上記のように、世の中の出来事を正確に理解できない女医が多すぎでビビるんだけど。





不倫が良いかどうかはもう良いよ。したい人がされて悲しむ人にバレないようにやって貰えば。
(俺自身は不倫は文化の石田純一系の考えの人間だけど)

今回のブログで俺が書きたいことは。

アラサー未婚女医が行き遅れてるのは、ヤリチン既婚整形外科医が原因じゃないでしょ。

それは貴方が魅力がないだけの話じゃないの?

独身女性医師に寄ってくる素敵な既婚男性医師の何が迷惑って、一番はその女性が周囲の独身男性を見る基準をはてしなくあげて、迷走しながら貴重な時間を空費させてしまうこと。


この女医の論理展開も頭が放射脳で汚染されているとしか思えない。

既婚男性医師から声をかけられた時点で、自分の魅力はその程度だと独身男性を見る基準を下げるのが知性でしょ。

貴重な時間を空費したのはこの女医自身の判断であって、既婚男性医師の方はまた違った判断があったんじゃないの?

世間的に言われている女医あるあるに。

三分の一は結婚して、三分の一は結婚して離婚して、三分の一は生涯独身というのがある。

三十路過ぎた未婚女医の場合は、半分は結婚しないんだろうなって爺医は思ってるんだよ。


男性医師の生涯未婚率=2.8%
女性医師の生涯未婚率=35.9%


もっとハッキリと言えば、30歳を過ぎてても美人な女医は結婚するだろうなと思っているし。

30歳を過ぎてあまり美人ではない女医は相当な確率で結婚しないだろうと思っている。

ずっと結婚しないだろうと思う女医に、仕事ばかりで可愛そうだと思ってご飯に行こうとか、ホテルに行こうと誘う優しさに俺たち整形外科医は包まれているんだよ。


勿論、俺たち整形外科医は脳みそは筋肉で出来ているし、血液は精子で出来ていることは事実だけど。

心は優しさで出来ていると付け加えさせて貰いたい。

おわり。