旧ユーゴ内戦で、すべてを失ったんだ。ボスニアの片田舎の農家に生まれた父さんはサッカーで財を成し、祖国のカフェ、レストラン、衣料品店に投資した。しかし、戦火が何もかも奪う。僕ら家族をパリに送り、単身赴任していた時だった。
 目の前で友人が死に、父さんも護身用の銃が暴発して負傷した、と聞いた。自宅も店舗も略奪と焼き打ちに遭った。幼い僕にも、あの時の父さんは完全に破滅しているように見えたよ。
財産の大半を失い、パリのアパートで肩を寄せ合ったね。わずか35平方メートルの部屋に母さんと姉と4人で。確か、僕が9歳の時にボーヴェ(93年、フランス2部)で監督業を再開したと思うけど、1年で退任。そこから3年間は無職だった。42歳で一から勉強し直すことになり、Bミュンヘン、ドルトムント、ユベントス、アヤックスなどで無給の“研修生”として、いつも1、2カ月ほど家を空けていた。各クラブの監督に頭を下げて密着し、指導者のノウハウを苦労して学んでいた。モロッコのカサブランカから声がかかるまで。

医者が不動産投資でプロに勝てるか問題
不動産投資をレバレッジしちゃいますか

上記の第三弾。

生きている間は養分を吸い取られる状態になったとしてもまだ終わりではい。

ハリルホジッチを見習って挽回すれば良いんだよ。
images
プロサッカー選手ってのは現役時代に稼いだ金で残りの余生を暮らすビジネスモデルでしょ。

それが戦争により全てを失くしてもまた復活した。

これが真の強さだし、実力だと思うな。

以前にもブログで書いたことがあるんだけど、男性の褒め言葉で最上級のものは「図太い」だと思っている。

イケメンとか頭が切れるとか金持ちとかチンチンデカイとかは大した褒め言葉ではない。

どん底に落ちても復活する。

逆境からも強い。

ピンチに動じない。

そういう状況にならないのが一番だと思うけどね。

おわり。