今日の朝、日テレ系のスッキリをみていたらN高等学校なるものの入学式をやっていた。

角川書店が子会社のニコニコ動画の技術を使って、ネット高校(要するに通信制高校)を作った。
(正確には経営統合で子会社でなく、持ち株会社みたいだけど、カドカワの名前が残ってるからね)

初めの数年は、よくある通信制高校と同じで、定時制の高校の代わり、引きこもりの受け皿、高卒資格取得だけを目的とした学校だと思うけど。

でもN高校は真面目に東大を目指すと言っていた。

あと、高校卒業時に一線のプログラマーとして活躍出来るところまで持っていくコースもあると。

もしN高校から東大入学者が10人出たら相当インパクトが有ると思う。
(間違いなく1人程度が東大はいるようにはなるよね)

その時リアル高校生活が本当に意味があるのかがハッキリする。

リアルなコミュニケーションとか、部活などの事ね。

かつての日本ナンバーワン高校である日比谷高校が、今では東大合格者数がベストテンにも入ってないってのは。

これって私立の中高一貫校教育のイカサマが、公立校を駆逐したのが本質でしょ。

イカサマというと語弊がるけど、中高の6年で学ぶことを5年で学び、残りの1年は受験対策に当てる。

部活も文化祭もやらずに、その分を勉強に費やす。

かつての名門高校の名残を残して、なおかつ名門高校の名前に値する高校っていうと首都圏では浦和高校ぐらいになってしまった。(ちょっと前にラグビー部が花園行ったし、橋元大阪知事の母校の北野高校も花園行ったね)

今回のN高校が代ゼミとコラボして、中高一貫校と同じ条件の生徒が入学するとしたら。

かつて名門公立高校が私立中高一貫校に駆逐されたように。

今度はN高校が中高一貫校を駆逐するかもしれないね。

大学進学実績が伴わない中高一貫校に価値はないし、それなら学費の安い公立高校に行くでしょ。

中高一貫校がバタバタ潰れたら面白いね。

ぶっちゃけ、学生時代のスクールカーストとかリア充とか社会人になったら全く意味ないからね。

中東半端なコミュニケーション能力よりは、東大卒、医師免許などの看板の方が実生活では断然有利になる。

ショートカットして看板手にいれたモンスターが現実社会でどうなるのかもそれも楽しみ。

ショートカットモンスターが活躍する未来には、俺は生きてないので関係ないんだけどさ。

おわり。