若い先生達は注意したほうが良い点がある。

老舗スポーツ出版社「ベースボールマガジン社」の池田哲雄社長に、斎藤がポルシェをおねだり。最低800万円以上する高級車ポルシェ・マカンを使わせてもらい(注1)、過去にはマンションにも住まわせてもらったことが「週刊文春」(文藝春秋)の取材で発覚したのだ。


今更ハンカチ王子に興味がある人は少ないと思うけど、彼こそが最高の教材だから。

ハンカチ王子は悪いのか?

ごっちゃんです!!体質は悪いのか?
9a390a9bb7f31cf119064461622f6dbe-2


じゃあ、医者が患者からお布施を貰うのは?

看護師自らパンツを脱いできた場合にエッチするのは?

タニマチが贔屓のスポーツ選手に金を使うのは、意味があるからでしょ。

ベースボールマガジン社の社長はハンカチ王子は金になると思ったから近づいたんでしょ。

患者がお布施を渡すのも、他の患者よりシッカリ診てもらいたいからでしょ。

看護師がパンツ脱いでくるのも、万が一デキ婚出来たらラッキーだからでしょ。

実はここからが今回のブログの本題なんだよ。

かぼちゃの馬車に乗った開業医で書いた医療コンサルタントの営業マンがまたやってきた。

情弱ビジネスの一番の太客ってのは医者なんじゃないかと思うことがある。


だから、医者側もタニマチのビジネスモデルを理解する。

お布施を持ってくる患者のビジネスモデルを理解する。

パンツを脱いでくる看護師のビジネスモデルを理解する。

その上で、リスクを考慮してごっちゃんです!!をする。

これこそが、ニューごっちゃんです!!体質だよ。

同様に情弱ビジネスの営業マンも上手く利用する。




上級医の先生の代わりに俺が質門に答えてあげるよ。

上級医ぐらいの年齢のオッサンにとっては、セックス自体に興味があるわけではないんだよ。

勿論、パンツを脱いでくる看護師のビジネスモデルも理解した上で。

不倫がどれ程自分の評判を下げているかを知った上で。

勃たないチンチンをバイアグラを飲みながら励ました上で。

俺はまだ現役だという男のロマンの中で生きているんだよ。

メジャーリーグにしがみつくイチローと同じ気持ちなの。

紅顔の美少年も厚顔の老害になるように、初々しい研修医の先生達もどうしょうもないオッサンドクターになるんだよ。

オーベンとブスの看護師との不倫に忖度できて初めて研修医を卒業だよ。

おわり。