これから書くことは国試の禁忌肢問題と同程度に重要だから、死んでも忘れては駄目だよ。

独身医師に言いたいことだけど。

専業主婦希望の女性とは絶対に結婚はしない。

以上。

整形外科医とか循環器内科の特殊なヤリチンドクター以外で、独身医師が女性の本質なんかが分かるはずないでしょ。

分かると思える時点で馬鹿と言うか知恵遅れだよ。

それでも俺は分かると言うなら、経験人数は100人を超えてからの方が良いよ。

手術も女性も、分かった、極めた、理解したと思った先にこそ真実はあるからね。




リスクを十分に考慮に入れて、夫婦のベストの形が専業主婦だったら他人が口を出すことではないと、傲慢な俺でも思うよ。

「君のキャリアを諦めさせて申し訳ない。家族のために家庭に専念してくれないか」なら良いけど、「小さい子供を保育園に預けるなんか可哀想」は地雷女確定三色だよ。

「私(妻)の実家は金持ちだから、貴方と別れれても別に生活に困ることがないから仕事する必要がないの」は結婚相手にお薦め。


クズ女の特徴なんだけど、努力が嫌い。

間違っても女医になろうとは思わない。

女医になろうと思ってもなれる能力も勿論ないんだけど、努力が嫌いってのがマジで特徴。

これも国試の禁忌肢問題の一つ。

ホテルには必ず聖書が置いてあるけど、医局の当直室にも「損する結婚、儲かる離婚」は絶対に置いておくことは必須。

第二、第三の過労死寸前の勤務医先生のような医者を増やさないためにもね。

おわり。

追伸)


銀座のナンバー・ワンホステスじゃなくて、普通の家庭の普通の女性だってこの程度の手練手管は使うんだよ。

当たり前だろ。永久就職のつもりなんだからさ。

男性の望みは何か、何を言ってほしいかを察する
男性は「褒められると有頂天」「人の感情を読むのは苦手」
【「わかります」と言うときは、状況を的確に要約する】
【目上の人はむやみに褒めず、「感謝」を伝える】
【上司や部下のタイプを見極め、攻略法を考える】
【相手に合わせて、説明の度合いを変える】


国立医学部卒に多いアスペルガー医師なんか、イチコロだよな。

本当のおわり。