就職氷河期世代
就職活動に失敗
希望した職業に就けず挫折
パワハラ・モラハラなどで追い詰められて病気などで退職後、再就職できない

勉強しか能がない世間知らず
常に指示待ちで役立たず
考えが甘く打たれ弱い
危機管理が甘い
どこか偉そうでプライドだけは高い
何を考えているかわからない


俺は公文式、SAPIX、中高一貫校って典型的なエリート人生を歩んでいないので、ブログの多くの読者とは教育に関するイメージが違うと思うんだよね。

教育なんか全く必要じゃないと思っている。

重要なのは金を稼ぐ事。

金を稼ぐ能力>>>越えられない壁>>>高学歴。

東大文学部程度で自分の学歴にプライドを持っているって言われると非常に違和感があるし。

早慶程度で自分の学歴にプライドを持っていると言われると何かの精神科の疾患が隠れているのかと思う。

学歴ってのは、奴隷の格付等級みたいなイメージしか持っていない。

確かに東大卒はA5等級だとは思うけど。

一方、貧乏人が貧乏階級から抜け出す一番容易なパスポートは学歴だとも思っている。

例えば東大合格者数日本一の開成高校卒で、大学は高千穂商科大学の人間は高学歴じゃないでしょ。

公文式、SAPIX、中高一貫校は100%無駄だったんだよ。

それと同じで東大卒をマネタイズ出来なかった人は、東大卒が100%無駄なんだよ。

学歴は金を稼ぐための手段であって、目的ではない。

これを忘れると痛い目にあうよと一部重複するけど、俺にとっては医者も金を稼ぐための手段であって、医者の仕事をすることが目的ではない。

今以上の報酬が貰えるなら速攻で医者を辞めると思う。
(ただし非合法と重労働は除く)

勿論、勉強はそれ自体に意味がありマネタイズ出来るかどうかはどうでも良いと思う人がいても自由だと思うし。

医者は聖職であり収入は関係ないという先生が一人でも増えてくれれば、俺の人生がもっとイージーモードになるので大歓迎なんだけど。

話を整理するけど、俺自身は人生の終盤に近くなっているのでこんな考え方だけど。

まずは年収2000万を目指すことから逆算して、小学生、中学生、高校生を過ごすことをお薦めする。

そのためには東大に入るのが良いのか?、医学部が良いのか?

医学部だとしたら、自分が35歳になった時に本当に年収2000万になるのか?

そういう論理展開なら決して
「せっかく今までがんばってきたのに、ここでそれを捨てるなんて・・・」

という感じにはならないと思うよ。

おわり。

追記)
ブログの構成上、医者を辞めると書いたけど、患者と国民皆保険制度に育ててもらった部分があるので、恩返ししようと思う部分もクソ医者なりに少しはあることがまだ医者を続けている理由なのかもしれないな。