「士農工商犬猫AD」という表現が差別的なのは、歴史的な身分差別をたんなる比喩として使っているからだとされる。しかしこれは「比喩」でなく、テレビの制作現場では実際に「身分差別」が行われている。そしてこれはテレビだけでなく、ブラック企業をはじめ、日本の会社の労働現場ではどこでも見られることだ。


病院内で研修医が一番地位が低いとはよく言われるけど。

士農工商犬猫研修医とは余り使われないので、他の業界に比べればまともなのかもしれません。

まあ、ヤクザ、相撲界、医療界には人権がないので、士農工商犬猫研修医などは当たり前過ぎて誰も何の違和感も感じないだけかもしれないけどね。

昔と違って研修医の地位が上がったのでそんな感覚もないのかも。

話しを変えて。

同一労働同一賃金って概念もセクハラ同様に、直線的には日本人には合わない概念だと思うな。

東大出身の仕事の出来ない正社員のA氏と、高卒の仕事の出来る非正規社員のB氏。

A氏の給料=B氏の給料なら、SAPIXも中高一貫校もこの世に存在しなくなるのでは?

東大の価値もほぼなくなる。

激務の心臓血管外科C氏とサロン化している皮膚科D氏。

日本の公立病院ではC氏の給料=D氏の給料でしょ。

C氏とD氏は同一労働か?

多民族国家の欧米などでは同一労働同一賃金、セクハラってのは非常に意味がある概念に思えるけど、それが日本に導入されるとある種の左翼臭がプンプンする。
二位じゃダメなんですか?01
おわり。