築古木造戸建投資のススメ

資産形成 医者編 22で書いた自由気ままな整形外科医先生。

整形外科医の世界でこの投資分野の第一人者。

俺自体は経済的独立を達成してるから、もう投資という概念に興味がないんだけど。

でも、自由気ままな整形外科医先生のブログに対する俺の感想。

まず、
動産投資の王道は大都市中心部の1棟収益マンションやビル投資
についての説明だけど。

大都市中心部の意味は、今後資産価値が下がらないところという意味ね。

そして、一棟収益ビル、マンションの意味だけど、俺は収入額の規模に意味があると思ってるんだよね。

売り上げが年3000万で、年間の返済金が1000万ぐらいのイメージ。

それを会社を作って管理する。

2000万の内、1000万ぐらいはベンツ買ったり、会議費の名目で家族の飲食代を落として、住む場所は社宅にして。

残りの1000万が代表取締役の奥さんの給料。

だから、年間240万の賃料のマンションが十数戸でも良いと思うんだよね。

その規模が法人化できる規模であれば。

あと都内の物件を探す場合、1000万以下が良いかは疑問があるな。

俺は普通に法人化を目標に最低で3000万ぐらいの物件、可能なら5000万ぐらいの物件から探すべきだと思うけど。

1000万や2000万は親を説得して借りたら。

親も説得できない程度で、銀行は説得できないし。

親ヘルプがなくても銀行から借りれると思うけど。

その場合、三菱UFJ銀行からは借りれないよ。

そのために、スルガ銀行とか東京スター銀行があるんじゃん。

続く。