img_154ea53a4ce4dc8d75156e858111d094505929

一番高い川崎医科大学の場合で6年総額で4550万円。

月の仕送りが20万として、掛ける12ヶ月と掛ける6年間で1440万円。

合計で約6000万。

地方の勤務医が買うマイホームがこのぐらいだと思います。

儲かっている開業医にとってはタダみたいな金額ですし、普通の勤務医にとっては絶対に無理ではないけど結構厳しい金額になっています。

順天堂大学の2080万円。

首都圏の勤務医なら自宅からの通学が可能であれば仕送りも必要ない。

普通の勤務医でも普通に可能。

順天堂大学でも2人、3人になると結構厳しい金額になりますが。

普通の勤務医でも普通に可能なのと同様に、高給サラリーマンにとっても普通に可能な金額。

子供が医者になりたくて、医学部に合格できる学力があれば出してあげたい程度の金額。

医学部の倍率が高い理由がなんとなく分かる。

親族に一人医者がいれば安心だし、おじいちゃん、おばあちゃんからの援助も期待できそう。

各都道府県の医師会経由で申し込む「医師会提携融資」というもので、医師会が金融機関と協定を締結し、会員向けに融資を斡旋している。この制度は病院の開業資金や運転資金のほか、子どもの教育資金にも利用できる。事務手数料や保証料は無料で、一般的な銀行融資よりも条件は有利だ。

借金までして子供を私立医学部に入れることはお薦めできません。

音大に借金して子供を入れる親は殆どいないでしょ。

それは音大卒が金になるとは限らないから。

今から医学部に子供を入れても、専門医取得時には年収1000万がほぼ保証されている時代じゃない可能性が高いよ。

勿論、10年後も20年後も自宅から通学可能な国立医学部に入ってくれるのなら投資の期待値は高いと断言出来るけどね。

その辺は子供の偏差値と相談ですね。

おわり。