整形外科医のゆるいブログ

一応,現役の医者です。 ユルイ日記ですが。 ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク。 個別相談を始めました。 https://note.mu/orthopedist

整形外科医のゆるいブログ イメージ画像
個別相談を始めました。
https://note.mu/orthopedist

2016年10月

週末にあった高校の同窓会。 頭は禿げてこのジジイは誰かと思う同級生。 かつての憧れの女子が見る蔭もなくなり中年のBBAに。 そして同じ部活の同期の内、2人が癌で手術を受けていた。 時間が経つのは早く、そして思っている以上に人生は長い。 (高校時代の校長先生も参

都内で年収1500万の勤務医をするなら専業主婦は避けた方が良い 年収1500万程度なら夫婦共働きの方がいいのはおっしゃる通りで、私も間違いないと思っています。 ただ、年収1000〜1500万クラスのプチリッチ(都内ならこのぐらいの稼ぎではリッチとは言えませんよね)な男性
『専業主婦希望に合理性はあるのか』の画像

Kazuki Fujisawa@kazu_fujisawa年収が何千万円、ときに数億円のサラリーマンが激務で、あらゆるものを犠牲にして金を稼いでいる、というのは数ある誤解の中でも最も現実と乖離しているもののひとつだ。激務なのは年収1000万円ぐらいの人。会社より社員のほうが圧倒的に立場が

ボクの妻と結婚してください。 (講談社文庫) [文庫]樋口 卓治講談社2015-02-13 を読んだけど、住んでいる場所を変えるのって最大の婚活だよな。 (本の内容の婚活で結婚相談所を自分で作るのは最強だけど。カピゴンとかカイリューみないなもんか) 個人レベルで出来る最大の

Kazuki Fujisawa@kazu_fujisawaポリティカル・コレクトネスとかいろいろと「人類普遍の真理」を作り出してるのはキリスト教先進国のほんの数億人の5%ぐらいの人たちなんだよね。それと同じで、大学受験して役所や大企業に就職してって、やってる人は日本人の5%ぐらいなの
『本音と建前とポジショトーク』の画像

初めまして、地方大学の医学生です、いつも楽しく拝見しております。 ゆるい整形外科医先生の考えを少しお聞きしたく、コメントしました。 今研修病院を迷っているのですが、自分は医者の仕事をお金を稼ぐツールとしてしか見てないです。なので、東北などのゆったり高給病

整形外科医だーーーー。@randtkikakuまだ使ってないの?世界一の音楽ストリーミングサービスSpotifyとは - GLOBAL GATARI https://t.co/Dg4XHOvJ0w2016/10/07 13:00:00 これが無料で使えるのって凄すぎ。 同様のサービスは一杯あるみたいだけど、皆有料でしょ。 大学時代

名医ヤリチン説 渡邊剛先生が神棚に手を合わせるって話をしていたけど。 司会者が他の先生で神頼みする先生はいますかと質問すると。 福島孝徳先生も手を挙げていた。 福島孝徳先生の場合は、凄技の鍵穴手術よりあの髪型が気になるんだけど。 トランプ氏かと思った。

今回の林修の今でしょ!講座は米倉涼子率いる『ドクターX』軍団と学ぶ医療講座SP 日本が世界に誇る『脳』『心臓』『肺』『胃』『腸』のスーパードクター5名がスタジオに集結!!林修が知りたい病気の質問をぶつけていく!ドクターXのモデルになった『腸』の名医、加藤友
『名医ヤリチン説』の画像

全国市区町村 所得(年収)ランキング 2015年から推測するその地区の中央値。(平均じゃなくてね) 1−9位の地区だったら、奥さん専業主婦なら平均所得の3倍が中央値だと思うよ。。 印象だけど、独身サラリーマン、独身OLを除いて子供がいる家庭だけで考えると。 (幼稚園

同業者飲みで、投資スタイルの話が出てきた。 「長期、逆張り」とか「短期、順張り」とかの奴ね。 理論的にはそれ以外に「長期、順張り」、「短期、逆張り」があるけど。 自分自身は余り意識したことがないんだけど、この分類で考えると「長期、逆張り」かな。 僕のブロ

今回のニューヨーク旅行で、今まで多くの国を訪ねたので世界のどの国を行ったことがあるか、全国のどの県に行ったことがあるかなどを記録しておこうと思い、ちょっと調べてみると。 グーグルマップのタイムラインは秀逸だった。 ポケモンGOをやるために、位置情報をon
『旅の記録はグーグルマップのタイムラインで』の画像

①Dizzy's Club Coca-Cola ②iridium ③birdland 地図 チケットは買えても、席は来た順の店がほとんどなので、よい席で見たければ、ドアオープンの時間かセッション開始時間より30分前とかに行くのがコツです。ただ、直前に行ってもチケットがあれば席には座れます。

↑このページのトップヘ