俺も小学生の時の夢はノーベル賞を取ることだったな。

なんて馬鹿な子供なんだと思うけど。

研究者を目指すなら、知っておいて方がいい事がある。

青色発光ダイオードの中村教授の場合。

青色発光ダイオードを作る方法がA,B,C,Dとあって。

中村教授はAを選んでノーベル賞を取り、アメリカの大学教授になったけど。

A,B,C,Dのどれを選ぶのが正解かは、研究を始める時点では分からないんだよ。

B,C,Dを選べば、一生浮かばれない研究者人生になる。

Bを選んだあとにAを選び直せる分野だったら良いけど、人生のタイムリミットでそう出来ない可能性の方が高い。

iPS細胞でノーベル賞をとった山中教授。

彼が研究を始めた時点ではiPS細胞が存在したのか分からなかった。

予算を集めても、存在しない物は作成できないから。

iPS細胞を作成できないその時は、山中教授はしがない整形外科の開業医になるつもりだった。

中村教授は企業の正社員、山中教授は医師免許という保険があったんだよ。

研究が上手く行かなくても底辺まで行かないようにね。

一方ポスドク問題。

彼らの頭の悪さは何処から来るの?

君たちは任意保険を掛けないで車に乗るの?

自賠責保険しか払えなくて、任意保険に入らない人は車乗っては行けない人達でしょ。

君達は研究者の道を選んじゃ駄目だった人達だよね。

ボラティリティの高い人生は、ボラティリティを許容できる人が選ぶ人生なんだけど。

そういう基本中の基本を、親も畑違いだと教えられないからね。

夢を追いかけるのは問題ないんだよ。

でも現実問題として保険もかけないとね。

人生一度きりだからね。

おわり。