ディスラプターが登場する時代には、自分自身を教育し直すことが必要になります。社会の変化が急速になると、勉強し続けていないかぎり、社会の変化についていくことができなくなります。そのためには、独学しか方法がありません。他方で、情報技術の発展によってさまざまな手段が使えるようになったので、独学のための環境は大きく改善されました。技術の進歩は、独学の必要性を高めると同時に、独学を容易にしているのです。


これって医者と東大卒サラリーマンに向けた内容だね。

ディスラプター対策の一つが若い時からの投資による資産形成。

そして、ディスラプター対策の王道が、勉強し直す事。

そしてその為の独学だって。

言うまでもないけど、医者にとっての最大のディスラプターはAIだよ。
長寿化時代においては、人生に新しいステージが出現します。人間の生物的条件から言えば、引退年齢が70〜80歳にならなければなりません。仕事をする期間が長くなり、働き方も画一的ではなくなります。だから、選択肢の幅も広がらなければなりません。勉強するのは若いときのことであると考えている人が多くいます。しかし、これからは、高齢者の独学が重要な課題になります。


ゆるい整形外科医も、必死に今後の方向性を模索しているけど。

今までの成功体験が次のステージへの対応を遅らせるな。

イメージとしては「オレオレ詐欺」「アダルトビデオ」で稼いだ資金で、実店舗を経営する関東連合みたいな形を模索しているんだけどね。(あくまでも事実かは知らないよ。六本木の夜の街を徘徊しているわけでもないし、週刊紙レベルのゴシップ程度の理解しかないんだけど)

頑張りましょう。俺。

おわり。