総務省は、4月以降、返礼品の調達額を寄付額の3割以下とし、家電製品などの自粛を自治体に求めている。対応する自治体が出てくる中、8月に総務相が高市早苗氏から野田聖子氏に交代し、要請を緩和するような発言をしたことから流れが変化。柴田課長は「ほかの自治体では、調達額をいったん3割に下げながら5割に戻した自治体もある」と内情を語る。  多賀城市は3回の通達を受けたが変更しなかった。鈴木明広副市長は「総務省通知への対応を考えているうちに大臣が変わり、そのまま続けている。ふるさと納税は貴重な収入源。法的な要請でない限り、今後も現行のまま続ける」と大盤振る舞いの構えだ。
高額納税者の皆さんこんにちは。
ふるさと納税のお済みでしょうか?
僕もパソコンをゲットしましたが、まだまだ5割還元率のお宝自治体はあります。
ふるさと納税は確実な節税対策です。
一円でも無駄にせず、搾取された税金を取り戻しましょう。
おわり。