柔道整復療養費審査委員会の審査要領が改正されました。今回の改正案は、平成29年4月から実行に移されています。具体的には、下記の事項を重点的に審査しています。

 多部位
 長期又は頻度が高い施術


,蓮同一施術所における同一患者の負傷と治癒等を繰り返す施術、いわゆる「部位転がし」です。△蓮同一施術所における同一患者に対する月10回以上の施術です。


これらは、昔から柔道整復師業界で行われていた受領委任払い制度の欠陥を突いた不正請求の代表例ですが、ついに厚生労働省と会計検査院が、是正に本腰を入れ始めました。


その影響は劇的で、今後1/2〜1/3の治療院が廃業することになろだろうと言われています。まさに受領委任払い制度によるビジネスモデルが崩壊しようとしているのです。


自分自身がセミリタイアするにあたり、どのような形の開業が望ましいか今一生懸命に考えている。

訪問診療などは24時間体制が嫌だし。

俺が欲しいのは金銭でなく、ゆるい整形外科クリニック院長の肩書だけ。

そして自由気ままな整形外科医先生のブログを読んでみると接骨院の多くは潰れると。

チャンス到来。
large-a5c763b102a3dd3bf316fcc77c12c555

IMG_0535 (1)f11059-149517640801494321927-497734_124060p400154dayservice0200052dayservice01

こんな感じのビルを購入して、俺は整形外科クリニックを開業。

ビル購入も開業資金もキャッシュで対応するから、なんなら失業が増える柔道整復師に働いて貰い彼らの施術代は全額彼らに払っても良い。

看護師や事務スタッフや柔道整復師に給料を払って手取りがテナント代ぐらいにならばそれで十分。

俺はヒロミの真似してマンションのリフォームや掃除でもやってるよ。
3333

本多静六氏の本を読んでみて

本多静六先生曰く、オッサンになったら儲けを独り占めしようとしちゃ駄目なんだってさ。

俺もクリニック開業を通して、より一層の徳を積むように頑張るよ。

おわり。