「MRの戦略は、2つあります。一般的なものは、分野に特化して専門性を研ぐことです。医師に『この分野教えてくれんか』となったら勝負に勝てる。もう1つは、全部の分野に対応するやり方です。当社は、製品のバラエティーが多いので、後者に強みがある。もちろん特定分野のプロもいますので、両者が連携を取っています」


MRと話す時間がマジで無駄。

だけど、今日のブログはMRの話ではなく医者のロールモデルを探すべきだという話。

大門未知子みたいになりたい。

コウノトリ先生みたいになりたい。
1e29a3f4183b685be694c382e31dcc92a4327285

勿論、ゆるいブログで全うな医者のロールモデルの話をすることはないので。

医者の資産形成のロールモデルを見つけるべきだと思うよ。

そのロールモデルを見つける上での注意点。

1,医者としての年収が近い人をロールモデルとすべき。

2,医者としての忙しさが近い人をロールモデルとすべき。

3,医者としての背景が近い人をロールモデルとすべき。
(背景とは親が医者かどうか、非医者でも商売人かサラリーマンかなど)

ロールモデルと自分との条件の違いを換算して自分なりの資産形成の戦略がたててられる人は問題ないんだけど。

戦略とは戦いを略すだってさ。


1の年収だけど、年収が800万の勤務医(副業を除く)と年収1500万の勤務医(副業を除く)と年収3000万の勤務医(副業を除く)では取る戦略が違ってくる。

2の忙しさだけど、女医マダムなのか、9時5時なのか、救命病棟24時みたいな仕事なのかで取れる戦略も変わってくるでしょ。




3だけど、親が医者かどうかよりサラリーマンか商売をやっているかの方が戦略に関わってくると思う。

言うまでもないけど、勤務医はサラリーマン。開業医は商売人。

親が商売人だった方が、投資に対するリスク耐性、ボラティリティ耐性が高いと思うな。

親がサラリーマンの場合は、手堅い運用になっていく気がする。

ちなみにゆるい整形外科医は年収3000万オーバー(副業を除く)、9時5時、親はしがないサラリーマン。

おわり。