整形外科医のゆるいブログ

一応,現役の医者です。 ユルイ日記ですが。 ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク。

2010年02月

期間限定無料ダウンロード

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166607235


生命保険のからくりが無料ダウンロードできますよ。


イケてる人

と思っていましたが。


最近は満足してしまって。


年を取るということはこういう事なんだなって思います。



http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100226

2010-02-26 イケテない私 Add Star

先日、「自分向きのエントリがわかります!」を書いた時、“年齢別”、“イケてる・イケテない別”にお勧め過去エントリを紹介しました。

それってつまり、ちきりんから各セグメントへのメッセージなわけで、一覧にまとめてみたら結構おもしろかったので(あの時は“他のセグメント向けのエントリは読まないほうがいいっすよ”と言っていたくせに!)そのメッセージを一覧にしてみました。そしたらこんな感じ↓


f:id:Chikirin:20100226095618j:image



年齢別はともかく、なんで“イケてる・イケテない別”にメッセージを出すのか、というのを考えていたんだけど、たぶん理由はふたつある。

ひとつは、“イケテない人がイケてると誤解する”のがすごく無駄で馬鹿げているといつも思っているからだ。そういう人が(頑張りすぎで)病気になったりしてるんじゃないかと。

ちきりんは自分も今は「明らかに下段の人だ」と確信しているけれど、「もしかしたら自分は上かも?」と思っていた時期はとてもつらかった。

だからイケテない人がイケてる人を真似したり、同じように生きようとするのは止めたほうがいい、と思ってる。そんなことしても人生つらいだけだ。

「努力を否定するのか?」と言われそうだが、努力って下にいる人に関して言えば、基本は報われないものだと思ってる。(たまたま報われることも、もちろんあるだろうけど。)だから、努力というよりそのプロセスが好きならやればいい。楽しいと思えるならやればいい。でも、つらいだけならやめた方がいい。人生は無限じゃない。つらいことより楽しいことに時間を使うべきだ。


一方でちきりんは、「イケてる人には是非頑張ってもらいたい」と思ってる。そういう人にとても期待しているし、応援しているし、尊敬している。才能のある人にはどきどきするし、センスのすばらしい人には感動する。もしもちきりんで役立つことがあるなら、なんでもお手伝いさせていただきたいです、とも思ってる。

年齢別にメッセージをわけたのはおそらく彼ら(彼女ら)上段の人のためだ。才能に溢れ、可能性に溢れた人の多くが、加齢に勝てない。上の表でいうと、2番目のボックスに移ったあたりで“満足し始める”し、とんがりを無くしていく。3番目のボックスに入る時期には、若い時にあれほど刺激的だった人が単なる保守的なオヤジになってしまう。挑戦することを止めてしまうのだ。

もったいないよね、と思ってる。まあ、本当の意味でイケてる人ってのはそんなにいないものなので、結局は若い時に“イケてる”と見えていた人の多くが実は・・ということなのかもしれないが。


“ちきりんストア”にも紹介しているけれど、下記はちきりんの人生の書だ。ただし、自分は上段にいる、と思う人はこんな本は読まない方がいい。上段にいる人に必要なのは、迷わずに突っ走ることだから。


人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)

人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)



そんじゃーね。


少子化の原因は

しょう少子化を食い止める、最善の方法とは?
 世界最低水準といわれる日本の出生率。急速に進展する「少子高齢化」は労働人口の減少による国内総生産(..........≪続きを読む≫生涯未婚率の上昇。

フランスのようにシングルマザーが一般的でない日本では。

結婚しないから、子供も産まれない。

何で結婚しないか。

結婚を維持する収入がないからでしょう。

若年層の雇用を守ることが一番。

中高年の雇用を維持するために,若年層が犠牲になっている。

変更


本文はここから

普段はコンタクトレンズですが。

10年ぐらいして

日本が衰弱して、始めてこの点に関しては池田氏が正しいと分かるのでしょうけどね。


Law and Revolution, II: The Impact of the Protestant Reformations on the Western Legal Traditionいま日本の直面している変化は、人々が自覚している以上に大きなものである。それは伝統的な共同体から日本人が継承した長期的関係によるガバナンスから、近代西欧に特有の契約社会への移行だ。本書は、この問題を宗教史の大家がまとめた大作の第2部である。

第1部では、11世紀にカトリック教会によって西欧文化圏が統合されて普遍的な教会法の支配が成立したことが、近代社会の決定的な要因だったとしている。本書ではそれに続いて、宗教改革によって自律的な個人の契約(covenant)による組織としての株式会社ができたことが、西欧の成功の原因だったと結論している。他方、ファーガソンもいうように、株式によってリスクを分散する契約としての株式会社も重要なイノベーションだった。

近世の欧州で続いた宗教戦争の原因は、経済システムが契約ベースに変わったのに対して、カトリック圏の伝統的文化が適応できず、それが宗派間の争いとして表面化したことにあった。著者が強調するのは、経済的な土台が法的な上部構造を規定するというマルクス以来の図式を逆転し、宗教的文化が法的な規範の基礎となり、それが経済システムの構造を決めるということだ。

ゲーム理論的に見ると、商圏が拡大するにつれてグライフの描いたマグレブ商人(長期的関係)からジェノヴァ商人(契約)への覇権の移行が起こったわけだが、「下部構造」としての宗教が変わらないまま「上部構造」としての経済だけが変化すると社会全体にひずみが生じ、それがイデオロギー対立を生み出す。

現代の日本でも、デジタル革命によって労働者を企業に閉じ込める日本型企業コミュニティの優位性がなくなり、20世紀初頭以降、一貫して続いてきた企業の大規模化のトレンドが逆転し始めている。「クラウド・コンピューティング」によってインフラの固定費がなくなり、契約ベースのビジネスが増える状況は、こうした変化を加速するだろう。

著者も指摘するように、契約ベースの社会は、生まれたときから快適なものではなかった。それは人々を不断の競争にさらし、貧富の格差を広げ、伝統的な社会を破壊する。それを神の秩序に反するものとして攻撃したカトリック教会のイデオロギーは、今日「市場原理主義」を攻撃して貧しい人々に施しを与えようとする民主党に似ている。

しかし経済圏がグローバルに広がるときは、両者の効率の圧倒的な差によって、このシステム間移行は避けられない。それはかつては100年以上にわたる宗教戦争を引き起こしたぐらい大きな変化であり、平和裡に進むとは限らない。おそらく日本でも、もっとも大きな変化はこれから来るだろう。


その程度のことで次のステージは行けない

明治維新も終戦も、壊したのではなく壊れただけだしね。


日本の未来は厳しいですね。


結局、いまを江戸時代に例えると。


江戸300年の歴史の中で、今は290年目ぐらいで。


まだ、日本国デフォルトまでは10年ぐらいあるのではないでしょうか?


だから、明治維新のような感じにならない。


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100223


今の日本の状況ってこんな感じだよね〜ってのを書いてみた。



f:id:Chikirin:20100223215734j:image




左上に青い“人のマーク”が3つあるでしょ。この人達が、日本が新しい創造のプロセスに入るのを邪魔している人達です。

具体的にいえば、この3名は、

(1)“壊す”という行為自体に恐怖を覚える人=安定志向で変化が嫌いな人

(2)壊されることで、既得権益を失う人

(3)何かが大きく変わる時に、何の混乱もなく完璧に一気に移行できると思い込んでいる人

です。


(1)と(2)はわかりやすいですよね。

(3)の人は、今まで自分で何かを創ってきた経験がないんです。だから、新しいものを創るプロセスには常に混乱や混沌や不純なものが含まれるし、清濁併せのむ必要があるということを理解できません。or 許せない、受け入れられないです。そのため“総論賛成・各論反対”で結局はすべてに反対しています。


この3名のプチボスを倒さないと、次のステージには進めない。今の日本は、これらが倒せないから立ち往生してしまってる。


必要なのは3名のプチボスを倒せるキャラ。すなわち、

(1)創造のための破壊を怖れない人

(2)既得権益に縛られない人

(3)高次元の目的を見失わない現実的な人

達です。


そんじゃ。


GREE

に転載されるかの練習です。

占いにもなってない

足裏占い 足の指の向きがバラバラな人は浮気性 
 足裏マッサージが最近話題となっているが、「足の裏は嘘をつかない!だから面白いので..........≪続きを読む≫



くそんなデタラメを言えるな。




男性自身のサイズは、セックス中にも変化する

男性のコンドーム嫌い、「サイズ不適合」が理由の可能性
 [ワシントン 15日 ロイター] 米国の研究者が15日、サイズが適当でない避妊具のコンドームは、使..........≪続きを読む≫

高校生とか元気なときは兎も角。


セックス中だって、男性自身は大きくなったり、小さくなったりする。


もともと、ジャストフィットって概念が間違ってるよ。


それに。


コンドームを使うと、気持ちよくないしね。


ヤクザ

脅迫してどうすんだ?

馬鹿な政治家。

「長崎県民が知事選でそういう選択するなら…民主党政権は長崎にそれなりの姿勢取る」と民主・石井氏…「恫喝みたい」の声

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ :2010/02/22(月) 12:59:53 ID:???0
1234
長崎県知事選と東京都町田市長選で民主党など与党3党が推薦した候補が敗北したことは、
小沢一郎民主党幹事長や鳩山由紀夫首相に絡む「政治とカネ」の事件と北海道教職員組合
の違法献金事件の「3大資金疑惑」が逆風となって直撃したのは明らかだ。
21日夜、民主党の石井一選挙対策委員長は同知事選について「結果を厳粛に受け止めて
今後の糧(かて)」にするとの談話を発表したが、首相と小沢氏という政権のツートップの
問題に及ぶためか「政治とカネ」への言及はなかった。
(抜粋)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100221/stt1002212228011-n1.htm

松尾貴史(民主党・石井一選対委員長が応援演説で「時代と逆行するような選択をされる
のなら、民主党政権は長崎に対してそれなりの姿勢を示すべき」と語ったことを受けて)
「恫喝みたいでひどい話だ。次の国政選挙や地方の選挙に、こういう物言いが、どういう風に
響いてくるかお考えになっていないのではないか」
(抜粋)
http://www.j-cast.com/tv/2010/02/22060627.html

※動画:
「時代に逆行するような選択を長崎の方がされるのなら、
民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示すだろう」

息子がいたら、言いたいことがある

男の人生は勝つしかないんだと。


まあ、納得出来ない人もいるでしょうけど。


逆でしょう




静香流ってのは、自分は冒険せず。

上位陣のミスで金メダル。

つまり、高橋が4回転を跳ばず。

確実にメダルを狙うとしたら静香流。

跳ぶぞ、4回転ジャンプ。高橋は、“静香流”で平常心を保つ
跳ぶぞ、4回転ジャンプ。高橋は、“静香流”で平常心を保つ

 跳ぶぞ、4回転! フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)で3位と好発進した高橋大輔(23)=関大大学院=が18日(日本時間19日)、フリーに出陣する。SP首位のエフゲニー・プルシェンコ(27)=ロシア=とはわずか0・60点差。高橋は、前回トリノ五輪フィギュア女子で首位と0・71点差のSP3位から逆転優勝した荒川静香(現プロスケーター)と選手村で行動をともにしていた経験を生かした“静香流”で、トリノ大会の再現を目指す。



 氷上が無言の戦場と化す。この日、バンクーバー市内の練習専用リンクで行われた決戦前の前日練習。フィギュアの日本男子初のメダル獲得、しかも金メダルの期待がかかる高橋は、高さのある4回転ジャンプを成功させ、納得の表情を浮かべた。


 傍らでは首位に立つ前回トリノ五輪王者プルシェンコが、4回転ジャンプからの3連続ジャンプなど息もつかせぬ4回転ジャンプを見せつけて“挑発”。緊張感を漂わす上位6人の選手が火花を散らした。


 報道陣への対応をしなかった高橋にかわり、日本スケート連盟・伊東秀仁フィギュア委員長は「本番リンクでも完ぺきに降りているし、いい感じできている」と分析した。SPで自己最高の90・25点をマークした高橋には安全策を取る選択肢もある。だが、今大会での4回転ジャンプ挑戦について、「男子の醍醐(だいご)味。成功させていいパフォーマンスをしたい」と明言しており、“一発勝負”に出て表彰台の真ん中を狙う。


 首位との差はわずか0・60点。表情や手の動作ひとつでもおろそかにできない高橋にとって、支えもある。前回トリノ五輪で日本勢唯一のメダルを獲得した、金メダリスト荒川と大会期間中、行動をともにした時間だ。


 高橋が姉のように慕う荒川は首位と0・71点差でSP3位につけ、フリーを迎えた。競技当日もカフェを2軒はしごしたり、好物のアイスクリームを食べるなど平常心をキープ。楽しい時間を過ごした。それでいながら、朝の公式練習と夜に行われる試合の間の約10時間で、仮眠を2時間以上取らないことに注意。体内の集中力を保ち、逆転優勝を飾った。


 会場に向かうバスの中まで一緒だった高橋はこうした行動を踏襲する構えで、関係者によれば「アイスクリームは好きじゃないので食べないと思うが、普段通りを徹底させる。仮眠も1時間程度にする」。“静香流”で、プルシェンコ斬り。誰より近くで見たトリノ大会の感激を、自らのジャンプで再現させる。




これは納得

俺もそういう無駄が大嫌い。


プルタブを集める系が好きな人間って、大体論理的思考が出来ないから。


そういう人間と過ごす時間や会話が凄く無駄。


というような事を思う時間が昨日ありました。






2010-02-18 18:50:52

平等な時間と機会と効率とプロセス

このブログのネタは、国母の問題から、プルタブ問題に飛んでいったわけだが、さっきまでtwitterで大学卒業資格の話をしていたら大学での勉強のプロセスの話に飛んでいったわけだ。

プルタブのお父さんの真意は、ボランティア活動は大事であるがプルタブを集めるのに時間をかけるのは無駄であり、ボランティア精神を息子が持っているのならお父さんが寄付してやるから、その時間を他の勉強やら大事な事に使いなさいということだったわけだ。

プルタブを集めるプロセスを通じてしか障害者を助ける気持ちを持てないということは無いだろう。普段からそういう気持ちを持ち続けていればいいことだ。それは単なる精神論であり、そのプロセスを通じてしかそれが理解できないということであれば、それは理解力の不足としかいいようがない。

ちょっと、言い過ぎたかもしれないが、私が一番気にしていることは「時間」の有限性だ。現代医学の進歩で寿命は延びるかもしれないし、iPS細胞などの技術の発達で半永久的な寿命の延長(ここも永久とか書くと、立花隆あたりに揚げ足を取られるから厳密に書く。しかし彼はなんでこんな細かいところに突っ込んでくるのかなあ。そこしか突っ込むところが無いからだろうけど)も可能になるかもしれないが、今のところは技術の目処は完全には経っていない。

だから限られた人生でいかに自己実現をするか、社会変革をするかそういったことを考えて生きている。だからプロセスが重要などという眠たいことを言っていられない。結果を出さないと自己実現も社会変革もできやしない。スピードアップをしながら、プロセス重視の考え方を否定したり、他人の考えないプロセスショートカットをすると「ずるい」といわれて妬まれそれが検察などを動かすことになることは十分学んだ。

だからスピードを緩めれば妬まれず、検察には睨まれない。これはその通りだ。
しかし、短い寿命の中で今考えていることを全て実現できるかどうかは非常に微妙だ。
だからやっぱりスピードを重視しなければならないし、妬まれても検察に狙われても大丈夫なようにガードをキツくしないといけない。ちょっとしたことで揚げ足を取られないようにしないといけない。

「金で何でも買える」なんて文字通りのことを言ってないのに、そのようにされてしまっていたらしっかりフォローして反論をしないといけない。週刊誌に嘘記事を書かれたらきっちり裁判を起こして証明しないといけない。ということを実践していこうと思っている。
やっぱり無駄なものは無駄だとしっかり教育をしないといけない。妬みの負のエネルギーは他人だけでなく自分にも返ってくるということをしっかり教育しないといけない。

どんな酷いことをされても、許すことが大事だ。

さて、いくつかブログ紹介。

これは良くあるな

「俺って性格悪いかもしれない」と感じる瞬間ランキング
 人のちょっとした不幸がなぜか嬉しかったり、人に親切にできなかったり。そんな自分を省みて「『俺って..........≪続きを読む≫
女性の涙を「演技じゃないか」と疑うとき

あと、セックスの時の喘ぎ声も。

まあ、気がつかない振りをしましょう。
5d93f570.jpg


俺も気をつけよう

自宅に風俗嬢を呼ぶこともないし、日本刀も持ってないけど。

酔ってたんでしょうね。

勿論、それで済む問題じゃないけど。


福岡県警久留米署は17日、同県久留米市東合川8、内科医田代祐士容疑者(45)を暴力行為の疑いで逮捕した。

発表によると、田代容疑者は同日午前0時40分頃、自宅に呼んだ派遣型風俗店従業員の女性(25)に「俺を誰と思っている。なめてるのか」と因縁をつけ、所持する日本刀(刃渡り約70センチ)を振り上げて脅した疑い。酒に酔っており、女性が逃げ出し110番した。「刀を観賞しようと抜いただけ。脅すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。


田代容疑者は熊本県内の民間病院に勤務している。


嘘くさい話だね

『筆談ホステス』妊娠の真相を筆白
 自らの半生を綴った自叙伝『筆談ホステス』(光文社刊)がシリーズ合計で37万部を突..........≪続きを読む≫


相手の方は、40代のサラリーマン。身長180cm以上ある背の高い人。


妊娠を告げたとき、彼は喜んで、一緒に育てようと言ってくれましたが、私の決意は固かったのです。


結局、不倫でしょう。


頼むからその程度の話を美談にしないでくれって。



バイアスって物を知ってますか?

社長が描く理想の秘書像は小林麻央さん
 社長が求める理想の秘書像は、フリーアナウンサーの小林麻央さんになったことが、産業能率大学の調査でわ..........≪続きを読む≫

麻央ちゃんのファンですが。


こんなアンケートに答えている時点で。


大した社長じゃないでしょう。


年収300万のSOHOばかり?




脂肪腫だよ

加藤紀子 謎の異物を体内から摘出し3gやせる
 タレントの加藤紀子(37)が自身のブログで、加藤の体内にあった謎の異物を手術で摘出していたことを明..........≪続きを読む≫

何で、その程度で大学病院に紹介するかね。


芸能人だから?


子供の頃から大きくなってないのなら、摘出しなくても良かったんじゃないの。




真性の馬鹿だね。

安倍なつみのポニョ4体が無残な姿になる
 モーニング娘。の元メンバーでタレントの安倍なつみ(28)が自身のブログで、自身のコレクションである..........≪続きを読む≫


自分では、ブログに書いて。


私って可愛いって思ってるのかな。


馬鹿。


可愛きゃ許すけど。

それほど可愛くもないのに。


兎も角、笑える

確かにな。

デブでハゲでジジイでも、すごい美人と結婚している医者っているよな。


東大卒業して、年収500万ぐらいの研修者になって。

ブスと結婚するなら、頑張って医者になった方が人生の期待値は高いな。


頑張れ。受験生。


俺みたいな場末の医者でも年収4000万だ。


なぜ理系の秀才はみな医学部に行くのか? ―標準的ファイナンス理論からの考察―

中学受験ネタからはじまった学歴エントリーはその後様々なブログで引用され、大いにその是非が議論された。
たった数日の間に合わせて600近くのコメントがついたのは、多くの日本人の心に受験勉強の思い出がいかに深く刻み込まれているかの証左であろう。

しかし、その後、議論は思わぬ方向に進展した。
日本では、このような受験を勝ち抜く秀才の多くが、医師や弁護士という国家資格に向かい、必ずしもグローバル経済の中でますます熾烈さを増す技術開発やビジネスの国際競争に、その才能が活かされていないという問題提起である。

医師の仕事の多くが厚生省の官僚と製薬会社によって定型化されており、必ずしも理数系の才能が必要とされるわけではない。
また、外科手術のような分野は、受験勉強の才能より、手先の器用さといった素養がより重要であることはいうまでもなかろう。
弁護士の仕事にしたって、ほとんどの業務は犬も食わないような内輪げんかの仲裁であり、人情に訴えうまいこと和解させるという人間力こそ必要だが、必ずしも難解な法理論が役に立つわけではない。

そこで本エントリーでは、なぜ受験秀才が医学部に進学するのかということに絞って考察することにする。
ある程度以上の理系の大学を受験した者なら誰でも知っていることなのだが、偏差値の高い理系の受験生はみんな医学部に行く。
実際に最難関大学といわれる東京大学の工学部や理学部(以下理1)よりも、ど田舎の国公立医学部の方が入学難易度は高い。
首都圏の国公立医学部にいたっては東大理1よりもはるかに難しいのが実情である。
端的にいって、日本では、一部の例外を除き、理系の高校生は学力の順番で上が全部医学部に行き、残った学生が東大理1やその他難関理工系大学に進学するのである。
しかも、これは一時的な現象ではない。
筆者の知る限り、過去数十年変わらぬ傾向であり、金融危機以降の不況でこの傾向はますます強まってさえいる。

もちろん、受験勉強の才能と技術開発競争やビジネスの才能は同じものではないということはいうまでもないが、ある程度は正の相関があることも確かで、やはり日本の理数系の才能が、必ずしもそういった素養が役立つわけではない医師という仕事に独占されているというのは大きな社会的損失という他ない。

なぜそれほど秀才は医学部に進学するのだろうか?
受験勉強に熱心に取り組んでいる間に、受験勉強自体が自己目的化してしまい、少しでも偏差値の高い学部に入学することにより自己顕示欲を満たそうとする圧力が働き、その結果、偏差値の高い医学部が、偏差値の高さゆえに偏差値の高い学生を集めてしまうという、偏差値の自己増幅作用が働く可能性がある。
これは自分がいかに激烈な競争を勝ち残ったかを証明しようとするシグナリングの一種だが、筆者はそういったファクターは非常に小さいと考えている。

結論からいうと、偏差値の高い高校生が医学部に進学しようとするのは、一にも二にも高い報酬のためである。
要するに金である。
下の図は、金融日記総合キャリア研究所に依頼して、東大理1卒業生と国公立医学部の卒業生の年収をサンプリング調査したものである。

東大理1卒業生と医学部卒業生の年収比較分析

理・工学系で日本の最高峰といわれる東大理1の学位取得10年後の平均年収は約880万円であり、医学部卒業生の平均年収はなんと1,600万円以上にもなるのである。
しかも、理1卒業生は会社経営者などの非常に少数の成功者が平均値を釣り上げているが、大多数は500万円〜700万円しか稼げないのである。
また、約5%が東大に行ってまでワーキングプアに身を落とすことになる。
その点、医学部卒業生は平均年収の高さもさることながら、そのバラツキの少なさは注目に値する。
悪くても1000万円ぐらいは稼げるのである。
つまり、医学部の方がリスクも少ないのである。
ファイナンスの標準理論に従えば、リスクが小さくリターンも大きいなら、それを選ばない人はいないことになる。
このようの考えれば「なぜ田舎の国公立医学部は東大より難しいのか?」という問いは馬鹿げているように思える。
むしろ「なぜ東大理1程度が、田舎の国公立医学部と同じぐらい難しいのか?」と問うことの方がより自然だ。
おそらくその答えは、18才から24歳という人生の青春時代をど田舎ですごさなければいけないというディスカウントがかなり効いているということであろう。
もし他の条件が同じなら、田舎の国公立医学部の偏差値は東大よりはるかに高くなるはずだが、この青春ディスカウントの分だけ割り引かれ、結果としてそれほど差がつかずにいるのである。
その証拠として、東京医科歯科大学などの首都圏の医学部は、東大理1よりもはるかに難しい。

以上のように、将来年収の期待値を考えれば、日本の異常な医学部人気も、標準的なファイナンス理論の枠内で全て説明できる。
偏差値の高い高校生が医学部に進学し、親もそれを勧めるのは、要するに金なのである。

また、結婚市場においても、医師の強さは突出してる。
いわゆるイケメン/ブサメンによる二分類で、ブサメン側にカテゴライズされる医師でも、かなりの美人と結婚するケースが多数観測されている。
その点、同じ側に分類される東大理1卒業生で年収500万円のエンジニアがかなりの美人と結婚する可能性はほぼ絶望的といっていい。
美人という限られたリソースの分配もやはり医師に集中しているのである。
これでは偏差値の高い理系高校生が、理学部や工学部に進学することこそ異常な行動であろう。

ところで、美人と結婚したブサメン医師の子供が、お母さんの容姿とお父さんの頭脳を受け継ぎ、将来の日本の競争力を大いに高めてくれるというなら、筆者もそのことを大いに応援したいと思う。
しかし、実際にはその逆が驚くほど多い。
つまり、お父さんの容姿とお母さんの頭脳を受け継いだ子供が生まれるのである。
そんな子供が適齢期になると背中にNの字がついたリュックを誇らしげに背負い、中学受験にはげむというわけである。
むろん、お母さんの頭脳を引き継いでいるので全く出来が悪い。
いきおい医学部入学のために何年も浪人することになる。
これでは貴重な教育資源の浪費ではなかろうか。

また、エンジニアの給料は自分で稼いだお金だが、医師の給料の多くは税金から払われていることも忘れてはならない。
日本の財政赤字は途方もない規模に達し、今後は医療費が加速度的に増加していく。
増税は避けれらないだろう。

以上のような様々な問題を考えると、筆者は医師の給料を下げるのがベストの解に思えてくるのだがどうだろうか?
誰でも給料を下げられるのは嫌だろう。
医師は人の命を救うという尊い仕事をしていることも重々承知している。

しかし、筆者のように無私の心で、世界の貧困問題を解決するため、日夜、金融市場で流動性を提供するという社会的に掛け替えのない職務を遂行してきた人間でさえ、世界的なポピュリズムに迎合する無知な政治家の犠牲者となり、いわれのない懲罰的課税を科され大幅なボーナスの減額を余儀なくされたのである。
そのことを思えば、お医者さんの給料が半分になることぐらいそんなに大したことじゃないのではないだろうか?


まずは先生ランキングの順位を100位以内

頑張るぞ。


でも実際はゆるい日記でね。


なぜ上村愛子は勝てないのか?

こんなオジサンしか分からない二人を例に出すまでもない。



比べるなら里谷とだな。



クラブで白人と皆が見てるところでセックスしながら、フジテレビは辞めないし。



それでも今回もオリンピックに出場したり。

(結果は転倒ですが、一発あてようっていう勝負強さがある。)



メダルも二つも持ってるし。



勝負の前に自分が如何に頑張ったか、自分が如何に皆に愛されているかををアピールする人間は、最後の詰めが甘くなる。



そんなヤツに勝負の女神が微笑むわけがない。



学校のテストでも、試験の前に如何に自分が勉強したかをアピールする人間は。

教師も人間だから、テストが悪くても通信簿は良いんだよね。



でもそういう人間は、性根の部分が弱いから。



本番の入試とかで失敗とかして。



大体、そういう奴は成功してないよ。





http://news.livedoor.com/article/detail/4607684/


ハックルベリーに会いに行く

岩崎夏海

株式会社吉田正樹事務所勤務。

文字サイズ: 小 | 中 | 大

上村愛子はなぜ勝てなかったのか?
2010年02月16日11時57分 / 提供:ハックルベリーに会いに行く

モーグル競技の上村愛子選手が、4度目の挑戦となった今回のバンクーバーオリンピックでもメダルを取れず、4位に終わってしまった。

このことは、彼女にとっては非常に悔しく、また忸怩たる思いのできごとであったらしく、彼女自身のブログでこんなふうに自問している。
どうして、こんなにも沢山の人が
私を支えてくれるのに

なんで、結果は
残せないんだろう。

メダルはいつも
ちょっとのところで
届かない。

いま、こうやって、文字にしながらも
考えてしまいます。

・ 上村愛子オフィシャルブログ : -
そこでぼくは、考えてみた。

「なぜ上村愛子はメダルを取れなかったのか?」

なぜ彼女は結果を残せなかったのだろう?

なぜオリンピックで勝つことができなかったのか?

そこで出てきた答は、比較的シンプルなものだった。

それは、結局彼女は「勝つことの意味を勘違いしていたのではないか」ということだ。


「自分に勝つ」という嘘
上村愛子選手は、結局勝つことの意味――とりわけ「オリンピックでメダルを取ることの意味」を、最後まで取り違えていたのではないかと思う。

特に彼女は、「オリンピックに勝つということは、『自分に勝つこと』に他ならない」というふうに勘違いして、そのための努力を、この4年、あるいはそれ以前の10数年前から積んできたのではないだろうか。それが、結局はブログで述べたような目標(オリンピックでメダルを取ること)を遠ざけることとなり、今回の結果につながった――そう思うのだ。

「オリンピックでメダルを取る」ということは、決して巷間言われるような「自分に勝つ」ということの結果ではない。たとえ自分に勝つことができなくても、他の選手に勝つことができれば、オリンピックでメダルは獲得できるのだ。

その最も象徴的な例が、ソルトレイクシティオリンピックのショートトラック競技に出場したスティーブン・ブラッドバリー選手だろう。この大会、実力では他の選手に比べて大きく劣っていたブラッドバリー選手は、しかし劣っていたがために有力選手の後ろを走ることとなり、それが奏功してトップ選手同士の接触事故に巻き込まれず、漁夫の利的に金メダルを獲得することに成功した。


・ブラッドバリー選手の金メダル獲得シーン


このブラッドバリー選手の金メダル獲得こそが、まさにオリンピックで勝つこと(あるいはメダルを取るということ)の本質である。金メダルとは、けっして「自分に勝つ」ことではないのだ。他人に勝つ――つまり競争において他者より先んじることであり、それ以外のなにものでもないのである。

この考え方――つまり「勝負に勝つというのは、自分に勝つことではなく他人に勝つこと」というのは、数多くの勝利をものにしてきたいわゆる「勝負師」たちのあいだでは、ある種の自明の理としてとらえられてもいる。その実例は枚挙にいとまがないが、最も代表的なものとして、将棋の大山康晴とボクシングの輪島功一を挙げることができるだろう。


大山康晴は如何にして他人に勝ってきたか?

大山康晴は、その棋力もさることながら、並はずれていたのは「勝つことへの執念」だった。有名なエピソードとしては、彼の「大きな棋戦での並はずれた健啖家ぶり」がよく知られている。

将棋の大きな棋戦というのは、たいてい地方のホテルで二日がかりで行われる。その間、対局前の前夜祭なども含め、対局者同士が一緒の席で食事をする機会は少なくない。そういう席で大山は、いつも大きなステーキをペロリと平らげてみせたのだという。そうして、周囲を驚かせたというのだ。

その健啖家ぶりは、齢を重ね、棋力に衰えを見せるようになってから、ますます旺盛になったのだという。彼は、そうやって若い対局者(大山は長い間第一線で活躍していたため、対局者はたいてい彼よりずっと年若だった)を牽制していたのだ。彼らを驚かせ、自分の食欲と余裕の大きさを見せつけることで、対局に先立ち相手を制しようとしたのである。

棋士というのは神経質な人間が多く、またそれでなくとも重要な棋戦ともなると当然のように神経を高ぶらせるものだから、たいていの人間はどうしても食欲を減退させる。特に若い棋士は、大きな棋戦に慣れてないということも手伝って、食はどうしたって細くなってしまう。

それに対して大山は、まるで見せつけるかのように大きなステーキをペロリと平らげてみせるのだ。すると若い対局者は、すっかり気圧されてしまい、「この人には敵わない」という先入観を植えつけられる。それで、肝心の将棋においても実力を発揮できず、敗退を余儀なくされてしまうのだ。

ここで肝心なのは、大山はそれを「わざと」やっていたということだ。すなわち、相手を心理的に追い詰めるため、健啖家を演じていたのだ。大きな棋戦の前日になると、彼は朝から何も食べず、お腹を空かせた状態で前夜祭に臨んだ。そうして、お腹いっぱい食べられる状態をわざわざ作っていたのである。そうやって健啖家を演じることで、相手を欺き、心理的に圧倒しようとしていたのである。

これが「希代の勝負師」といわれた大山康晴の真の姿である。彼は、棋戦に勝つということが結局は「対局者に勝つ」ことだというのをよく知っていた。だから、ルール違反にならなければどんなことでもやったのである。そうやって、勝利にとことんこだわったのだ。


・晩年の大山と若き羽生善治のテレビ対局


輪島功一は如何に他人に勝ってきたか?
もう一人、どうしても紹介したいのが輪島功一の事例だ。

彼は、世界チャンピオンから陥落した後のリターンマッチの際、対戦相手の柳済斗を油断させるために、「自分は風邪を引いている」ということを信じ込ませるための画策をした。試合前の記者会見の折、わざとらしくマスクをしたり咳き込んだりして、体調不良をアピールしたのである。

ここで重要なのは、それによって柳が輪島のことを本当に侮り、試合に手を抜いたということではない。というのも、柳自身は、輪島がそういう小細工をしてくる侮れない人間だというのはそれ以前から重々分かっていたので、記者会見でいきなり下手くそな演技で咳き込まれても、易々とは信じ込まなかったからである。だから、輪島のその演技は、柳を油断させることにはつながらなかった。

しかし逆に、輪島のそうした執念――下手くそな演技を臆面もなくしてまで自分を油断させようとするその勝利への飽くなきこだわりに、恐れを抱かされたのである。そこで柳は、ステーキをペロリと平らげる大山を見た若き対局者のように、輪島に対して「こいつには敵わない」という気圧された気持ちを抱かされた。

結局この試合、輪島は柳をノックアウトで葬り去るのだけれど、最後に彼を勝利に導いたのは、そうした「相手を負かすことにかける執念」に他ならなかった。そしてその執念は、輪島が「勝負に勝つというのは単に自分に打ち勝つことではなく、柳済斗という対戦相手を打ち負かすことだ」というのを十全に理解していたからこそ、初めて正しい方向に作用させることができたのである。


・輪島が柳をノックアウトで負かせるシーン


上村愛子に足りなかったもの
これらの例から翻って、上村愛子選手が今回のオリンピックでなぜ勝てなかったのかを考えた時、やっぱり彼女にそれだけの工夫や執念がなかったということが――いやそれ以前にそもそもそういう「概念」のなかったことが、一番の要因として浮かび上がってくる。

彼女には、金メダルを取ったハナ・カーニーや、銀メダルを獲得したジェニファー・ハイルに、あえて自分の健啖家ぶりを見せつけるとか、風邪を引いた振りをして油断させるといった工夫や執念がなかった。もしそれがあれば、今回の結果はまた違ったものになっていたかも知れない。


上村愛子選手に伝えたいこと
しかしこういうことを言うと、すぐ「そこまでしてメダルを取る必要はない」とか、「他者に勝とうとせず自分に勝とうとした上村選手の努力を否定することはできない」などと言う人がいるのだけれど、ぼくとしては、もちろんそういう意見を否定するつもりは毛頭ない。むしろ、それらの意見に実は賛成であり、ぼく自身も、そうまでしてメダルを取る必要はないと思っている。また、自分に勝とうとする努力はとても立派なものなので、それを否定することは誰にもできない、とも考えている。

ではなぜ今回大山や輪島の例を引いてこういうことを書いたかといえば、それはひとえに上村選手が、メダルを取れなかったことを悔やんでおり、またその理由を自問するような文言をブログにアップしていたからである。ぼくとしては、それついての答を持っていたので、こうしてブログで回答を申し上げたまでである。

ぼくとしては、上村愛子さんにもこのエントリーを読んでほしいと思っている。そして読まれた上で、それでももし彼女がメダルをほしいというのであれば、ぜひ上記の大山や輪島の行動や考え方を見習ってほしい。

そうすれば、彼女が渇望するメダルというものの獲得は、きっとそう難しいことではなくなるはずだ。なぜなら、大山や輪島がやった「他者に先んじるための努力」というのは、「自分に勝とうとする努力」をなし遂げられた人間にとっては、そう難しいことではないからである。


[新装版]勝負のこころ
作者:大山康晴
出版社/メーカー:PHP研究所
発売日: 2009/01/20
メディア: 単行本
クリック: 1回
この商品を含むブログ (4件) を見る

・大山の勝負哲学がつまびらかにされた名著




敗れざる者たち (文春文庫)

作者:沢木耕太郎
出版社/メーカー:文芸春秋
発売日: 1979/09
メディア: 文庫
購入: 5人
クリック: 6回
この商品を含むブログ (24件) を見る

柳対輪島戦の舞台裏を沢木耕太郎がドキュメンタリーとして描いている




やさしく、強く、そして正直に - 弱い心との向き合い方 (じっぴコンパクト)

作者:上村愛子
出版社/メーカー:実業之日本社
発売日: 2010/02/05
メディア: 新書
クリック: 4回

この商品を含むブログ (5件) を見る

・上村愛子選手の語る彼女のスキーとその人生


・記事をブログで読む

ヤクザと同じ

■「痛めたのど治らず麻薬」歌手の詩音被告が動機
(読売新聞 - 02月16日 04:33)

シャバに戻ったときに、堅気になるつもりでなければ。

ヤクザの仲間を売るわけにはいかないって。

当然のこと。

「入手先は(後で何をされるか分からず)怖くて言えない」
「携帯電話の番号や住所を変えており、再犯の可能性が高いとは言えない」
「やり直したい」

携帯の番号も住所も変えて、売人から後で何かされる可能性って大分少ないね。

歌手の詩音が言いたい事は。

ケタミンを購入した相手は、売人でなく間に入った同じ同業者の芸能関係者。

また、芸能界に戻りたいから。

その人の名前は絶対に言えない。

言ったら引退だもん。


 「痛めたのどが治らず、もう歌えないと思い気落ちしていった」。


 麻薬及び向精神薬取締法違反に問われ、15日、横浜地裁で懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)が言い渡された歌手の詩音(しおん)(本名・朴有香)被告(26)。この日の公判で、麻薬「ケタミン」を使用した動機を打ち明けた。しかし、入手先は最後まで明かさなかった。


 検察側は、「(詩音被告は)昨年4月頃から仕事量が急激に増え、ストレスを感じるようになった」と述べ、「昨年7〜8月には3日に1回の頻度で使用し、ストレスを発散させていた」と、常習性を指摘した。


 また、ケタミンの入手先の供述を拒んでいる点を挙げ、「再び密売人と接触し、違法薬物を入手する可能性が高い」とした。


 これに対し弁護側は、詩音被告が「入手先は(後で何をされるか分からず)怖くて言えない」としているとして、「携帯電話の番号や住所を変えており、再犯の可能性が高いとは言えない」と反論。詩音被告は「やり直したい」と涙声で語った。


 閉廷後、詩音被告は報道陣に対し「待っててくれるみんなの前でまた歌えるように、頑張りたい」と語り、深々とお辞儀した。



完全に詐欺だね

今回の確定申告はこのe-taxを利用しようって思っていたのに。


‥纏匸斂製颪糧行が必要。

ICカードリーダーの購入。

H行手数料プラスICカードリーダー代で5000円。

5000円還付は一回だけ。


国税庁のヤツら、本当に国民を舐めてるね。


これは将来の国民総背番号制に向けて。


完全に給料を把握されているサラリーマンと比べて。


ちゃんと税金を納めているか分からない、確定申告が必要な職業の人の所得を、ローコストで把握するためのものでしょう。


税の平等性という観点で、e-taxだけ5000円還付が不公平なら。


逆に、完全に税が把握されているサラリーマンとe-taxだけは5000円還付。


書類による確定申告には還付なし。


まあ、どちらにしても今回の確定申告をe-taxでやるのは見送り。


面倒だからまた親に頼もう。



「e-Tax」、みんな使っている?


2月16日、確定申告の受付がスタート。少し前から、「e-Tax」のCMをあちこちで目にする。正式名称「国税電子申告・納税システム」。国税庁が運営し、オンライン上で税の申請、納税ができるものだ。国税庁がアピールする「e-Tax」のメリットは、大まかにいえば次の通り。
「最高5000円の税額控除を受けられる」
「添付書類の提出を省略できる(医療費の領収書や源泉徴収票など)」
「書面申告より早く還付される」
「自宅から、24時間いつでも申請できる」

平成19年度分の申請から始まり、初年度の利用件数は「所得税」申請のみで363万3890件。平成20年度は613万6866件に伸びている。「やはり便利なんだろうか」と、利用した人の感想をネット上で探してみたところ、不満と怒りの声が多数目についた。まず、「利用前の準備が面倒」という不満。市区町村の窓口で住民基本台帳カード(ICカード)を入手し、「電子証明書発行申請書」などを提出して、電子証明書の発行を受ける必要がある。さらに、それに適合したICカードリーダーを購入しなければならない。「5000円の還付金」に惹かれて「e-Tax」に着手する人は多いようだが、発行手数料+カードリーダー購入費で5000円ほどかかってしまうのだ。窓口に行くための交通費も発生する。しかも、「5000円還付」は1回きり。「e-Tax」での申告を続ければ、毎年5000円の還付が受けられるわけではない。自治体によっては、申請〜交付までに2回足を運ばなければならないところもあるなど、必要なものを揃えるためには時間と手間がかかる。電子証明書には有効期限があり、3年ごとに入手し直す必要がある。こうした利用条件を知り、断念する人は少なくない。

これらを準備し、操作を始めた人は「分かりにくい」という壁にぶつかっている。普段PCを使いこなし、ITリテラシーの高さを自負する人たちですら苦戦しているようだ。専用ソフトのインストールに始まり、認証、入力フォームと、随所で疑問にぶつかる人が続出。意味不明なエラーに悩まされ、理由を調べても分からず、挫折したという人も多い。ほか、「領収書の添付が不要というが、1件1件入力するのは手間がかかる」「苦労して作成し、送信したのに、後から郵送しなければならないものがあった」という嘆きの声も...。

とはいえ、やり方さえ飲み込めれば、毎年申告する人にとって便利なのは確か。当然、利用者の反応を受けて、使い勝手は改良されているはず。今年度、利用する人はどんな感想を抱くだろうか。



べタの意味がやっと分かった

ベタを押すと、ベタになると思っていたら。


今すぐベタる。


を押して初めてベタするだった。


なるほど。


また、一つ理解した。


2ch

くだらないけど。

こういうの好き。

高木美帆選手の下着がスケてる?世界各国で思わぬ騒動に

 
写真を大きくする 
  バンクーバー五輪の開幕がまもなく開幕する。日本のスピードスケート女子代表の高木美帆選手は、15歳の中学生として五輪出場を果したが、これは日本スピードスケート史上の最年少記録だ。

  この高木美帆選手が思わぬところで世界中から注目を集めている。日本代表の金色の本番用ウエアを着用した高木選手の姿がまるで、下着が透けているかのように見えるためだ。

  韓国では、日本の10代の女子選手の下着が透けた姿が大騒ぎになっていると報じられているほか、ドイツでもバンクーバーで練習する高木選手はトラック中から注目を集めたと報じられている。

  実際のところ、これは下着が透けている訳ではなく、本番用ウエアのデザインによるものである。五輪を前に思わぬところで騒動に巻き込まれてしまった高木選手だが、開会式の出席を前に「楽しみでわくわくしている」と語り、本番でも自分の最高の滑りが出来るよう頑張りたいと語るなど健闘が期待できそうだ。(編集担当:畠山栄)

2b3febdd.jpg

cfce4446.jpg

06ce539c.jpg

酒を貰いましたが

0f667002.jpg



出来れば、焼酎かワインにして頂ければありがたい。

e8c08011.jpg



7e55d6fc.jpg


かな?

浅草

デートスポットとして、浅草はおすすめ。



930c1580.jpg

昼から、おっちゃん達が酒飲んでるよ。


ウインズの前じゃ、馬券買ったおっちゃん達で一杯。

550b08c1.jpg

花やしきも雰囲気ある。

入場料が900円、それ以外に乗り物乗ると300円から500円ぐらいする。

花やしきの近くの骨董屋に花やしきの無料招待券を700円で売っている。

これにはのりもの券が3枚ついているので。

これだけで、約1000円も得になる。


7069661e.jpg

浅草寺はやっぱり(・∀・)イイネ!!。


ec30ef2f.jpg

新東京タワーもこのぐらい出来てます。



ラーメンと車

「嵐とEXILEのどっちが好き?」の投票が開始
 投票サイト「センタク」で、「嵐とEXILEはどっちが好き?」というアンケートが13日に開始された。..........≪続きを読む≫

嵐とエグザイルじゃ。


種目がもともと違いすぎない?


塩ラーメン味噌ラーメンのどちらか好きって質問は成立するけど。


ラーメンのどちらが好きって質問は成立しないと思いうけど。


コメント数ランキングのトップのニュースにコメントしてみた。




若者全員が終了ではなく

ドクロ
正社員にもなれず、派遣にもなれない若者の未来は確かに真っ暗ですね。

僕が子供の診察をしていて、いつも思うことがあります。

縫合しないといけないような傷の場合。

3歳でも5歳でも。

説明をするとしっかり理解して、一瞬我慢する子供と。

最後まで暴れまくる子供がいます。

育て方なのか、資質なのか。

その辺は分かりませんが。

個人差は大きいですね。

終了の子供をもった家庭も。

秒殺で、崩壊しますね。

以前は、そんな馬鹿な子供も日本という温かい社会が我慢して育てたのですけど。

その余裕が今の日本にはない。


19d38e9a.jpg


f2a40620.jpg


http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/
2010-02-14 若者、アウト!
録画してあったガイアの夜明け(2月9日分)を見た。おもしろかった。テレビ東京、グッドジョブ。
ちきりんは「世界の高齢化の最先端を走る日本の未来」に興味津々だ。世界のどこにもないユニークな社会になると確信しているし、今は想像もできないことが起りそうでとても楽しみ。
過去いろんなエントリで、ちょっとずつ未来社会の側面を描こうとしてきたけれど、“総合的にどんな感じになるの?”ってのは、ちきりんもなかなか表現できていない。多面的、具体的、かつビビッドに、未来の姿を描写するのは簡単じゃないのだ。それがこの番組を見ていたら、「おお〜、これじゃん!?」って感じだった。未来のこの国の姿がはっきり見える番組だった。

内容は、高齢者が派遣や内職という形で労働市場に流入しているという話で、でてきた事例は、
<ケース1>
「高齢社」という71歳の社長が率いる高齢者専門の派遣会社。登録する労働者は大手企業の管理職などを経験して定年退職した60代、70代の人。派遣先は大手企業の営業所から、マンションの管理人、布団屋など軽作業所の内部作業、コールセンターまで様々。
時給は800円〜1000円程度。年金がフル受給できるよう週に3日程度働き、月10万円ほどの収入の人が多い。最近、急激に売上が伸びている。

<ケース2>
昔、日本に縫製工場が多かった頃、若い女性がたくさん工場で働いていた。その女性らは今、子育ての終わった60歳前後の主婦になっている。彼女らは工業用ミシンを操り、中国の工場に負けない生産性で服が縫える。この人達の内職を利用して、日本製の子供服を作っている会社の商品が売れている。日本にきた中国人観光客が「高品質な日本製の洋服をお土産に買って帰りたい!」というのだ。
ご主人も定年後だし、年金15万円にミシン内職で10万円が手に入れば大満足。もちろんご主人の食事とか家事には(子供も独立してるし)差し支えがない。

他にもファーストフード店などで働くケースなども紹介されてました。どの事例でも、働く高齢者側も、雇う側も非常に満足度が高そうだった。これは定着するよね〜と思った。
だって、

(1)安い給与に、労使双方が満足している

高齢者側は、“年金を減額されたくない”とか、“家事の合間だけで働きたい”とかの理由があるので、月10万〜15万円くらいが望ましい収入と考えている。
これって若者なら“ワープア”と言われ、“結婚もできない、子育てもできない”と責められるレベルの収入だが、“年金15万円+退職後の派遣・内職で月15万円で、夫婦で30万円の収入”は贅沢はできずとも悠々自適の老後生活には十分な収入だ。
これから生活基盤を作っていくための収入が必要な若者は、年金というベーシックインカムがあり、ローンが終わっていて家賃支払いも不要で、生活費だけ稼げばよい高齢者に、労働市場におけるコスト競争力という点で、全くかなわない。

(2)高齢者はくだらない仕事でもまじめに働く

地味な軽作業を依頼している企業の人が言っていた。「地味な作業だし、日中一人で働いてもらうことが多い。若者だとサボりもするが、高齢者はまじめ。仕事も丁寧です」と。
これもよくわかる。若者をひとりで作業所に放置し「これをやっとけ」的に指示しても、相当時間を携帯ゲームやらツイッターやらに費やして、全然仕事が進みそうにない。一方の高齢者はそんな遊びはそもそも知らない。
一般的には若い人ほど刺激を好むから、そういう作業は退屈すぎるし、先が長い若者の目にはそれらの仕事は全くキャリアアップにつながらない、将来性のないものに思える。一方の高齢労働者は、“キャリアアップの機会”なんていう面倒なものを求めない。そして雇う側も、そういう作業を淡々着々とサボらずやってくれる労働者を求めている。
今や厳しい肉体労働は建設現場以外では多くない。まじめで、“先が見えないとか言ってすぐにやめてしまう”こともない高齢者は、多くの職場で、若者より圧倒的に“好ましい労働者”であると判断され始めている。

(3)高齢者は長年の職業訓練により、社会スキルが高い

高齢者派遣の会社に登録している人の多くが、企業で正社員として40年もの職業訓練を受けている。番組で出て来た例でも60代の人がガス会社のアンケート調査員として働いていたが、初日から何の問題もなく仕事をこなしていて、“指導役”として付けられた31歳の社員が驚いていた。
その人はもともと技術者で営業職ではなかった。それでもアンケートを依頼する際の話法はとても自然でスムーズで、かつ信頼感に溢れており上手だった。たとえ技術者でも40年勤め上げた人の持っているコミュニケーションスキルはこういうレベルなんだ、とちきりんも感心した。
こういう“顧客とのスムーズな話し方”を“トレーニングで、若者に習得させる”となると、教える方の手間と時間も膨大だ。客を怒らせてトラブルになったりしたら元も子もない。そういう仕事をほとんどなんの指示もしなくても、“再就職1日目”から難なくこなせる高齢労働者が、派遣市場に流入してきているのだ。雇う側の選択は明らかだ。

それはミシンの内職のケースでも同じだった。服飾学校に通う(その中でもスキルの高い)若い専門学校生が10分かかる作業を、内職の高齢主婦は2分以内で仕上げてしまう。しかも、仕事の指示は口頭で数分で理解する。「こんな感じに縫って欲しい」と言うだけだ。若い子に、もしくは、中国人の作業者にやらせようとすると、詳細な縫製指示書が必要になる。この手間だけでも依頼側のコストは圧倒的に少なくて済む。
長期間、正社員として企業社会で実地職業訓練を受けてきた高齢者の社会スキルは、非常に高いのだ。若者を雇うと企業に多大な負担となるトレーニングや指示コストが不要なほどに・・。(かくして若者が実地訓練を受ける機会は益々少なくなる)

(4)客側も高齢者ばっかりになる

昔は女性には購買力がなかった。だから企業側も男性社会でよかった。今は女性も消費の半分を担う。企業側も女性を活用することが必要になる。同じことが高齢化社会でも起っている。
上記のアンケート調査員もそうだし、ファーストフード店や小売り業の売り子さんだってそうだ。これからは客側も多くが高齢者になっていく。ファーストフード店のカタカナメニューのオーダーにもたもたしてしまう高齢の客にとって、悪気はなくても、なんでそんなことでもたつくのか理解もできない若い店員と、自分も同じ戸惑いを感じたことのある高齢の店員では、どちらが「客をリピーターにさせられる接客スキル」を発揮できるか、結果としてどちらの売上がよくなりそうか、結構あきらかだ。

加えて、上記に紹介した「高齢社」を起業したのも高齢者、というのがまた注目点だ。ちきりんも以前に「高齢者市場にはすごい大きなポテンシャルがある。しかし若者にはそのニーズが理解できないからビジネスチャンスをものにできていない。」と書いた。(文末にリンクあり)
しかし今、それを体験的に理解できる高齢者が自ら起業を始めている。派遣社員や内職の担い手として働く高齢者だけではなく、社会の隠れたニーズを掘り起こし、リーダーシップを発揮して起業をする人まで“高齢者”になりつつある、のだ。

しかもこれらの高齢者は遊び気分で働いているわけではない。60歳の定年を無制限に延長できるほどの余裕は、もう日本企業にはない。すると大企業の“正社員”定年退職者は、年金支給が始まるまでのつなぎとして、かつ、年金への追加収入を得るために、「派遣でも内職でもいいから働き続ける」という道を選ぶ。これからも働く必要のある高齢者がどんどん労働市場にでてくるのだ。
彼らはたとえ退屈な仕事でも、若者よりも圧倒的にまじめに取り組む。月10万円の低賃金でも、年金もあるし、文句を言わない。正社員として長年にわたり受けてきた職業訓練は、育成費用さえコスト削減したい雇用主にとって非常に魅力的だ。その上、今後は消費者の大半が高齢者になるのだから、そもそもその気持ちがわからない若者を雇う必要がどこにある?

近年は「中高年正社員の雇用を守るため、若者が派遣社員に追いやられている」とか、「大学生の就職氷河期」と言われているが、「若者が正社員になれない」などという贅沢な悩みが喧伝されるのはもうあと数年だけかもしれない。
なぜならこれからは若者は、正社員市場どころか、派遣社員や内職、アルバイト市場からさえ、高齢者の進出によって閉め出されてしまうかもしれないのだから。

今は「若い間は派遣でもなんでもできるけど、年をとった時に困るから正社員になっておくべき」という話だが、もうこれからは「若い間は派遣でもなんでもできる」という部分さえ、成り立たなくなってくる可能性がある。正社員、非正規社員含めて、労働市場は、高齢者の、高齢者による、高齢者のための市場となるのかも!

というわけで、


本日のちきりんの結論   → 若者、アウト!


そんじゃーね!



<高齢者ビジネスに関する過去エントリ>




iPhoneからの投稿

篠田麻里子

AKB48の中じゃ、篠田が一番好きなのに。

社長の愛人なのか。


博多の中洲のキャバクラはレベルが高く。


博多で学会がある時は、製薬会社のMRに良く連れていって貰う。


可愛い子が多くて、思わず博多の病院に転職しようかと思ったぐらい。


でも本当に可愛い子は皆東京に来ちゃうんだね。


寿司屋のネタと同じだ。


AKB48のスキャンダルが法廷闘争か?


dd7a63f5.jpg


 AKBファンにとっては衝撃的な記事が今週発売の「週刊文春」に掲載された。

 人気メンバーの篠田麻里子とAKB48の運営会社・AKSの社長のX氏との“不適切な関係”にあるというのだ。
 「記事によると、X社長はお気に入りのメンバー何人かをまるで“喜び組”のような状態。その中でも篠田は福岡のキャバクラで働いていた際にK社長と知り合って上京。高級マンションの部屋を貸し与えられ、X社長名義のクレジットカード持たされているそうだ」(スポーツ紙記者)
 この記事を後追いしたのは「東京スポーツ」ぐらいで、他のメディアは一切後追いせず。
 「篠田は藤原紀香と同じ事務所に所属。同事務所は芸能界でもかなり力があるので、“火消し”するのは簡単だった。何よりも、AKSが後追いしようとしたメディアに『事実無根。法的措置も検討』とコメントしたので、後追い記事は『東スポ』しか出なかった」(ワイドショー関係者)

 AKSは10日、公式ブログで同誌の記事について「タイトルおよび内容にいたるまで事実無根」、「顧問弁護士と法的手段を取るべく準備しております」とコメント。法廷闘争に発展しそうな勢いなのだが…。
 「訴訟をするにあたり、双方とも数々の証拠を提出しなければならない。たとえば、証人として出廷したAKBの元メンバーが法廷でX社長と他のメンバーの関係を暴露するとか、あまりAKB側にとって法廷闘争に持ち込むメリットはないのでは。とにかく、このような話が出てしまった時点で、篠田の人気がダウンすることは避けられない。ただ、篠田の仕事には影響が全くない」(テレビ関係者)
 今後の展開が注目される。


2,3ヶ月に一足は潰してます

好きなスポーツメーカー ブログネタ:好きなスポーツメーカー 参加中

私はナイキ派!

本文はここから
毎日、熱があっても、仕事が忙しくても、飲み会があっても。

仕事を抜け出しても、スポーツクラブで運動しています。

毎日のことですから、運動靴も2.3ヶ月で壊れてしまいます。

膝にも優しく、値段的にもコストパフォーマンスが一番良いのは、ナイキです。

次はアディダス。




好きなスポーツメーカーは?
  • アディダス
  • アシックス
  • ナイキ
  • プーマ
  • コンバース
  • ミズノ
  • その他

気になる投票結果は!?


初めから無理な合併だった

どのように考えても。


サントリーの方が悪い。


サントリーは上場企業じゃないんだから、その辺のところがクリアー出来て初めて合併の話になる。


社風が違うので、サントリーの社員も、キリンの社員も。


実はホットしているのではないかな。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000557-san-bus_all


《加藤社長の発言が終わり、質疑応答が始まる》
−−破談にいたったのは、統合比率の問題か

 加藤社長「まぁ何故、交渉が終了することになったか、繰り返しになるが、説明したい。今まぁ、統合比率とかあったが、さまざまな点で合意にいたらなかった。当社としては、統合新会社が国内外の株主、社員、お客さまなどすべてのステークホルダーから、公開会社として経営の透明性、独立性を担保したグローバルリーディングカンパニーに賛同してもらうことが交渉の基本中の基本として交渉してきた。しかし、さまざまな点で合意にいたらなかった。統合比率の質問があったが、基本的には、交渉の守秘義務契約があって、詳細については、お答えできないことはご理解頂きたいが、統合比率について説明できる点を話します」

  [表で見る]キリンをけん制? サントリー、キリンの最近の海外M&A

 「統合比率の数字はいろいろ報道されて、私も見ているが、この数字は、両社が持つ事業会社を精査して、その結果を踏まえて、一つ一つ評価して、トータルとしての経済価値を考えたうえで、出した。(サントリーに約9割を出資する大株主の)寿不動産の持ち株比率を3分の1未満にするこことを目論んだ提案ではないことはご理解頂きたい」

−−今ほどおっしゃった、統合後の独立性、透明性が担保されないというのは、サントリーが非上場を求めたという意味合いか。統合比率は3分の1未満を目論んだわけではないといったが、寿不動産の3分の1をよしとしたのか

 加藤社長「ええとまぁ、冒頭説明したが、新会社は公開会社を考えていた。2点目については3分の1ですか、こういうあの、3分の1どうのこうのという点より、むしろ、この会社の経営のあり方について、さまざまな価値についてです。交渉の守秘義務が契約としてあり、ご勘弁頂きたい」

−−透明性担保の意味が分からない

 加藤社長「公開会社としてやっていく中で、透明性、あるいは、独立性について、中味は、なかなか、先ほどらい同じことを言っているが、、交渉内容、推移については、いろいろ契約上、申し上げられないが、みなさん、だいたい独立性、透明性について説明すれば理解頂けるのではないか」

−−キリンとサントリーのリリース見ると、両社の理由が若干違うが、御社の方とサントリーの側で合意にいたらなかった理由が違うので、その点はどうか

 加藤社長「そうですね。両社のリリースが出て、表現が若干違うが、新しい統合新会社の経営をどうするか。合意に至らなかったという風に理解頂きたい」

−−グローバル市場に出る夢は同じだが

 加藤社長「当初から、両社が、一緒になることで、先ほどから言っているが、お客さま、株主、従業員にとって、魅力的なことではないかという思いは現在も持っている。統合した新会社が公開会社として、どういう風にやるかについて、残念ながら合意にいたらなかった」

−−株主と経営が切り離されるべきか

 加藤社長「経営の独立性はということでは、これはご指摘の通りだと思う。われわれも昨年6月ごろに交渉を始めたが、当然ながら、サントリーとは、交渉開始時には、さまざまな点については、交渉を続ける前提として合意していた」

−−合意したものが、どの時点で風向きが変わったのか

 加藤社長「風向きという表現がいいのか。交渉進めていくうちに、それとは異なった要望や見解が出されて、双方、真摯に誠実に協議したが、溝が埋まらないということで、交渉は終了した」


29.8パーセント

十分でしょう。


29.8%なら。

僕は映画館に観に行きましたが、ポニョは可愛かったですよ。




9fc4e362.jpg


http://www.cyzo.com/2010/02/post_3823.html


 5日、『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送されたアニメ映画『崖の上のポニョ』の視聴率が、29.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ/以下同)だったことが分かった。

 テレビ不況、視聴率の低下が叫ばれる昨今のテレビ業界においては上々の数字だが、この視聴率に日本テレビ局内のスタッフは真っ青になっているという。

「国民的アニメの地上波初登場ですからね。連日の番宣に加えて、直前には特番までオンエアするなど、日テレは今回の放送に万全を期していました。劇場公開からまだ1年半ですし、局内での目標は40%越え。少なくとも35%は堅いと見られていましたから、30%割れという数字は『まさか』ですよ」(日本テレビ関係者)

 ちなみに歴代ジブリ作品の地上波初登場時の視聴率は、03年の『千と千尋の神隠し』がもっとも高く、46.9%。99年の『もののけ姫』が35.1%で2位。3位は06年『ハウルの動く城』で32.9%となっている。今回の『ポニョ』はこれに次ぐ数字だが、目論みの外れた日テレ宣伝部はすっかり意気消沈しているという。

「今回、アカデミー賞のノミネートから漏れたことも痛かったですし、『地上波登場』の告知をスポーツ報知だけに抜かせて(スクープさせて)、他紙の反感を買ったのも逆効果でしたね」(同)

 裏番組で『剣客商売』(フジテレビ系)が14%と大健闘。これを受けて日テレ局内では早くも「みんな『剣客』を見て、『ポニョ』は録画していたのでは?」などという言い訳が聞こえているというが......。


東京ルール

今日の外来で、紹介状を持って撓骨遠位端骨折(手首)の患者さんがやってきた。


東京ルールとは。


http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kyuukyuu/tokyorule/index.html


簡単に言えば、救急隊が患者を病院に連れて行く時に。


病院が見つからなかったら、有無を言わさず区が違っても大学病院などの大きな病院に運搬するって制度です。


そのような地域救急医療センターには、迷惑代として税金が投入されているのでしょうけど。


そのように時間外医療を支えてり先生たちには、本当に頭が下がる気持ちで一杯ですが。


僕がビックリしたのは。


地域医療救急センターで、その患者を診察した医者は整形外科医ではありませんでした。


大学病院でも、分院と言われるような所は整形外科の医者の当直医を毎日配置することが出来なくなってるのですね。


東京でさえ、この有り様。


たぶん、地方はほぼ壊滅状態なんでしょう。


自然と同じで、一度壊すと回復することは非常に困難です。


それが今の現実の医療現場だと思います。


不毛地帯


8b6caf4e.jpg


建国記念日に何もすることがなく、録画していた不毛地帯を。


第1話から第12話まで続けてみてしまった。


このドラマのモデルと言われている伊藤忠商事 の元会長瀬島龍三 が、伝説の一人なので。


いつかは小説を読んでみようと思っていました。


でもって、12話まで見た感想は。


今の若い人や、女性にはこのドラマ自体を理解出来ないのではないかと思った


陸軍大学校というのが、今の東大法学部以上のエリートであること。

昔の軍隊では、陸軍大学校を首席で卒業することが意味を持っていたこと。

(今の東大法学部を首席卒業が、成功を約束するわけではないこととは大違い)


外来にいつもシベリア抑留時代の話をする患者さんがいます。


彼が言う言葉。


抑留されたのが、30代以上の人は殆どがシベリアで死んでしまったと。


鮫島が本当に強制労働をしていたかは、疑問が残ること。


実際は、通訳などの仕事だったんじゃないかと思います。


テレビの中の、唐沢寿明演じる壹岐の仕事の成功の大部分は。彼の頭脳に基づくものでなく。


陸軍大学校時代の人脈に基づくもので。


彼は優秀でも何でもかなったのではないかという疑問が残る。


でも、ドラマとしたら面白いですけどね






教育システムの全てが間違っているわけではない

受験勉強の一番の意味は、競争にあります。


この松本って馬鹿は、人的資本論とシグナリング論を理解していない。


適性のない人間をどんな理想的な教育を施しても。


決して一人前にはなりません。


中学受験などの為の勉強は、将来日本のリーダーになるべき層への教育。


義務教育としての学校は、底辺の人間の底上げにその意味がある。


それが並列していることが、日本の強さで。


馬鹿ばかりのイタリア人に批難される問題じゃない。




http://agora-web.jp/archives/915751.html


今日、日本に住んで長くなるイタリア人の友人と食事をしましたが、彼は、中学を受験しているご子息のことで深刻に悩んでいました。この人はお父さんの代から学者だった教養人で、イタリアで知りあった日本人の奥さんは日本の某超一流大学の準教授です。そういうご夫婦ですから、息子さんを「中高一貫教育をしてくれる良い中学校」に入れたかったのですが、うまくいっていません。それもその筈、「子供を塾などに通わせるのは間違っている」という考えから、塾に通わせるなどの受験の準備は、全くやっていなかったからです。

このご夫婦には息子さんが二人いますが、日本が長いので、二人とも日本語は普通に出来ます。イタリア人の血が流れているからか、サッカーが大好きで、音楽も大好きです。家では両親はイタリア語で話しているので、イタリア語もある程度出来ます。闊達でハンサムな愛すべき少年達なのですが、おそらく受験勉強は好きではなかったのでしょう。

そもそも、生まれつき受験勉強の好きな子供達などはあまりいるとは思えませんが、親達が「受験勉強をするのが当然」と考えていれば、当人達も自然にそう考えるようになるでしょう。塾に通っていれば、そこで友人も出来、それなりに「受験勉強」というものにも興味が出てくるのだと思います。日本の親達でも、まともな人達なら、今の受験勉強のあり方や「塾通い」がよいことだと、本気で考えている人はあまりいないでしょうが、「子供達の将来の為を考えると、仕方ない」と思って、やらせているに違いありません。

しかし、外国人は、日本人ほど簡単に「仕方ない」とは考えません。「絶対に間違っている」と思うのです。そう思ってみたところで、それを変えることは出来ませんが、だからと言って、自分が「間違っている」と考えることを子供達に強い、好きなサッカーをやる時間まで削らせるなどということは、とても出来ないのです。

だから、塾などには行かせなかったのです。しかし、実際に受験となると、その咎を受けるのはどうしようもありません。そして、今、このご夫婦は、「塾に行かせなかったのは本当に正しかったのか?」と、真剣に悩んでいるのです。

彼等と話しているうちに、私も、考えれば考える程、日本の「塾システム」の馬鹿々々しさに気分が滅入ってきました。このイタリア人の友人は、「負け惜しみで言うのではないけど、こういうシステムで教育された日本の若者の『国際社会での競争力』は、必ず落ちていくと思うよ」と言っていましたが、私もそう思います。

日本の塾システムは、学校でやっているのと同じ教科を、ほぼ同じ目的で、並行して教えるシステムです。欧米人には、これは全く理解できません。もし本当にそれが必要なのなら、「現在の学校での教育は有効に出来ていない」ということなのですから、「それなら、学校での教え方そのものを変えなければならない」と考えるのが当然だからです。

「学校で教えない教科を教える為の特殊な塾がある」というのなら分かります。高校が終わってから、ストレートに入れなかった大学を受験する為の「進学予備校」があるというのも、勿論理解できます。しかし、「小学校の時から、上級の学校に行くための特殊教育を、普通の学校教育と並行して受けなければならない」というシステムは、彼等にはどうにも理解できない代物である筈です。「crazyと言う以外にどう言えばよいのか?」と、彼等は心の中できっと考えていることでしょう。

最近の入試がどんなものなのかについては、私は殆ど何も知りませんが、恐らくは、それぞれの学校が、「どうすれば不合格者をふるい落とせるか」について智恵を絞っているのではないでしょうか? こうなると、幾つかの「トリッキーな問題」が受験生の運命を決めることになりますから、受験生側としても、そういう問題に対する対策がなければならないことになります。

私は、幸いにして、これまでの生涯で「試験に落ちる」という憂き目にはあまり会ったことはありませんでしたが、一度だけ落ちたことがあります。それは、大学生の時に受けた自動車の普通免許の筆記試験でした。

実地試験はともかく、筆記試験については、私は全く楽観視していましたが、それでも「法規」と「機構」の両方の分厚い参考書を買ってきて、それを読破、試験の直前にも或る程度のおさらいをして、自信を持って試験会場に行ったのです。それなのに敢無く不合格、私は「何故だー!」と頭をかきむしりました。

しかし、その理由はすぐに分かりました。この頃の自動車免許の筆記試験には、受験生の間では有名な、幾つかの「引っ掛け質問」があり、私はまんまとその全てに引っかかってしまったのです。受験生の間の常識は、この様な「引っ掛け質問」の全てを網羅した「問題集」を買って、単純に「この答を覚えておく」ことであり、それ以外の勉強は実は一切要らなかったのですが、「まさか筆記試験で落ちることはないだろう」とタカを括っていた私は、そんなことさえ知らなかったというわけです。

しかし、その時の私は、「交通法規」についても「自動車の基本的な構造」についても、さっさと合格した普通の人達より、本当は余程よく分かっていた筈です。つまり、「引っ掛け質問に対する対応力」が問われるのではなく、「幅広い知識」が問われるような本当の競争の場になれば、私の方が本当は実力があった筈なのです。

私にはこういう経験もありました。

私が、以前に、技術開発力では超一流と折り紙のついていたアメリカの会社(クアルコム)の日本法人の社長をしていた時に、本社の技術標準化部門の長だったアメリカ人の友人が「博士号を持つ日本人の若い技術者を雇ってみたい」と言うので、東京大学の先生に紹介してもらって、ちょうど博士号を取ったばかりの一人の学生に面接を受けてもらうことになりました。

面接と言っても、アメリカまで出かけていくのはお金もかかって無理なので、電話での口頭試問で勘弁してもらうことにし、更に「英語が聞き取り難い日本人には電話での口頭試問は不利だ」と主張して、事前に質問事項を送ってもらいました。質問は全部で10項目あり、全て2―3行の長さです。特に専門的な言葉はそんなに多くは使われていませんでした。

勿論、私にはちんぷんかんぷんでしたが、驚いたことに、この質問表をこの学生さんに見せたところ、彼の顔色が段々悪くなり、「口頭試問は受けません」と言うではありませんか。理由は単純で「合格する自信が全くない」ということでした。

私は早速アメリカ本社に電話をして、友人にその旨伝えると、彼は首をひねり、こう言いました。

「何故なんだ? 受けるだけ受けてみたらいいじゃあないか。もともと、あの質問には『正解』なんていうものはない。何かについての知識を問うているわけでもない。自分は、相手との会話の中から、『基本的な物の考え方』とか、『論理の筋道の立て方』、『問題解決への方策の探し方』、更には『人間性』等を感じ取ろうとしているのだ。博士レベルの人間を採用する時にはいつもやっていることだし、現実に後の仕事ぶりを見ていると、このやり方を通して私が判断したことが、概ね正しかったことも証明されている。」

私は「成る程」と思い、この学生さんにそのまま伝えましたが、残念ながら、彼の考えは全く変わりませんでした。「自信がない」の一辺倒で、「そういうことが問われる世界には入って行きたくない」という気持すら感じ取れました。

さて、色々なことを考えているうちに、私の考えは、目の前にいる私の友人の子供である、日伊混血の可哀想な少年のことから、日本人の若者全体の将来のことに広がりました。何も知らずに、「塾システム」に象徴されるような「日本の奇妙な教育システム」の中にどっぷり漬かっていく日本の若者達の方が、実はもっと可哀想なのだと思えてきたのです。

私がイタリア人の友人にしたアドバイスは、「日本の基準での優等生になることを息子さんに求めるのは意味がない。日本(更に出来れば、中国、韓国を含めた「東洋」)と欧州の両方の文化(価値観)を理解する人間になることを目指せば、そういう人間を求める仕事に将来必ず出会える筈だ」ということでしたが、それでは、そういう人間を育てられる場がどこにあるのかと問われれば、口をつぐまざるを得ませんでした。しかし、それは、そのまま、日本の若者達の為にも答えてやらなければならない問いだったのだと思います。

画一的な価値観ではなく、多様な価値観に支えられた教育。それぞれの人間の多種多様な興味を尊重し、それを育てていくような教育。表面的なものではなく、真に自らが誇れる「実力(競争力)」を身につけられる教育。そういう教育こそを、日本の若者達の為に、我々はこれから作り出していかなければならないのではないでしょうか。

私には三人の子供達がいますが、私は彼等に財産を残すつもりはありません。しかし、ちゃんとした高等教育だけは受けさすことが出来ました。「借金も残さないだろうし、老後の面倒を見てくれと言うつもりもないから、これだけで、十分親としての責任は果たしたことになるだろう」と思っています。しかし、日本人の一人として考えた時、我々は本当に次世代の人達に対する責任を果たしていると言えるのでしょうか?

我々の世代は、若い人達に対して、実は「問題だらけの教育」しか与えてやれておらず、しかもその一方で、厖大な借金を残していこうとしているのです。今のままでは、彼等の能力が、近隣諸国の人達の能力に比べて、将来とも競争力を持てるという保証は全くありません。彼等の生活水準が、近隣諸国の生活水準と比べて、より高いものであり続けるという保証もありません。これは、我々としては、何とも情けなく、恥ずかしいことではないでしょうか。

教育の改革は、特に火急の問題だと思います。文部科学省も、日教組も、教育システムを現在のような形にしてきた当事者ですから、あまり信用するわけにはいきません。日教組出身の興石さんが「陰の実力者ナンバー2」だといわれている民主党に、全てを委ねているわけにも行きません。

民主党が高校の無料化を実現してくれたとしても、こうして高校を出た若者達は、その後どこに行くのでしょうか? 大学以上の教育を受けることはあきらめ、民主党が守ってくれそうな「きちんとして労働組合」のある大企業の正社員になることもあきらめ、労使を問わぬ「既得権者」から容赦なく切り捨てられる不安定な立場で、一生を暮らさなければならないのでしょうか? それとも、無料化にしてもらった高校の授業料をはるかに超えるお金を、塾や予備校に支払って、日本の雇用システムと昇進システムの中で、うまく立ち回っていく道を選ぶのでしょうか?

日本は鎖国しているわけではなく、これからも鎖国することはないでしょう。そうであるなら、国債の評価も、ビジネスも、教育システムも、全てを諸外国の状況と比較し、競争力のあるものにしていかなければなりません。文部科学省も、日教組も、民主党も頼りにならないとなれば、このことに危機感を抱く人達が声を上げて、どこかで突破口を開くしかないと思います

迷いとは

西川史子、独身最後のトークショーで「迷いはなかった」と本音吐露
医師でタレントの西川史子が2月9日、都内で行われた米映画「バレンタインデー」の特別試写会に出席し、ト..........≪続きを読む≫


選択肢があるときに生じる。


西川先生に、選択肢があったとは思えず。


迷いはないことは、言われないでも分かるって。


テレビの西川先生は、作ったキャラ 分かってますが。


皆心配していたと思いますよ。


上手く在庫整理が出来て何よりです。





世代間格差

公務員、団体職員、医師は老後に不安をあまり感じず
 楽天リサーチが、全国の20歳から69歳の男女を対象に実施した、老後の生活資金に関するインターネット..........≪続きを読む≫


今の日本における最大の問題点の一つは。


世代間格差だと思ってます。


公務員、団体職員、医師など税金でその給料が成り立っている職業は安定していて。

それ以外は不安定。


そのような職業間格差はあるでしょう。


しかし、職業間格差は世代間格差に比べれば微々たるものです。



ベタとは

てっきり、mixiの足跡のことかと思ってました。

でも、ベタとは。

犬が電柱にするオシッコ。
つまり,マーキングの事なんですね。

ビックリした。


mixiで、34万ヒットして。

色々問題があったのか、アカウントが削除されちゃったからな。(ノ_・。)

僕自身は理由は不明ですが。

今は、amebaの練習中です。

面白いブログ書きますよ

是非,今後も遊びに来てください。

招待制と言っても有名無実

mixiが登録制に 「友達いない俺も始められる」の声
 mixiが今年3月から登録制になる見通しである。今月5日に行われた決算会議において笠原健治社長は、..........≪続きを読む≫

mixiを、ネットで全然知らない人から招待してもらって俺も始めたけど。

登録制を導入することは当然のこと。


だって、同じことだから。


HSBC



本文はここから


興味がある方は是非参加してください。


You can&amp;#39;t have everything

先輩や上司に言われて感動した『ひとこと』教えて? ブログネタ:先輩や上司に言われて感動した『ひとこと』教えて? 参加中
本文はここから



「INVICTUS/負けざる者たち」公式サイト
script_AF55,http://stat100.ameba.jp/blog/js/apmse_001.js?t_e1=c0099&t_e2=i14&t_e3=f0000

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=wts52qg75nW:bhbV:Nh:ce:xu934xjfrgOIff7/xmLbjhcTSigKJUd:Dx_G:xk:OS:VHI8UDFPi9QHhhckOmiMq/


全てを手に入れる事は出来ないと。


仕事が忙しくて、彼女のことをあまりかまってあげることが出来ず。


結局、別れてしまったときに。


先輩から言われた言葉が今でも頭に残っています。


仕事と家庭。


報酬とやり甲斐。


色々な状況でもこの言葉の輝きを実感してます。


今仕事中

まだ使い方が良く分からない。
(^_^;)

一応、トップの写真を変えてみた。

イタリアの空港で飲んだビールです。ペタしてね

練習中です。

本日、2回目の練習


初めてのアメブロ

まずは練習として。


楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ