整形外科医のゆるいブログ

一応,現役の医者です。 ユルイ日記ですが。 ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク。

2016年01月

もし12歳の自分に戻ったら(受験編)



12歳の時の僕のために。

12歳の時の俺は中学受験で落ちて公立の中学に通っていたね。

通っていたのは都内最底辺の公立中学校だったな。

親にぶん殴られながら受験させられていたから、落ちても別に自己嫌悪もなく普通の中学生活を送っていたけど。

その後、都立高校、国立大学と進むことになるけど偏差値が上がる度に明らかなにおかしな人達が少なくなっていった。

私立中学校に受かっていれば、明らかなにおかしな人達に会う頻度が減るからね。

中高一貫校の一番のメリットはここだと思う。

よく中高一貫校にもイジメはあるという話を聞くけど、今でも足立区の底辺公立中学校のイジメとは質が違うと思うな。

どちらのイジメも経験する人間はいないから比べにくいけど、足立区のイジメじゃ軽く人は死ぬことあると思うから大分違うと思うよ。

本題に戻って。

目指すべき大学は東大、一橋大学、東工大、国公立医学部。


別ルートであるアメリカの大学とか金持ち専用でしょ。

早慶は幾らでも裏口に近い形で入れるから目指すべきではない。

高校3年生で部活引退した5月に高校全体で駿台の模試を受けたんだけど、その時の偏差値が35で結構焦ったな。

一浪までで早慶に入ることがその当時の目標だった
けど、大妻女子大学も合格圏内じゃなかったからね。

そこから9ヶ月で、参考書での独学で数学、物理、化学は東大合格レベルまで上がった。

でも英語と国語と社会はどうしてもそこまでのレベルに上げることが出来なかった。
(多分MARCHレベルにも達していなかった)

結局、英語が東大合格レベルまで上げることが出来たのは浪人して駿台で伊藤っていう有名な講師の授業を受けるようになってから。

国語、社会は結局、東大合格レベルまで上がることなく一浪で国立医学部合格で俺の受験は終わった。

自慢話をしたいのではなく、例えば参考書の独学で英語、国語、社会を1年で東大合格レベルまで上げられる素質のある子もいるし、全教科を独学1年で東大合格レベルまで上げられる素質の子もいるし。

1年じゃ東大合格レベルまで上げられないけど、2年なら上げられる素質の子もいる。

あるいは適切な指導があれば3年で東大合格レベルまで上げられる素質の子もいる。
(金をかければどうにかなるって奴)

話が脱線するのでもう一度、12歳の自分に戻ったら。

中1で大学受験に必要な数学を一気にやれば良かったな。

高校時代に何を使って勉強したのか覚えていないけど、チャート式みたいので完全独学だった記憶がある。

1年あれば東大レベルまでは持っていける。

そして中2では物理を半年で東大レベルまでは持っていく。

前田の物理で独学だったんだけど、半年で偏差値85まで行った記憶がある。

化学は早く覚えても忘れちゃうから高校時代にやれば良いと思う。

そして英語と国語は自分じゃどうにも出来ないので中学から塾に行って勉強するのが一番能率よく最高点まで達することが出来たと思う。

塾に行くと結局部活を続けられないので、可能なら家庭教師の方が良いかもしれない。

部活もやって東大に入る人間と、勉強だけで東大に入る人間とじゃ伸びしろが違うと思うな。

共通一次試験を世界史で受けたんだけど、これは人生最大の失敗の内の1つ。

これを地理選んでいれば、もっとランクの高い医学部に入れたかもしれない。

高校入学の時には、まさか国立医学部に入れるとは思っていないから当然受験科目の少ない私立理系が志望校だったからね。

偏差値が急激に伸びて一浪の時の夏に私立理系から国立理系に第一志望を変更した。

いま考えるとキチガイに近い。

でも高校の先生も早慶じゃ勿体ないって言ってくるし、世間知らずの俺はその気になっちゃったんだよね。

一浪の夏から世界史と国語を始めてこの2つで勉強時間の半分近くを費やしたので、得点源の数学、物理、化学の偏差値のピークは夏までで受験本番の時には共通一次試験のビハインドをひっくり返す程の偏差値ではなくなっていた。

結局受かったから良かったけど、二兎を追う者は一兎をも得ず状態だった。

自分自身の力量を俯瞰できていなかったんだよね。

結果オーライ。

でもそれじゃ駄目なんだよ。

デザインして東大、一橋大学、東工大、国公立医学部に入るべき学力をつけることが重要。

親が子供の人生をデザイン出来る家庭は、そう出来ない家庭の子と比べるとやっぱり結果は違ったものになると思う。

勉強しろ。

有名中高一貫校に入れ。

東大に行け。

医学部に行け。

って言うのはデザインじゃないよ。

その子は東大を目標にする子供か、一橋大学を目標にする子か。

そこから始まって、その学力に持って行くにはどうすべきかの道筋を示すことがデザイン。

と思うけど。

おわり。












会話が成り立たない人達






野々村議員の異常ぶりは、地方議員のヤバさを露呈した。

国会議員でも程度の低いのはいるけどね。

普段場末の病院で医者の仕事をしているんだけど、会話の成立しない人達が急激に増えてきてるように感じる。

患者、患者の家族、病院スタッフ。

会話の成立しない人達の内訳は、アスペルガー症候群もいるだろうし、軽度知的障害もいるだろうし、色々なんだろうけど。

以前から何度もブログで取り上げている通り、政治家という職業は

●参入障壁があらゆる点で高い(金銭面・労力・リスクetc..)
●まったく身分が安定しない(年金もない)
●落選後にどうしたら良いかわからない(大企業にはまず戻れない)

など様々な問題をはらんでおりまして、それゆえに優秀な人材であればあるほど、

「そんな恐ろしい職業、わざわざ自分がやらなくても…」

と回避する傾向にあります。
必然、政治家を志したり、その前後で政治業界で従事する人というのはひとクセもふたクセもある人物ばかりが集まることになります。


都内には真っ当な病院、クリニックが一杯あるわけで、かつ医療機関ってのは人手不足なわけですよね。

俺が働いているような底辺の病院には、地方議員がヤバイ人間ばかりになるように。

会話の成立しない人達が濃縮されビックリするほどの頻度で出現する。

俺の仕事量の3割は会話の成立しない人達対応で消費される。

朱に交われば赤くなる。

ミイラ取りがミイラになる。

俺自身がメンタル病む前に、早く職場変えないとな。
main@2x

おわり。



コミュニケーション能力と学歴から適性職業を推測する

長い間、学力は遺伝なのか環境なのかという鶏が先か卵が先かみたいな問題があった。

結論として、学力ってのは遺伝の部分が大きいのが現実だと思う。

勿論、親のデザイン次第で私立文系とかでエリートと言われる学歴を得ることは出来るけど。
(早稲田の法学部とかね)

それと同じで、コミュニケーション能力も鍛えあげるものではなく結局は遺伝ではないかと思う。

病院職員ってのは、医者というコミュ障、アスペルガーみたいのの比率が多い職業と。

ヘルパー職のように、著しくコミュニケーション能力が低い人種が多い。

ヘルパー職だから馬鹿(低学歴)かと思うけど、旧帝大の法学部卒とか高学歴なんだよね。

このブログの一番の趣旨はここなんだけど、コミュ障、アスペルガーでも医者などのライセンス系なら高給になるってことなんだよね。

親が自分の子供を見てこの子はちょっとコミュ障、アスペルガーぽいと思ったら、親のデザインで早稲田の法学部とか旧帝大の法学部に入れても意味ないんだよ。

その手の人生プランは高度のコミュニケーション能力が必要なんだよね。

それがないと、最低層まで一直線。

一方、頭は良くないけど(数学、算数は出来ない)、コミュニケーション能力が高い子供だったら、親がデザインして早稲田の法学部とか旧帝大の法学部に入れてあげると、その子は将来金を稼げる人間に成れる。

俺のように頭もいいし、コミュニケーション能力も高い子供は放置でも良いけど。

そして頭も悪くて、コミュニケーション能力も低い子供はまあその子にあった人生があるんだけど。

頭は良いけどコミュニケーション能力が低い。

アタマが悪いけどコミュニケーション能力は高い。

この2つのタイプの子供こそ、親の腕の見せ所なんだよね。

それをちゃんと見極めてあげる親が良い親なんだと思うな。

俺の弟はアタマが悪いけど、コミュニケーション能力が高いからもう少し親が学歴をデザインしてあげたらもっと稼げる人間になっていたと思うな。
(弟の名誉のために言うと、弟いわく一部上場企業で同期の出世頭だと自分で言ってるけど)

コミュ障ドクターを見ると、親がデザインして上げたから良かったけど、もし医者になっていなかったらホームレスもありえるなと思うレベルだからな。

そういう目で子供を見てあげてよ。

おわり。









キムタクは悪人なのか?

SMAPを解散させても誰も得をしないと言う馬鹿
日本のサラリーマンはキムタクに学べ

俺は芸能関係者でないので詳細を理解しているわけじゃないけど。

でも現実の社会ではキムタクみたいな状況に追い込まれること有るじゃん。

俺がキムタクと同じ立場だったら、間違いなく他のメンバーを裏切っていたな。

絶対的なオーナー社長の存在。

自分の娘に会社を継がすとき、古株の幹部を追放することを決めていたとしたら。

飯島マネジャーとSMAP全員の追放か、自分は寝返って飯島マネジャーと自分以外のSMAPメンバー追放かの二択でしょ。

仲間を取る人生もあるけど、俺なら自分の利益の方を優先するな。

SMAP自体の存在価値の9割がキムタク由来でしょ。

9割に異論があったとしても、キムタクなしにスーバーアイドルグループは存在しなかった。

キムタクにしてみたら、俺がいたからお前たちは有名人になって金持ちになったんだろぐらいのものだよ。

俺としたら、これで好感度が下がってキムタクが消えたらそれはまた笑える話で面白いんだけど。

でも自分が会社の中で同じポジションだったらどういう行動を取るかと考えてみたら。

それが大人になるって事だよ。

おわり。

男性馬鹿理論

なぜ男はバカで間抜けなコトをしたがるのか?

男性は女性よりも馬鹿で間抜けな行動をとりがちで、危険を顧みずに率先して自分の身を危険にさらす傾向があると、イギリスの有名な医学雑誌で論文発表されました。これは「男性馬鹿理論(MIT:Male Idiot Theory)」と命名され世界中で話題になっています。

ちなみに受賞者の愚行をご紹介すると、銀行強盗で爆弾を使ったら破壊力が強すぎて建物が崩壊し死亡した泥棒や、バンジージャンプのロープが長すぎて頭が地面に激突した男性、ガソリンの入ったドラム缶をライターを付けて覗き込んだ男性、乗る寸前で閉まったエレベーターに腹を立ててドアを壊して落ちた男性など。


男性馬鹿理論ね。

俺は論理的思考が出来ない意味で馬鹿という言葉を使っているけど、男性馬鹿理論のidiotって意味においては俺自身が馬鹿だわ。

酔っ払ってなにかしでかして、「整形外科医のゆるいブログ」を書いていたとか新聞に載らないように注意しないと。

バンジージャンプのロープが長すぎて頭が地面に激突した男性とか、可愛いじゃん。

「整形外科医のゆるいブログ」を「酔っぱらい整形外科医のブログ」か「整形外科医のアル中ブログ」か「アル中外科医の独り言」あたりに変えようかと思っていたところなんだよな。

突然ブログ更新がなくなったら、酔っ払って階段から落ちて死んでいると思ってよ。

多分、現実とそう違いはないと思うけど。

おわり。



SMAPを解散させても誰も得をしないと言う馬鹿






テレビのコメンテイターやファンが、「SMAPが解散しても誰も得をしないじゃないですかーーーーー?」って言っているけど。

お前らは真性の馬鹿か。

得する人間がいるだろ。

メリー喜多川と藤島ジュリー景子だよ。

ジャニーズ事務所において、事実上経営権を牛耳っている人物であり、タレントの扱いやショーのプロデュースをする弟に代わり、会社経営の全般を取り仕切る。 取り引きや接待の達人とされ[要出典]、芸能界に対して多大な影響力を持っており[要出典]、同時に政財界にも大きな人脈を持つことで知られている


89歳の高齢でもうすぐ死にそうなんでしょ。

人脈ってのは子供に継がすことが出来ない財産なんだよ。

基本ね。

でも今回のSMAP解散騒動で、メリー喜多川は娘に人脈を継がすことに成功した。

人間は善意じゃ行動しないからね。

人間が動くのは金と恐怖。

キムタク以外のメンバーを飼い殺しにすることで、相続が完成する。

SMAPの経済効果が数百億円なら、娘が手にする男性アイドル独占企業のジャニーズ事務所の価値は数千億円だよ。(2−30年今の独占状態を維持できるならね)

SMAPから入る収入なんかそれに比べてたら端金。

そう考えるとメリー喜多川を老害と言っていた奴も馬鹿。

本物の経営者、策士じゃん。

おわり。


日本のサラリーマンはキムタクに学べ








こうなることは始めから分かっていた。

もし芸能界カクテルが壊れるとしたら、それはプロ野球の野茂英雄みたいな存在が出現した時でしょ。

キムタク以外のSMAPにハリウッドで通用する力があれば、こんな惨めな敗北はなかったんだよ。

どれだけの恩義があっても、オーナー社長とやり手社員との争いだったら。

オーナー社長様に付くしかないんじゃないのかね。

しかし、この独立話は直前のところで回避された。ぎりぎりのところで、ジャニーズ側が大幅譲歩して、写真集も父親の会社から出ることになった。
実は今回、キムタクが「軋轢がない」と言っているのは、このときの経緯が関係している。ジャニーズ事務所の元関係者がこう解説する。
「このとき、ジャニーズは写真集を許可するだけでなく、破格の待遇を裏取引で約束したんです。以降、SMAPのなかでもキムタクだけがギャラの条件がまったくちがう特別扱い。恋愛や結婚に関してもキムタクの意志を尊重するという約束が取り交わされたようです」


キムタクがその当時何処まで世の中のルールを理解していたかは不明だけど、キムタクにとっては人生最大のファインプレーだったね。

キムタクのファインプレーによって他のSMAPメンバーもビックリするほどの贈り物をもらった。



彼らの預金通帳には一生使い切れない額が貯まることになる。

今じゃ色モノだけど圧倒的な人気を誇った光GENJIの諸星とキムタク以外のメンバーを比べると、キムタク以外のメンバーが如何にラッキーだったかが分かる。

タイトルの日本のサラリーマンはキムタクに学べに戻ると。

キムタクのブラフが効いたのは、やっぱりキムタクが別格中の別格の人気があったからだよね。

会社の外に出るなら、野茂英雄や青色発光ダイオードの教授ぐらいの力がないと駄目だし。

日本のサラリーマンは99.999%は野茂英雄やキムタクじゃないんだから、組織にシガミツクしかないんだって。

社内政治やその組織でしか通用しない決まり事に精通する事が結局は自分自身や家族の幸せに繋がる。

キムタクでも辞めなかったんだと想像してみると、シガミツクことも勇気だと思うな。

おわり。




12歳の時の僕のために。

2016-01-10 12歳の時の私のために

その結果、私がブログを書いているのは、

大人の世界の入り口にいる子ども達(12歳の時の私)に、社会のリアルについて知り、考えるきっかけを与えること、思考することの楽しさを知ってもらうこと

に尽きると、あらためて確認できました。


俺がブログを書いているのは、酔っ払いの戯言ってのもあるけど、12歳の時の自分と同じような子供(特に女子)に社会の裏のルールと言うか、出題者(神様というか社会というか)の意図って言うかを知ってもらうこと。

誰にも教えてもらえないと、結局裏のルールや出題者の意図ってを知るときは、失敗した時なんだよね。

だから基本、失敗は一杯した方が良いんだよ。

致命傷にならない失敗は、自分の本当の財産だからね。

だから小学生のときにイジメにあうとか、中学受験を失敗するとか、万引きして捕まって親に凄く怒られたとか、部活を練習がキツくて辞めたりとか。

それって本当は神様がくれたギフトなの。

イジメで自殺して死んじゃったらお仕舞いだし。中学受験を失敗して引きこもりになったら厳しいし、万引きに慣れて少年院まで行くようじゃまずいし、部活を辞めて引きこもりになったら意味ないし(これは小学生というよりは野球、サッカーで生きていこうと強豪校に入った場合に近いかな)。

中学受験で失敗して公立中学に入らないといけなくなるなら「よっしゃー。裏のルールの法則から言ったら、ここは成長のチャンスだ」ぐらい思えるようじゃなきゃ駄目なんだよ。

(正直、受かったほうが良いとは思うけど)

でも受験に失敗すれば、受かった人間よりは少し早く大人になる。

だって自分は選ばれなかった側の人間かもしれないという恐怖を味わうでしょ。

そうすると裏のルールや出題者の意図を読んで生きていくしかないでしょう。

ダルビッシュや大谷翔平なんか身長190センチ以上なんだよ。

完全に神に選ばれているじゃん。

彼らが努力してないとは言わないけど、正直大して努力していないよ。

200センチ超えて通用しなかったジャイアント馬場もいるけど、身長170センチでプロでやっていこうと思ったら、社会の裏ルールや出題者の意図を全部理解して小学生から努力する以外あり得ないでしょ。

俺が行き遅れBBAや低収入の男性に厳しいのは、社会の裏ルールや出題者の意図を読み取る努力を怠っていた人達だからだよ。

行き遅れBBAも低収入の男も、記憶は40代のままで12歳の自分に戻れたら成功できたと思うでしょ。

それって、スペックで完全敗北だったわけじゃないんだよ。

それは誰でも男ならダルビッシュの体で、女なら北川景子の顔で人生やりたいけど、持ち札で勝負するしかないでしょ。

今書いている程度の内容を、普通スペックでダルビッシュや北川景子などと勝負するには12歳では上記の内容を理解していないと駄目なんだよ。

教えないでも気づくセンスのいい子もいるけど、教えればその通りやれる子もいるから、その子たちの為にブログを書くのがモチベーションなんだよね、

おわり。









夢を叶える夢を見た




今年の初夢は、車にイタズラ書きされて「ふざけんなよ。誰がやったんだよ。」と叫ぶ夢を見た。(;_;)

話を本題に戻して。

スポーツクラブでチャリンコ漕ぎながら読む用にブックオフで108円の棚で数冊買った本の一つ。

内館牧子って日航墜落事故で死んだ人かと思ったら違った。

でも読んでみたら余りに面白くてビックリした。

すごく聡明で、沢木耕太郎の本を大学時代に読んだような衝撃があった。

沢木耕太郎の本もその後、一気読みしたけど内館牧子の本もエッセイ本は全部読んでみよう。

ウィキペディアで内館牧子を調べてみると、よく見ていたテレビの脚本書いてたんだな。

朝青龍と横綱審議委員としてやりあったのは覚えているけど、偏屈なクソババアって印象を思い出してきた。

でもこの本は夢を叶えよう(脱サラしよう)と思っている人は読んでみると良いよ。

おわり。








ベッキーへの突っ込みどころはそこじゃないと思った件





e3cfb9fb
29677a0e

テレビを見てると、ベッキーのファンだったという女性が「裏切られた気分です。」って言ってた。

俺は突っ込みところはそこじゃないだろうって思ったけど。

「卒論提出できたら、けんちゃんに一杯ワガママを聞いてもらおう。笑」
「ほんとうにほんとうにありがとう。ずーーーーと幸せだった。一緒に居られるだけでただただ幸せだった。」

一般人のイメージだとベッキーって25歳ぐらいの感じだと思うけど。

でも31歳のBBAにしてはLINEが子供っぽいと思わない?

小さい時からタレントやってて、偽善売って生きてきたから恋愛年齢が低いんだろうな。

だからクズ男に引っかかるんだよ。

今回の事も、メンヘラ気質の恋愛年齢が低い三十路過ぎのBBAが、稀に見るクズ男を好きになるという結構な割合でよく遭遇する陳腐な恋愛劇なんじゃないの。

ベッキーがクズじゃなくて、ただ頭が悪いだけ。

そういうちょっと頭が弱い女をクズ男が金にしようと思っただけ。

そうしたら奥さんにバレただけ。

ベッキーが今回の件で、干されるのかは分からないけど。

ベッキーをハメたゲスの極み乙女も干されるっていう意見もあるみたいだけど。

彼らは干されないよ。

CD売れて、コンサートに人が来れば十分でしょ。

今の時代、箱入り娘戦術ってのは無理だと思うよ。

年齢相当の恋愛経験を積む方が期待値は高い。

と思うよ。

おわり。








下衆の極み















ベッキーは好感度が高いみたいだけど、ベッキーに対して好感度持つ人間って頭が悪いか、人生経験が乏しんだろうな。

俺は前から大嫌いだからな。

紗栄子が女を売りにした女の完成形なら、ベッキーは好感度押し売りの完成形。

どちらも芸を極めた頂点に君臨する珍獣。

ただ今回の不倫に対しては俺はベッキー擁護派だよ。

三十路過ぎのBBAが自分のイメージが壊れることを覚悟して不倫したんだろう。

それぐらい相手が好きだって事じゃん。

激ヤセしてるし、拒食症になるようなメンタルの問題抱えてそうだから普通の恋愛できてオジサンは安心したよ。

不倫は犯罪じゃないよ。

売れたミュージシャンが糟糠の妻を捨てるのは一種の決まり事。定番でしょ。

捨てられる嫁も初めからそのつもりなんじゃ無いの。

売れていないバンドマンと付き合う女なんか、売れて欲しいけど、売れたら捨てられるし。

ウンコ味のカレーとカレー味のウンコのどちらが良いか、究極の選択系の存在なんだから。

略奪婚は犯罪じゃないよ。

でも偽善の好感度売って芸能界を生きてきたベッキーは今後何を売って生きていくんだろうね?

トレンディードラマの一流俳優だった石田純一が、人気が陰りが出てきてその後不倫タレントとして一世を風靡したように。

ベッキーも今後は不倫タレント、略奪婚タレントとして生きていくなら俺は応援するな。

頑張ってね。

おわり。



金融資本、人的資本、社会資本

金融資本、人的資本、社会資本と言う概念が出てきました。

それについての基本的概念は橘玲のブログをみてください。

「最貧困女子」のように「貧困」に陥るリスクが高い男女のタイプとは?[橘玲の世界投資見聞録]

新年なので、最近考えていることなど

新年あけましておめでとうございます。

そして話を本題に戻して。

それなりに長く勤務医をやっていると、不思議な開業医に出会う。(紹介状経由ですが)

やる気のない、商売気のない2f代目,3代目の開業医。

金融資本は当然、彼らは一杯持っている。

人的資本も開業医だから一杯持っている。

仕事辞めて遊んで暮らせば良いと思うんだけど、ただダラダラと開業医だけは続けている。

彼らは社会資本が欲しくて、開業医やってんだろうな。

奥さんや子供にとって無職の金持ちお父さんじゃ駄目なんだろうな。

子供が医学部で、実家を継ぐつもりなら分かるんだけど、医学部でもないんだよね。

奥さんにとっては、開業医の妻という記号が。

結婚前の娘には、開業医の娘という記号が必要。

実にくだらないけど、俺もオッサンになってきてその気持がよく分かる。

医者を辞めないのも、この社会資本っていう目に見えない部分が結構な割合を占めている。

整形外科を続けていて、整形内科にならない理由もこの社会資本っていう物が理由なのかなって思う。

今年も匿名クソブログよろしくお願いします。

おわり。








楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ