福岡市東区の九州大学箱崎キャンパスの火災で亡くなった卒業生の男性(46)は、2010年の退学後も常勤の研究職を目指していたが、非常勤職を“雇い止め”に遭うなどして困窮を深めた。家賃の支払いも滞り、肉体労働を掛け持ちして研究室で寝泊まりするようになった。そこに学舎の移転が重なる。「耐乏生活を強いられる」「経済破綻に直面」-。男性は親交のあった大学関係者に宛てたメールで、苦しい胸の内を訴えていた。
複数の関係者によると、男性は15歳で自衛官になったが退官し、九大法学部に入学。憲法を専攻し、1998年に大学院に進学した。修士課程を修了して博士課程に進んだが、博士論文を提出しないまま2010年に退学となった。
ドイツ語を勉強し、文献の校正ができるほどの力を付けた。生前は少なくとも県内の二つの大学で非常勤講師を務める傍ら、教授の研究補助もしていた。元教授は「授業の発表も丁寧で、論文を書く能力もあったのに」と振り返る。


ちきりんは一流大学の法学部で憲法を学んで、なんで「経済困窮で自殺」するかな。憲法25条とか、生活保護のこと知らなかったのかしら。勉強ってほんと役立たないな。と言っているけど。

46歳で独身で子供もいなくて、思ったようには出世できなくて、生活保護を受けてまで生きたくないと思う男性がいても不思議じゃないけどね。
(生活保護を受けて生きることを選択することも基本的人権だと思うけど)

自殺した人間が憲法25条も生活保護のことも知っているのに、勉強は役に立たないというのは、未婚の子無しのBBAは価値がないと言っているのと全く同レベルだと理解できないのかね。

ちきりんにTwitterをブロックされているので書けるんだけど。

そんじゃーね。

via GIFMAGAZINE



20150810175729_120
おわり。