認知症の患者が入院中に転倒して骨折。

家族からクレームという病院あるあるでネタにするのさえ抵抗がある症例がある一方。

認知症の患者が入院中に骨折。

整形外科医から手術が必要とムンテラ。

家族からは苦情はなく、宜しくお願いしますという展開。

という症例も良くある。

ロングロングアゴー、俺がまだヤングヤングドクターだった頃この対応について思うことがあった。

クレームがあった患者は治療費を病院側が負担するとかの対応する。

クレームがなかった患者は患者に治療費を普通に負担させる。

こんな非論理的な対応があって良いものか何度も何度も思っていた。

若かった俺は、そのような対応をする管理者を責めたりもした。

そのような対応をする管理者は知恵遅れなのかと思ったりした。

オールドドクターになってみて、馬鹿だったのは俺の方だったのだとやっとやっと理解出来てきた。

世の中の基準は、非論理的が基準だとマインドリセットしてみれば世の中の仕組み、ルールが容易に理解できるようになった。





殺人教唆をしたサウジアラビアの皇太子とも日本は普通に関係を続けるんでしょ。

石油を売ってくれる大切な国だからね。

日本国には日本国の大人の事情ってのがあるのでしょう。

大人の事情は正義より優先されるってことだね。

同様に給料を上げろとゴネる看護師がいたとしましょう。

ゴネ得を許容するか、厳密に対処するか問題がここでも発生する。

看護師がどれだけ得難い人材かによって対応が変わってくる。

公的病院では対応困難だけど、民間病院なら下記のような対応が可能。

1,嫌なら辞めろと言う。

2,役職をあげて給料を上げる。

3,個別対応で給料を上げる。

公平性の観点からは1,2が正しいと思うけど、自分が病院経営者だったら絶対に3を選ぶ。

日本国と同じように、俺にとっては正義や公平性より大人の事情の方が優先されるだけの話。

あくまでも好みの問題で、大人の事情を優先することが大人とは言っていないよ。

大人の事情を優先するかしなかは、巨乳が好きか貧乳が好きかと同じ好みの問題です。

おわり。