整形外科医のゆるいブログ

一応,現役の医者です。 ユルイ日記ですが。 ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク。

2014年05月

論文捏造を読んで

論文捏造 (中公新書ラクレ)
村松 秀
中央公論新社
2006-09



小保方さんのスタップ細胞と全く同じ展開でビックリした。

小保方劇場の登場人物

シェーン捏造事件から推測すると。

笹井副センター長は免責。

若山先生は被害者。

小保方さんは行方不明(死ぬという意味ではなく、表舞台からはいなくなる)

も鉄板少女アカネ!!

でも小保方さん事件で、日本人も多くのことを学んだと思う。

学んだ上でそれでも科学者になりたい人だけが、大学院に行くべきだと思うな。

おわり。

女医のライフワークバランスを考える

先週末は神戸の日本整形外科学会に参加。

協賛が少ないのか、ショボイ学会ではありましたが勉強になる部分は多く、MRSA感染症の講演は目からウロコが落ちるようでした。

学会員の95%が男性の日本整形外科学会では誰も興味が無いのか、ガラガラだった講演に女医のライフワークバランスみたいなのがあった。

何処も混んでいたので、ここなら座れるだろうと思い参加してみると。

お気楽な男性医師に比べると、女医の苦悩は日本国の歪みそのものを反映していて実に興味深かった。

子供が大学受験前の世代では、女性の医学部進学が人気で医学部定員の4割ほどは女性が占めるようになってきた。

俺もブログで東大法学部に入るより、医師免許取ったほうが女性の人生には有利だと書いてきた。

女医になったあとのライフワークバランスを考えると、医者は女性に有利な資格かはちょっと疑問に思えてきた。

女医の結婚相手の75%は医者らしいんだけど、女医の生涯未婚率は50%ぐらいじゃないのかね。

厳しいね。

男性医師と結婚したあとも、キャリアと子育てで悩むみたい。

専門医の取得の条件が段々厳しくなってきて。

ここでもキャリアと子供を産むかをチョイスしないといけない。

親が医者だったりすると抜け道が一杯あるんだけど。

キャリアも子供も手に入れる女医も、スーパーウーマン症候群になるみたい。

これ親が医者だったりすると抜け道が一杯あるんだけど。

DyYr7tyKpYStqZL_REiLZ_2

西川先生みたいのは親が医者だから、幾らでも幸せになる方法があったのに全部外して今のポジションなんだろうな。

それより親がサラリーマンで、桜蔭から国立の医学部に行くような女性は待っているのはイバラの道だと思う。

そういう女性こそ、ライフワークバランスとは何かと考えてもらいたい。

話が少し変わって。

女医の増加は、日本の医療崩壊を早めるね。

特に外科系は悲惨になりそう。

おわり。








チャゲアス逮捕で思ったこと

ASKAって56歳なんだね。

フジテレビ全盛時代、トレンディードラマ。

随分と時間が経過した。

ASKAが何年間覚醒剤を使っていたのかは分からないんだけど、10年以上はやってんだろうから。

人間って結構死なないね。

酒の飲み過ぎで肝臓を壊して65歳で亡くなったとかよく聞くけど。

ちょっと前まで健康に気をつけて長生きしようとしても寿命が50歳ぐらいだったわけだから。

ヤマハもチャゲアス回収、出荷・配信停止決断 ベストアルバムが配信総合1位に

芸能界にしては厳しい処分だよね。

だって清水健太郎なんか何度も捕まっては復帰してるのかわからないのに。

ASKAもまた捕まりそうだね。

そう言えば、のりピーは覚醒剤を止められたのかね。

のりピーもまた捕まりそうだね。

おわり。

ギャンブル好き

ギャンブル好きといえば、否定的な意味で使うのが一般的ですが。

でもギャンブル好きか嫌いかは持って生まれた性分だと思うな。

リスクを楽しめるか、リスクがストレスになるか。

リスクがストレスになるタイプの人間にとっては年功序列、終身雇用制は本当に生きやすい環境だったよね。

リスクを楽しめる人間にとっては減点主義っていう会社は苦痛以外の何物でもない。

リスクを楽しめると言っても、大企業の中にいたり医師免許、弁護士資格をもってやんちゃするのと。

起業したり、小保方さんのような研究者になるのではリスクの意味が違うからな。

そういうリスク耐性がどのくらいあるかは学生自身は分からないんだよね。

リスク耐性も個人だけに由来するのではなく、親の職業だったり(商売をやっているのか、サラリーマンなのか)実家が裕福かで違ってくる。

もし研究者になりたかったら、今の研究者のバックグランドはどんな感じかをウィキペディアで調べてみると良い。

医学部の教授に成りたかったら、どんなバックグランドの人がなっているかを調べてみると良い。

起業家に成りたかったら、どんな感じのバックグランドの人が多いか調べてみると良い。

ビックリするぐらい似ていると思うはず。

起業家ならワタミの渡邉さんとか孫さんのような親の倒産や虐めなどのキッカケ系か。

ユニクロのように2代目系か。

ホリエモン系か。

その上で自分の目指す業態の類似系に自分は入っているか。

自分が目指す業態のボラティリティは?

そのボラティリティに自分のバックグランドは対応できるのか?

と考えると良いのではないかな。

俺自身が学生の時にそう考えられたら違った人生だったと思うな。

おわり。













東大卒がなぜ社会で成功できないか?

「勉強のできる」東大生が、社会に出て「成功できない」理由 --- 内藤 忍

その理由の1つは、「答えを求めること」です。
また「失敗を恐れ、リスクを取らない」のも能力が発揮できない原因です。
そして3つ目の原因は「コミュニケーション能力が低い」ことです。


俺は何か違うような気がするな。

何で東大に入る価値があるかと言ったら、リスクを取らない人生を送るためでしょう。

少し前まで、高級官僚になって天下り人生を繰り返せば、事務次官クラスなら生涯年収が10億、あまり勝ち抜けないクラスでも生涯年収が6億。

規制産業のテレビ局に就職して生涯年収が6億。出世すればもっと稼げる。

起業のような水物に手を染めずに、落ちてる金をキッチリ拾っていく人生を歩むために東大に入るんだよ。

それが東大法学部が偏差値教育のヒエラルキーのトップに君臨してきた理由でしょう。

でも今後はキャリアやキー局に就職しても、そんな旨味はなくなってきた。

女子高生プレミアム、女子大生プレミアムって知ってる?

ブスでも高校生や女子大生だとモテるんだよ。

OLになるとプレミアムがなくなる。

本来の価値に戻るわけだけど、今までは東大プレミアムが存在していたんだけど今後はそれは徐々になくなっていくと思うよ。

最近の医学部人気ってのも、このプレミアムがのった人生を送りたい子供、両親の産物でしょ。

医学部プレミアムがいつまで続くかは分からないよ。

混合医療が解禁になれば、勤務医なら1000万は貰えるような状況は変わってくると思うよ。

話はまた戻るけど、結局はローコストキャリアだって。

おわり。














阿呆方さんに小保方さんが抗議

小保方さんがめちゃイケに抗議文!阿呆方ネタに大激怒!

楽しみにしていたのに。

フジテレビがまさかの抗議に屈していたのか。

韓流ドラマの時は徹底抗戦したのに。

でもこれで小保方さんが芸能界入りを果たした時には、持ちネタが一つ増えてよかったね。

おわり。


LCCの薦め

LCCと整形外科医が言われれば「LCC(Luxatio Coxae Congenita)」=「先天性股関節脱臼」です。

一般的には、LCCはローコストキャリアでしょうね。

格安航空会社の事。

でも今日のブログのLCCの薦めは、ローコストキャリアはローコストキャリアですがお金をかけないでキャリアアップしましょうって話。

もっと具体的に言えば、キャリアアップも転職の話ではなく学生の勉強の話です。

自分のことで恐縮ですが、保育園から大学院まで全部公立。

卒業後は、今まで公立病院で働いたことがない。

税金で育てて貰って私腹を肥やす。

悪代官ドクターとは俺の事です。

話を戻して、子どもの教育には金をかけないでその分貯蓄するってのが今後の教育戦略の基本中の基本だと思う。

よく考えてみると良い。

小学3年から塾に通い開成に入り東大に入学する。

これって1000万ぐらいかけてるんじゃないの。

でも小学3年から塾に通い開成に入り東大に入学した生徒なら、小学生から参考書で学び公立の小学校中学校から日比谷高校に入って東大に80%ぐらいは入れたんじゃないんの?

桜蔭から東大に入る生徒も、本当は桜蔭じゃなくても公立からでも東大に入れたんじゃないんの。

子供にかける教育費ってのは親のエゴとは言わないけど、親の自己満足だと思う。

子供には無限の可能性があるとか言っている教育者は全員詐欺師だよね。

万能細胞を作った小保方さんも詐欺師だったじゃん。

東大を出たってポスドクでニートになるかもしれないんだから、手元に1000万あるのとないのとでは全然展開が違うと思うよ。

私立の中高一貫校でなく、小石川や九段の中高一貫校で十分な気がする。

小石川や九段の中高一貫校に入るのは難しいとは思うけど、小学6年生ぐらいまでは塾に行かなくても親が教えれば良いと思うけど。

その程度を教えられない親の子供だったら受験勉強しても多分無駄になるよね。

結局、子育てに金がかかるって話は嘘だよな。

教育ビジネスのプロパガンダ。

健康ビジネスも壮大な詐欺行為だけどさ。

年収800万以下の家庭で、本当にローコストキャリアって事を考えるなら。

平日は専業主婦の母親が塾の代わりにしっかり教えて。

土日は父親が算数など母親が不十分な教科を教えて。

中高一貫校は小石川や九段のような公立に入れて。

大学は地方の旭川医科大学や徳島大学医学部とか偏差値が低めのところを狙うのが良いんじゃないの。

塾、私立の中高一貫校にかけたと思って6年間は月10万ぐらいの仕送りしてやれば。

俺は今の時代に一番期待値が高い戦略はこれだと思っているけど。

俺の大学院までの学費の合計が300万ぐらいで今までの生涯収入は6億超えてるから、なんと200倍のリターン。

まだ40代だからまだまだ働くしね。

起業のようなリスクを負わずに、落ちている金を拾うようなもんだよ。

人生金だけじゃないけど、金がなければ薄情な女は相手にもしてくれない。

そういう現実をしっかり教えるのが父親の役目だと思うな。

おわり。





金融日記も同意見みたい。





















楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ