整形外科医のゆるいブログ

一応,現役の医者です。 ユルイ日記ですが。 ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク。

2014年07月

文武両道

高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤

有名企業の顧問弁護士をする父親、教育委員を務める教育熱心な母親。

親子で国体に出場する程の文武両道。

絵に描いたような幸せな家庭。

幸せな家庭に突然の母親の死。

父親の再婚、継母の妊娠。

そして今回の猟奇的殺人。

持って生まれたサイコ的な要素が、絶妙なタイミングでの外的要因によってモンスターが発生したのかね?

ニューヨーク・ヤンキースのマー君だって、マンチェスター・ユナイテッドの香川だって持って生まれた才能が絶妙なタイミングと環境によってスーパースターが誕生したんでしょ。

ヒットラーのDNAからヒットラーを作れても、ヒットラーには成れない。

時代や環境が違うからね。

ソフトバンクの孫社長も、小学生の時のイジメがなければ東大卒で官僚になっていたかもしれない。

2014-07-31 兄弟と姉妹たちの人生

この犯人のお兄さんの心配より、被害者の両親の「大切に育ててきた宝物でした」の方が気になる。

普通に死刑で良いと思うけど。

西洋人の死刑廃止論と牛は殺していいけどクジラは駄目とかの論理展開がどうもよく分からないんだよね。

おわり。














続きを読む

親友って何?

これってオッサンが昔を懐かしんで武勇伝を語っているだけだよね。

宇佐美って言うが人が語る親友像が、本当の親友だったとしたら。

日本人で親友がいる人間は数えるほどしかいないと思うよ。

友人を守る本質が自分も守ること?

随分と打算的でそれを親友というのは違うと思うけど。

両親が小さい自分の子供が川で流されたら、躊躇なく飛び込む。

子供が不治の病にかかったら家を売ってでも治そうとする。

この無償の愛を、友人には注げないでしょう。

友達が困って連帯保証人になってくれと言われて、連帯保証人になり自殺した人間が一杯いるじゃん。

自殺した人間は無知ではあるけど、親友という言葉を使う資格はあるよね。

でも自殺をしたら自分の愛する嫁や子供を守ることが出来ない。

所詮、自分の命と人の命では価値が違うんだから。

話を戻して親友ってものが日本に存在するとしてら、それは親友が失業した時に労を惜しまずに協力する程度の関係だと思うよ。

親友を紹介して、その会社で親友が役に立たなかったら紹介した方も評判が落ちるんだから。

公立と私立に別れた元親友が虐められていたら、それはスルーするって。

最悪、取り返しのつかないダメージになる可能性があるじゃん。

そこで助ける人間がいることは知っているし、他人の子供が川で溺れていても躊躇なく飛び込む人間がいることがいることも知っている。

昨日のニュースでは、自分の子供が溺れて助けに行った両親とも死んで子供は助かったってのがあった。

飛び込まなくても、親として失格でもなく。

親友のイジメを助けなくても人間失格ではないと思うよ。

もし自分の子供に言うとしたら。

「もしお前が溺れたら躊躇なく助けに行くけど、お前は友達や兄弟が溺れても助けに行くな。」

「友達がイジメられいたら助けに行くなとは言わないけど、その結果何が起こる可能性があるか考えてからにしろ」

「連帯保証人を頼まれたら、その結果友達が自殺することになったとしても連帯保証人にはなるな。その親友との思い出分として返ってこなくてもいいと思える金額をあげなさい。」

「今言ったことが正解かは分からないが、結婚して子供が出来るまでは今言った事が世の中の真理だと思って生きていけ。親になった後、それでも連帯保証人になったり、躊躇なく溺れた子供を助けることが正義だと思えばそうすれば良い」

と言いたい。

情弱で友達を守ることが自分を守ることだと本気に思う人が出てこないようにと思う。

宇佐美って人が困ったときに助ける人がいなかったのは、親友がいなかったからじゃないよ。

結局、行き遅れの三十路のババアと一緒。

30歳の女でも条件下げれば、幾らでも結婚相手がいるのに自分の値付が高いから結婚できない。

官僚を辞めてからの自分が思っている展開にならない人生は、納得出来る男性と結婚できない女。

つまり、自分が思っているほどには可愛くない女の人生に似ている。

おわり。







友人を守るということについて --- 宇佐美 典也

小学生のときに大変仲のいい、当時の私にとって親友と呼べる存在がいました。仮に金谷くんとしましょう。当時金谷君と私はお互いが認める親友で、今振り返ると大変趣味が悪いのですが、ある教師が「自分に取って大切な友人を書け」という課題を課した時に、お互いがお互いの名前を書くくらいでした。

金谷君は不器用だけれど芯がしっかりしていて根気強く地味に物事を続けるタイプで、一方の私は優等生のようで飽きっぽくその場その場に器用に順応して状況を楽しむというタイプで、お互い違うタイプだからこそとても息が合いました。サッカーだったら彼はサイドバックやって私がボランチやる、ゲームだったら私がロックマンやグラディウスなどのアクション系を攻略して金谷君はドラクエやファイナルファンタジーといった戦略系を攻略する、学校では私が優等生やれば金谷君がお笑いをやってくれるという感じで、金谷君と私は表裏一体でした。


小学校を卒業すると金谷君は地元の公立の中学校に進学し、私は私立の名門中学に入学し、別々の道を歩むことになりました。中学に入ってしばらくすると「金谷が地元の中学で激しく虐められている」という噂が聞こえて来まして、「そっかー、アイツ大丈夫かな」と不安になり中学2年の時、彼の通う中学の近くまで何度か足を運んでみました。するとある日、学校帰りの金谷君が柄の悪い連中に追いかけ回されてボコボコにされている現場に出くわしました。私は突然のことに面食らい、それを遠くから眺めて「どうしようか、金谷を助けに入るか、誰か呼ぶべきか」と動きあぐねていたのですが、そのうち虐めていた側の集団が私の存在に気づき「おい、お前何見てるんだよ!! こっちこいよ!!」と迫ってきました。

その時、金谷君は私の存在に気づき目が合いました。彼が助けを求めているのは一目でわかりました。しかし私は一瞬の躊躇の後に「すいませんでした」と言って黙ってその場を走りさりました。帰路を急ぎ、自宅の部屋に引きこもり「オレは進学校の生徒だし、受験もあるし、輝かしい未来がある。あんな程度の低い奴らにかまっている場合じゃない。金谷は昔の友達だ。金谷は昔の友達だ。金谷は昔の友達だ。。。」と唱えながら、一人で震えてました。そしてその後二度とその中学には近寄りませんでした。何か大切なものが失われたのは確信しましたが、「これも自分の将来のため」と自分に言い聞かせました。そしてそれ以来私は「自分は一人だ。だからいざという時は、自分で自分を守れるように実力をつける。友人はいざという時頼れない人生の飾りだ。」というスタンスで人との付き合いを続けてきました。

それでもこの時の体験がずっと心残りだったので、高校を卒業して浪人して大学に合格すると、一番初めに金谷君に会いにいきました。金谷は笑顔で「お〜宇佐美久しぶり」と言ってくれまして、その後大学時代を通して、一緒に飲み明かしたり、車で旅行に行ったり、ゲーセンやボーリング行ったり、といった遊びをするようにはなりました。でもその笑顔は表面のものでしかなく、彼が二度と私に本心を語ることはありませんでした。そして酔っぱらうとしばしば「宇佐美あの時逃げたよな」と恨み言を吐き、いつのまにか一切の連絡がつかなくなりました。分かってはいたのですが、失った信頼というものは二度と取り戻せないのだな、と痛感しました。金谷君は私に取って生涯最初の親友でしたが、彼の中で私は「自分が一番辛いときに自分を見捨てた”まがいものの親友”」です。

一方友人ではなく自分を大事にして自己研鑽に励んだ結果、東京大学に合格し経済産業省の官僚として7年半を過ごすことになった私は沢山の勲章・ブランドを身に着けてすっかり「出来る男」になった気分になり、2年程前に経産省を退職し独立するわけですが、その後すぐに自分の周りには家族以外ほとんど誰もいないことに気づくことになりました。「自分が仕事ができるから付き合ってくれている」と思っていた人達は、「官僚としての宇佐美君」を見ていたわけで、独立すると潮が引くように私の周りから消えていきました。独立直後、私の利用価値に期待して近づいてきた人達も「何だコイツたいしたコネが無いのか」と知ると直ぐに離れていきました。結局私は人間ではなくシステムの歯車でしなかったのです。誰も信頼せず、自分一人で自己研鑽の努力に励んだ男の結末です。仕方が無いので即席で出会った人々と様々なことに取り組んだのですが、信頼が無い関係に発展は無く、何をしても上手くいかず、直ぐに窮地に陥りました。私が周りの人達を守る気がなかったが如く、周りの人達も私を守る気がなかったのです。

人間は社会的な生き物です。一人では何も出来ませんし、一人になった人間は社会的に死んでいるも同然です。そんなわけで私は当時社会的に瀕死でした。結局どん底の状況で「助けてくれ」と叫ぶように続けたブログがきっかけで、奇特な方々が私の惨状を見るに見かねて、仕事をくれるようになり、少しずつ社会の中に居場所を見つけられるようになってきました。私は人の情けで生きています。

最近よく金谷君のことを思い出します。私が金谷君を見捨てた時、同時に私は「自分を守ってくれる友人」という生きていく上で最も貴重な財産を失ったのだと思います。 だから私が本当に困ったときに助けてくれる人はほとんどいませんでした。「友人を守る」ということの本質は「自分を守る」ということです。友人の痛みは自分の痛みの如く感じ、友人の喜びは自分の喜びの如く感じ、友人の危機には馳せ参じ身を犠牲にして、それで初めて、向こうは自分のことを友人と思ってくれます。

だからこそ「友人」というのは真に自分に必要な人を慎重に選ばなければなければいけないし、選んだからにはその選択に責任を持つ、というのがこの世知辛い人間社会を生き抜く上で最も大切なことなのではないかと、そう思っております。情けは人のためならず。

ではでは、今回はこの辺で。金谷君、本当にごめんな。

準委任契約

患者による違法行為への対応 --- 平岡 敦

患者の病院に対する過度の期待を払拭する必要がある。患者は病院に対して遠慮と同時に過度の期待を有していることが多い。医療従事者は専門職である。患者は医療従事者のことを「先生」と呼ぶなど,一定の敬意をもって接しており,そこには他のサービス業では見られない上下関係が存在している。加えて,保険診療の場合,サービス提供者と受領者の間で直接やり取りされる金銭が低額に抑えられているという特殊性がある。これが本来,準委任契約であるという医療契約の本質を曖昧にしている。このような上下関係や対価関係の希薄さなどの医療契約の特質が,患者の医療従事者に対する従属とその裏腹の過度な期待を生んでいる。そして,その過度の期待が裏切られたときに,患者の対応は冷静さを欠き,峻烈なものになりがちである。

したがって,感情的になる患者に対しては,病院も対価関係を基礎にサービスを提供しており,常識的な範囲を超える過度のサービスや結果を提供できるものではないことを理解してもらう必要がある。病院もその持てる施設と人材の範囲内で,医学的な限界の中で,提供可能なサービスを提供しているに過ぎず,万能の存在ではないことを分かっていただく必要がある。


この人弁護士らしいから、表現が難しいけど。

こっちの方が理解しやすい。

”賊,魯譽好肇薀鵑犬磴覆い世茲諭
払った金に相当するサービスを受ける場所ではない。

病院は修理工場じゃないんだよね。
金を払ったからといって治るとは限らない。

0絣悗浪奮悗任覆疑似科学なんだよね。
人類が長年かけてやってきた人体実験の集大成が医療でしょ。


日本でしか働いたことが場末の医者だけど、基本的に日本じゃ医療はお任せ以外ありえないじゃん。

崩壊寸前の国民皆保険制度ってのは、年金のように老後のために金を貯めるものではなく。
(現実には現役世代が老人に貢いでいるだけですが)

透析になったり、1000万の心臓手術をしたりして一気に家庭が崩壊しないように払う掛け捨て保険でしょ。

違う表現で言えば、互助会の相談役が医者だよ。

待ち時間、診療内容、対応に不満?

国民皆保険制度って名前が悪いんだね。

国民皆互助会制度にすれば良かったのに。

アメリカの医療保険と国民皆互助会制度は全く違うものだと思うけどな。

時間の問題で、混合医療が解禁されて払ったコストに見合ったサービスを受ける場所に病院もなるけど。

fig_top_raed_mainfig_top_raed_mainfig_top_raed_main


おわり








下克上受験




品川駅の新幹線の改札内に狭い本屋がある。

そこで余りのインパクトで思わず手にとってしまった。

内容は想像できるから買わなかったけど、この父親と同世代だから分かるけど下克上と言ったら矢沢永吉の{成り上がり」だよね。

勉強は、人を、家族をここまで変える

こどもだけでは流れを変えられない。

だからこそ。

やっぱり、永ちゃん風だね。

突っ張ることが男とのたった一つの勲章、だってこの胸に信じて生きてきたって感じだね。

これは銀蝿か。

成り上がりってのは、要するに立身出世物語だから全世界でどの時代にも形を変え姿を変え一杯あるんだけど。

俺もこの辺がツボで大好きなんだよね。

この本の父親は楽しかっただろうな。

俺のオヤジも数十年前に、これと同じように子供に中学受験させたんだよ。

勉強したくない俺をぶん殴って。

当然、結果は不合格だけど。

でも子供を受験させている時のオヤジは楽しそうだったな。

日能研で偏差値65を超えたら自転車買ってやると言われて頑張ったもんな。

結果は見事に自転車ゲット。

受験は落ちたけど。

親にとってみたら子供ほど面白いオモチャはないよな。

以前オモチャ側だったのでよく分かるけどさ。

オヤジは酔っ払うと「あの中学受験があったら、お前は医者になれたんだ」って言ってるからね。

ボケ老人の相手をしても仕方ないけど、俺はその後中学校から大学院まで公立しか行ってないんだって。

まあ、中学受験の時は「俺はまだ本気出してないんだよ」と思っていたけど。

大学受験の時はその言い訳は使えないと覚悟させてくれたことは、意味があったかもしれない。

そういう意味のおいて、「あの中学受験があったら、お前は医者になれたんだ」っての有りなのかなと年を取ると思えてきて。

今は大嫌いだったオヤジともそれなりに仲良くやっています。

おわり。











東京瓦斯



話題の放送中止になったCMがなかなかリアリティーがあってよかった。

女優がリアリティーのある感じのちょいブスで。



橋本愛みたい可愛い女はいないからあくまでもCMとして見れる。

中止になったCMはハッピーエンドじゃなくて救いがないってことでクレームが入ったんでしょ。

でもよく考えられていて、よく出来てるじゃん。

都内の一軒家。

就活が上手くいかなくても、優しく接してくれる母親と東京ガスで作られる温かい食事。

彼女が困ることはない。

返さなくてはいけない奨学金もなければ、明日から住む家を考える必要もない。

親の時代は大して器量が良くなくても、それなりの相手と結婚して郊外に一軒家を持ち専業主婦になる

という普通の生活。

でも親より確実に貧乏になる若者たち。

親の年金は若者たちからの搾取である現実。

今の若者が老人になる時には守ってくれる親は勿論死んでいて、自分たちを支えてくれる若者の数も少なく自分たちを支えきれない。

真っ暗な未来を照らすのは東京瓦斯。

おわり。





先意承問

集団自衛権、法整備急ぐ=30人体制で検討チーム―政府・与党

日本が戦争が出来る普通の国になることが良いことか悪いことか。

もう一度よく考えてみると良い。

何を考えるかは損得。

アメリカの都合で産油国の戦争で自衛隊が死んだり。

中国と戦争になった時にアメリカは本当に参戦してくれるのか考えたり。

アメリカは正義の国なのかを考えてみるとか。

自分の子供が戦争で死ぬかもしれないことを考えてみるとか。

相手国の攻撃で愛する家族が死んだりとかを考えたり。

日本が特別な国だとか、神の国だとか誇りとかは考えても意味ないよ。

考えるのは損得だけ。

俺は安部総理のやっていることは、損得の上では正しいと思っているんだけど。

皆さんはどうですか?

おわり。





楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ