先週末にはクアラルンプールに遊びに行ってきました。
IMG_20171028_193933

IMG_20171027_181113

旅行は楽しかったのですが、マンパワー不足の場末小規模病院のため、休んだ分はそのまま仕事が溜まっていて月曜日から水曜日は地獄のような忙しさでした。

マジで老体には堪えた。

クアラルンプールは日本の真夏のような暑さで、熱中症で死にそうになりました。

タイトルの「熱中症にはビール」は「カレーは飲み物」のパクリです。

熱中症対策には早めの飲水が重要ですが、イスラム教国であるマレーシアではアルコールを売っている店が日本に比べて少ないのです。

喉が乾いても、ビールが売っているコンビニまでミネラルウォーターを飲まずに我慢しようとしてドツボに嵌りました。

【WEB限定】ANA直行便で行く<羽田深夜発・復路午後発>往復送迎なしで自由自在・全朝食付!クアラルンプール2泊4日間スタンダードクラスホテル

全日空を使ってもたったの5万円で遊びに行ける。

一人部屋の追加代金を入れても6万で遊びに行ける。

マレーシア、クアラルンプールが好きかどうかは個人差が大きいと思うけど、途上国特有のドブ川の臭さと発展著しい高層ビル群との対比が一番の魅力だと感じました。

マレーシアの魅力的な首都「クアラルンプール」の楽しみ尽くし方まとめ

今回の目的はクアラルンプールの不動産を見に行くことだったのですが、これはnoteで。
(仕事が溜まり過ぎなので、来週末までには書きたいと思います)

ゆるい整形外科医が感じたクアラルンプールの良い点、悪い点。

まずは良い所。

1,プリペイドSIMが最高。
KLIAでDigiのプリペイドSIMカードを購入する
20リンギット(約600円)で日本と全く変わりないネット環境が手に入る。
ポケモンゴーがやり放題でかつストレスフリー。

2,公共交通機関が先進国レベルである。
クアラルンプールの公共交通機関を使いこなそう!

1,2でグーグルマップを使えば、旅行中のストレスの8割はなくなる。
(バッテリーが切れたら泣くけどね)

一人旅好きなら誰でも経験があると思うけど、地図を見て行動していていつの間にかに迷子になって、かつ言葉も通じない恐怖。

3,英語が下手でも結構通じる。(日常的に英語を使っている国より、学校でマレー語、英語が必須のマレーシアは、下手な英語にも対応してくれる。)

4,多民族国家は旅行者にも移住者にも優しい。(無駄に目立たない)

次は悪い所。

1,アルコールが高い。

2,料理はそれなり。

3,クアラルンプールでも繁華街を一歩外れると汚いし、臭い。

4,何と言っても暑い。

改めて日本は観光国として圧倒的なポテンシャルを持っている国だと思った。
(英語は通じないけどね)

まあこんな感じです。

家族やカップルで行くよりは、一人旅、友人数人との旅行をお薦めします。

イスラム教国であるマレーシアはナイトライフはないと思ってる人も多いでしょうが、これは間違い。非常に盛んだそうです。

その辺の情報も仕入れてきました。

それもnoteで。

おわり。





情報もドンドンバージョンアップしていかないと駄目みたいです。
こちらも参考に。