これまで65歳以降の生活を守ってくれた国は、今後、その対象を70歳以上に引き上げる可能性が高く、熟年パパ世代が高齢者となる頃には、『生涯現役』を提唱する可能性もあります。そうなった場合にも、健康があってこそ、就労できます。高齢者となる一歩手前で腰を上げても遅い。熟年パパたちが健康であり続ける手を打つのなら、今しかないのです」(飯島教授)


いつまでもあると思うな親と金。

いつまでもあると思うな金と健康。

「子どもが20歳になったときにも、健康でいたい」と思うのなら、まず、自分自身の意識を変えることが大事なのです。

医者の不養生の代表例のゆるい整形外科医も、最近は週2回の休肝日を実践している。

やれば出来るじゃんと自画自賛しているところです。

これ旨いよ。30代は毎日焼酎一本飲んでいたからな。

最近飲んでいるのは、ふるさと納税で貰った下記。

おわり。