下方婚を選択しない高学歴女子を追求すべきでは?で面白いコメントを貰ったので。

それを題材にブログを書いてみます。

BBA女医
私の高校時代からの1番の親友は男性に求めるものをビジュアルだけにして、本当に11歳年下のジャニーズと結婚しました。彼女は外資金融で日本最年少部長昇進、不動産7棟経営(親の力ゼロ)してます。この間会ったら、この彼が息子の教育方針を、お金持ちの女の子と結婚できるようにする、と話していました。それを彼女は嬉しそうにきいてました。なぜか私が親友が彼にだまされているのではと悔しい気持ちになりました笑


(笑)ですから、親友の人生をBBA女医先生が否定的ではないことは行間から感じることは前提として。

いま表参道に住んでいるので、近くに以前ジャニーズ事務所の合宿場があったとかの関係なのかジャニーズ事務所関係の話をよく聞きます。

出産祝いが1億円ってどうよ?なんかも、その手の芸能界に入りたいという人達の情報です。

今回のブログは読者にある程度の知能を要求する内容なので、本当ならnoteで書きたいのですが。(ウジが湧いてくるのを防ぐ意味で)

まあ金を取るほどの内容でもないので、ここで書きますが。

まず前提として子供を芸能人(ジャニーズ事務所)やプロスポーツ選手を目指す層の親というは、知的レベルが本当に低いというのがゆるい整形外科医の感想です。

確率や期待値という概念がほぼ身についていなからこそ、芸能人やプロスポーツ選手に子供をしたいと思うのでしょうね。

noteならこれから書く説明は必要がありせんが、このブログを読む非医者からは芦田愛菜ちゃん(慶應女子合格)や錦織圭(両親は多分学校の先生?)などはどうかと反論が出そうですが。

子供が引っ込み思案だったので児童劇団に入れたり、子供が体が弱かったのでテニスを習わした後に、周りの子供と比べて別格の才能があって、子供の希望もありそれを可能な限り伸ばしてあげようと思うことは例外中の例外。

でもジャニーズ事務所に入れる親も、原宿でスカウト待ちしている女の子も。

家庭は貧乏だったり、片親だったり、学校の成績も悪かったり。
(馬鹿にしているのではなく、かつ否定しているわけでもなく)

所謂、カンジ系なんだよね。
mig
snapcrab_noname_2017-11-26_15-45-35_no-00


別の言い方で言えば、人生の楽しみは宝くじ系なんだよね。

でもエリートを目指す人生は全く違うでしょ。

幼稚園から楽しくもなく公文式をやって、体力アップの為に水泳教室に行って。

サピックス、中高一貫校っていうクソみたいな人生を歩んでいる。

やっとだけど、ここから本題に入ります。

この彼が息子の教育方針を、お金持ちの女の子と結婚できるようにする、と話していました。それを彼女は嬉しそうにきいてました。


これ。

これについて書きたいの。

これって結構深くない?


しかし、結論は既に出ていてほとんどの能力は遺伝の割合が大きいということになっています。


元ジャニーズ事務所のヒモ旦那は、息子をジャニーズ事務所に入れるのではなく金持ちの女性と結婚出来るようにすると言ってるんだよ。

散々、元ジャニーズ事務所の悲惨な末路を見ているわけだから、ヒモ旦那は社会の仕組み、確率、期待値を教室でなく実社会で学んだんだよ。

BBA女医先生の親友と結婚できなかった場合の自分の末路を誰よりも理解しているのがヒモ旦那でしょ。

だからこそ、11歳年上の金持ちのブスと結婚したんでしょ。

元ジャニーズ事務所のヒモ旦那は、子供をジャニーズ事務所に入れたり、プロスポーツ選手を目指す親とは知的レベルが違うんだよ。

社会の仕組み、確率、期待値を理解した上で、自分の息子の一番良い人生を導く方法論が、「金持ちの女の子と結婚出来るようにする」でしょ。

イケメン、馬鹿な旦那と優秀、ブスな妻との子供だよ。

ルックスでも学力でも多分だけど中途半端でしょ。
(ウジ防止の為に、俺は別に優生学的思想ではなく話を単純化するために使ってるだけだからね)

分を知った上で、「息子の教育方針をお金持ちの女の子と結婚できるようにする」とは。

息子がイケメン寄りで頭が弱い寄りなら、イケメンを活かした人生プランで。

息子がブサメン寄りで頭は優秀寄りなら、賢いを活かした人生プランで。

勿論、イケメン寄りで優秀寄りなら、人生はイージーモードでしょ。

最悪、ブサメン寄りの頭が弱い寄りだったら、年上女房が死んだ後は残った遺産で慎ましく生きてくという最悪ケースまで考えた上の人生プランが、「息子の教育方針をお金持ちの女の子と結婚できるようにする」という教育プランなんだと思うのは俺だけかね?

深いいい話だと思うけどな。

試験の点数が良いとか、偏差値が高いというのが頭がいいんじゃないよ。

人生とは与えられた手牌で最高形を目指すのが知性だし、子供の与えられた手牌の最高形を親は予想してあげて、想像した最高形以上になりそうなら馬なりで、想像した最高形から大きく外れそうなら手綱を引いて上げるのが愛情なんだと思うけどな。

BBA女医先生の親友さんも、上記を理解しているので「それを彼女は嬉しそうにきいてました」なんだと思うよ。

おわり。