそうだった記憶がある。

それは医者が考える俗っぽい話とほぼ同じ。

おわり。



日曜日、祭日はパソコン触らないので基本コメントの返事は週明けです。