整形外科医のゆるいブログ

一応,現役の医者です。 ユルイ日記ですが。 ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク。

2010年08月

既得権益を手放せと言うことは

貧乏人が金持ちに金をよこせと言っているのと同じである。


金持ちは貧乏人に金を渡すわけがない。


全力で抵抗するに決まってる。


それでも貧乏人が,金を取ろうと思ったら奪い取るしかないよね。


既得権を持っている人間が,その既得権を全力で守ることは合理的な行動である。


老人は、若年層が何十年後に塗炭の苦しみを味わおうが。

今の年金制度を、年金の減額なく,持続可能性がない形でも継続させることが最も合理的な行動。

そのうちに破綻してもね。


中高年の正規社員は、この既得権益を守るために。

新卒者の人生が変わろうが、その為に若者が結婚も出来ず日本国の持続可能性がなくなろうが。

今の正規社員の解雇条件の厳しさを維持することが最も合理的な行動である。

新卒者の採用を景気の調節弁にする事を,知らない振りをすることが最も合理的な行動である。


官僚の持っている既得権益を。

全知全能をかけて守るために、日本国の国益を顧みず抵抗することは。

彼らに取っては最も合理的な行動である。



32f512fb.jpg


この解雇解禁で、新卒者が正規社員になれないのは既得権益をもった中高年の正規社員の為だっと言って。

若年層が団結することは可能でしょう。


でも、既得権益をもった正規社員の方は。

そうですか。公平の観点からも僕たちを首にしてくださいとは言わないよね。


中国の台頭と日本経済

http://agora-web.jp/archives/1082125.html

要するに、スクラップもビルドもできていないから、産業構造は一向に高度化しないままである。それゆえ、米国経済のようなタイプの復活は、いまのところの日本経済には全く望めない。日本経済が歩んでいるのは、「日本の人件費も、どんどんアジア化していくという道」 でしかないように思われる。アジア諸国に追いつかれ、その中に埋没していくということだろう。


スクラップ&ビルドしないことが、既得権益をもった正社員の最も利益になるんだからさ。

日本を徐々に衰退化させることが、正規社員にとっては最も合理的な行動。


その後、給料がアジア並になってもその時には、俺達は年金生活だしって思ってるわけだから。


日本はもう駄目だけど。


韓国のようにデフォルトを起こして、IMFが介入する形にはならない。

徐々に衰退していく。


知力のない若者は、中国に出稼ぎに行き肉体労働に従事して。

若さと体しか売るものがない女性は、当然売春をして生きていく。


それは別に悲観することでもなく、日本が普通の国になるだけの話。


今のフィリピンとか,昔の中国みたいなもの。

韓国なんか今も昔も売春は基幹産業だしね。


安易に生活保護になれば良いとか、親の年金を当てにするとか。


そういう人生プランだと、多分本当に野垂れ死にするよ。


野垂れ死にしないためには、奪い取るしかないんだよ。



河中あい妊娠3ヶ月!袴田吉彦はデキ婚?二股疑惑の折原みかは!

http://geinou0ban.seesaa.net/article/160413296.html


折原みかが本命で、河中あいがセックスフレンドだったんでしょう。


それでもちゃんと妊娠すれば、幸せを奪い取ることが出来る。


幸せになるってことはこういう事だと思うよ。


今までの価値観では、こういう事は卑しいことだったんだろうけど。


でも、中国人やインド人は這い上がろうとして全力でくるんだからさ。


どんな手を使っても勝利をもぎ取ろうという意志がないとさ。

最後は日本の若者は全滅じゃないの。


女は体売れば良いけどさ。

(もともと専業主婦なんか,特定の相手にする売春みたいなもんだしね)

結婚相手が日本人から中国人やインド人になってもたいした差はないか。


例えば、年収300万のフリーターも。

この年収で結婚なんか出来ないと言わず、全力で子供を育てながら年収200万ぐらい稼いでくれる女性を

探して結婚して子供を作るんだよ。


そこまでして結婚したくないなんか言わず。


今なら年収300万で一人で生きていく方が気楽に思えるかもしれないけど。

でも日本は、その辺のアジア並になるんだよ。


年収300万もいつまで稼げるかわからないし、子供や妻が最期のセーフティネットになるかもしれない

じゃん。


それが生きるってことだと思うけどな。


本当はこうなる前に、小沢総理大臣に日本を改革して欲しかったんだけど。


なんかもう無理そうだからさ。


貧乏人にとって、バトル・ロワイアルが始まるよ。

頑張って。







小沢総理で決定

◇民主代表選の仕組み

 民主党代表選は2年の任期満了時に行われる場合、地方議員や党員・サポーターも投票して「ポイント」を争う。412人の国会議員には1人2ポイントを配分。地方議員には全国の党所属議員全体に100ポイントが割り当てられ、得票割合に応じてドント式で各候補に振り分ける。党員・サポーター票は300ポイントで、衆院300小選挙区ごとに投票して最多得票の候補が1ポイントを得る。今回は計1224ポイント。


選挙の神様である小沢が、代表戦に出た時点で。


票読みは終わってるだろうから、もう小沢総理で決定ですね。


僕はなんども書いてますが、小沢待望論者。


今回の選挙でキャスティングボードを握ったのはhttp://ameblo.jp/randtkikaku/day-20100712.html

でも、政権交代前のあの期待感は完全になくなった。

小沢が辣腕をふるい、閉塞感満点の日本を改革してくれる。

僕自身は既得権益側の人間だけど。

ドンドン不公平な国になってくる

http://ameblo.jp/randtkikaku/entry-10625995264.html

で書いたように。

世代格差がなく、本人の努力によって出世する。

そういう世界中が憧れる国にして欲しかったんですが。

今回の総理大臣就任も。

ワールドカップで、不調の中村俊輔が。

二戦目に、お情けで出場したように。

総理大臣になるのが目的で、何かの目的のために総理大臣になるって感じじゃないな。

もう小沢の時代じゃないんだよな。

日本が置かれているポジションは。

どう考えてもジリ貧。

リセットする人間は、やっぱり小沢世代の老人でなく。

30代、40代かな。


エリート教育の嘘

戦後,日本にエリートなんか存在しないよね。


エリートはもともとラテン語 で「神に選ばれた者」のことを指す。神に選ばれるというのはキリストに代表されるように、他人のために死ぬ用意ができているということであり「自分の利害得失と関係なく他人や物事のために尽くせる人」を意味する。即ち、ラテン語でのエリートとは「人」について使う言葉であって、地位階級 に使う言葉ではない。

http://bit.ly/9NURis


分かりやすく女性で例えると。


ブス、普通の女、美人、アイドル(AKB48みたいのでなく吉永小百合の若い時みたいな感じ)と分類するば。


ブス,普通の女、美人は顔のランクだけど、アイドルはその序列に乗ってませんよね。


高卒,大卒、東大卒,エリート。


高卒,大卒、東大卒は学歴のランクだけど、エリートはその序列の最高峰にランクするものでなく別次元のものだよね。


別の表現で言えば、オーナー企業の創業者の子弟は。

高卒,大卒、東大卒とは別経路で,その企業を継ぐようなもの。


大卒と東大卒はその序列が入れ替わることもあるけど、創業者の子弟と入れ替わることがない。


エリートと言っても国によってぜんぜん違う。


フランスの場合は。グランゼコール。

http://blog2.fideli.com/education/archive/2/0


ドイツでも、12歳の時にギムナジウムという進学校に入学しないと大学にはいけない。

http://bit.ly/cTO7n0


アメリカの場合も、日本と違ってエリートは金持ちから選ばれます。

http://bit.ly/drpEE4


日本にはエリートなんか、いないんだよ。

勿論,組織だからその序列はありますが。


他の国は早期に選抜することか、シグナリングとして名門家かどうかを使うことによって。


エリートとは別物って感じを、エリート本人に与えている。

だから、ノブレス・オブリージュってのが生まれる。


日本の場合、東大卒も僕もそうだけど医者なんかも。

ノブレス・オブリージュなんか持ち合わせてる人間はひとりもいないよ。


ブスより美人が良い生活をすることが当たり前のように、官僚は庶民より自分たちの方が良い生活をしてあたり

前と思っているだけ。


日本は妬み社会だから、そんなことを口に出す人間はいないけど。


でもそれは日本国自身が選んだ戦術だからな。


サッカーで言えば、強力なリーダーシップを取るMFがゲームメイクをするのではなく。

全員サッカー。


大学進学率が5割。

偏差値50以下の大学に行く人間に、大学教育を受ける資格がある?

ドイツなら、12歳でアンタは無理って選抜されているよ。

つまり、元々見込みもない人間にも夢と希望を大学卒業まで与えることで、全体のレベルをアップする戦術なんだよ。


企業に就職しても、三流大学卒も東大卒も。

40歳代ぐらいまでは、差がなく出世していく。

はじめから社長になれる可能性があるかは決まってるんだけど、差をつけないことによって全体のレベルを維持する。


それが日本が選んだ戦術。


だから、今の日本のようにリーダーシップを取らないとドンドン国力が落ちていくような状態になったのなら。

その状態に持ってきた状態で負けなんだよ。


日本が調子良かったときは、誰のおかげで日本は成長したって話はなかった。

駄目になった時だけ、官僚や政治かのせいにしてもね。


ひとつの経済政策の成否の判断は迂闊に途中でやってはいけない。

http://ameblo.jp/randtkikaku/day-20100824.html


日本がシンガポールやフィンランドのような小国を、気楽に真似すれば良いのかって話で。

こんな小国は,吹けば飛ぶような国じゃんね。


日本人は、オバマやサルコジのようなリーダーが欲しいなら。


小学校を卒業時に,人生を選択されるような状況を本人も親も受け入れる覚悟がいる。

(日本人が,エリートを選ぶときに家柄などによるシグナリングを受け入れることは絶対にないだろうからさ)


ドイツ,フランス型のエリート像。


多分、それも無理でしょう。


日本は日本にしかなれないんだなって思う。


もう二度と日は昇らない。


悲しいけど、今までが異常に良かったんだよね。


AKB48のブスがアイドルになるようなラッキーの連続。


日本が落ちても、虚像が剥がれただけだし。


元のブスの生活が戻ったと思えば。

一瞬でも良い夢を見れただけでも、日本という国は幸せだよね。


一時期は、ジャパンアズナンバーワン。

アメリカを抜くのかってところまで昇ったんだから。


日本の未来を予想すれば、落ちてもホリエモン。








ひとつの経済政策の成否の判断は迂闊に途中でやってはいけない。

他人のブログですが,秀逸なのでアレンジして。


経済の問題も、政治の問題も、教育の問題も,医療の問題も。


結局,同じ。

成否の判断は迂闊に途中でやってはいけない。


フィンランド、米誌評価に「自殺多いのに・・・」

http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20100823-3.html


 【ロンドン=有賀信彦】米誌ニューズウィークが世界最高の国に北欧の小国フィンランドを選んだ。同国民の多くは喜びつつも、「マイナス要素もたくさんあるのに」と戸惑っている。英紙ガーディアンなどが報じた。

 フィンランドのジャーナリスト、ティモ・ハラッカさんは同紙への寄稿で「冬は暗く寒く、自殺やうつ、アルコール依存症の割合が高いのに、今回、それらをどう評価したのか。多くのフィンランド人が抵抗を感じた」と指摘。実際、世界保健機関(WHO)が2009年に発表した同国の自殺率は人口10万人当たり18.9人と世界的にも高く、深刻な社会問題だ。

 同誌の評価の指標には自殺率はなく、教育、医療サービス、生活の質、経済競争力、政治的環境の観点から総合評価した。

 ハラッカさんは単独指標としても世界一の評価を得た教育について「2007、08年には銃乱射事件が2件も学校で起き、計18人が死亡している。いいことと悪いことが極端に表れる」と述べている。

 フィンランドは08年基準で人口533万人と、日本の人口の5%にも満たない。

(2010年8月23日)


スウェーデンの破綻は平等主義、福祉主義(による教育)の限界を露呈

http://blog.katei-x.net/blog/2010/05/001056.html

この点を考える上で、北欧の中でもフィンランドとは対照的に、2000年以降の調査で成績低下傾向が鮮明なスウェーデンを見てみると、北欧教育をもう一歩突っ込んで考えられるように思います。

あまり知られていないですが実は、(教育も含め)スウェーデンの福祉主義は破綻に瀕している。財政の悪化が甚だしく、金が無いので、福祉政策が十分行えず、格差社会に突入、治安も悪化している。

世界的経済不況は、高齢者福祉および教育関係の経費節約を余儀なくされていますが、ホームレスにも容赦なくその影響を受けています。資料によると、現在ストックホルム・コミユーンには、3 100人から 3 200人のホームレスがいます。その内の約24%が女性です。これは昨年度よりも約30%の増加し、経済不況により失業者が増加したことと、比例てしているとコミューンは発表しています。リンク
スウェーデン国内の治安は、1990年代に比較すると、格段に悪化しています。銃を利用しての殺人も増加し、 殺人犯罪のみで、昨年の上半期に比較して、9%の増加です。一部の地域では、犯罪者グループ同士の闘争も増加し、例えば2007年7月22日には、19歳の青年がグループ内闘争の結果 路上で射殺されました。リンク

このよう状況で、教育にさくお金も無くなっており、レンタル扱いの教科書は使いまわしてボロボロ、僻地の学校では統廃合が急増している状況らしい。そして極めつけは、

スウェーデンの高校教員は正規職員の内、約27%の教員が無資格であることが判明、調査国では最高の数字である。これは、4人の内1教員は、資格をもたない者が高校教員として、生徒指導をしていることになる。臨時職員では、二人に一人が資格を持たなという。リンク


■PISAランキングが好調なフィンランドの教育の秘密は
フィンランドも福祉国家でありスウェーデンと同じ道をたどる恐れもありますが、現状は上手く行っているようです。改めて彼らの教育の強さの秘密は何でしょうか?

●教師はなりたい職業第1位、尊敬される存在

フィンランドの教育を語るとき、やきめ細かい面倒見や豊かな教育投資と並んであげられるのが、教師の質の高さです。フィンランドの教師は質が高く、かつ尊敬される存在なのです。

だが、フィンランドの教師は、社会的にも尊敬される社会的地位も高い職業とあって競争率が高い。1位2位を争う人気の職種で、普通科高校生の26%もの生徒が志望しているが、教育系の大学に進学できるのは、大学入学資格試験と大学が個別に行う書類選考、筆記試験(4時間)、個人面接、グループワークと一ヶ月にも及ぶ選考を通過した1割程度の志願者のみである。さらに、採用される者はそれ以上に絞られることになる。このためフィンランドでは、他の職と比べても、高い能力と意欲をもつ教師を確保することができている。リンク

では、なぜ教師が人気の職業であり、質も高いものとなっているのでしょうか。

●教育、人材の質に可能性収束する国家戦略

フィンランド文部省が公式見解の中で、「わが国は天然資源に恵まれず、人材こそ国家財産であり、人材育成に国の将来をかけている」と述べているように、教育に対する熱意と努力の度合いは極めて高い。リンク
フィンランドの人たちは自分たちの国の特徴について聞かれると「労働人口が少ない」「森林以外に資源がない」「自然がいっぱいといっても、寒さが厳しいから観光資源とはならない」とないないづくしで自嘲気味に語る。そのあとに続けて自慢げに「人もふくめて資源が少ない小国だからこそ、教育に力をいれなくてはならないと考えて、それは成功している」という。リンク

●大国の間で翻弄され、生き延びた時代

古くからスウェーデンとロシア(ソヴィエト)という二大強国の間に挟まれ常に両大国と領土を巡って争いながらも独立を保ってきたフィンランドでは、毎日が存亡の危機であり、国を安定的に存続させるために国力を高める必要性があった。19世紀の世界的な民族運動の高まりの中で牧師であったウーノ・シグネウスの提言によって国民学校法が施行。

「グローバリズムの進行によって、小国はますます厳しい競争にさらされる。国際競争のなかで勝ち残っていくためには、国民全体の教育レベルを底上げすることが必要なんだ」「所詮、人口や資源の量では太刀打ちできないのだから、一人ひとりのGDPを上げていくことが必要だ」という話が出たあとに「だからグローバル化する時代の要請に応える教育に力を入れる必要がある」と続く。リンク

「大国にはさまれた小国で、しかも歴史の浅い国が生き延びる道は、教育大国になるしかない」


国民全体が外圧を対象化し、教育の重要性を感じていいる。それが、北欧(フィンランド)の教育の質の高さの核心のようですね


ひとつの経済政策の成否の判断は迂闊に途中でやってはいけない。

ひとつのサイクルが終了して始めて正確な論評が出来るのである。
日本型の経営もバブル崩壊までは世界中で注目を浴びるものであったが、その後様々な欠点が露呈した。

アメリカが推し進めた新自由主義経済政策も、バブルが続いている間は非常に豊かな生活をもたらしたが、バブルが弾けてみれば全て多額の借金と失業として国民に襲いかかった。

欧州もEUやユーロなどの共同体バブルが発生したが、弾けてみれば酷いものだ。

北欧諸国の高福祉政策も今は良い。だが、経済が危機に陥った時にそれが今後も継続出来るかどうかは定かではない。

他人の良いところを取り入れるのは非常に良い事である。が、物事には必ず、必ず表と裏がある。メリットがあればデメリットも存在する。
徹底的に調査・分析し、その上で日本人の国民性だったり、文化風習に合うかとかの検討が必要不可欠である。

明治期初期には、それこそ国を背負って若者たちが留学し、先進国を研究し、それを元に徹底的な議論の上で優れた制度を取り入れて行った。

だが、今の日本はあまりにも物事の表層しか見ない。やるのも表層だけ取り繕ってやる。だから他国の中途半端な真似事政策は全て失敗する。

小泉改革だって、同じことを突き抜けて徹底的にやっているシンガポールであったり、アセアン諸国だったり、新興国などはリーマンショック以降も素早く立ち直っている。
既存の腐った部分を手をつけず温存しておきながら、弱い部分だけを改悪した結果、日本だけが失速している。





逆だよね

「とりあえず“ディール成立レート”まで下げます!」みたいなことして成立した取引がすべて巧く続くとは思えない。


これは逆だよね。


「とりあえず”ディール成立レート”まで下げます!」ってのを。


「絶対に”ディール成立レート”まで下げます!」


に持っていくことじゃないの。


80年代は、女性誌やフェミニズムのミスリード(出版社やフェミニストにとっては利益があったのですが)によって多くのバーンアウトした女性を生んだ。


彼女たちは、結婚をせず仕事も当時思ったようにはうまくいかず。

想像上のchikirin女史みたいなもんですかね。


彼女らは数も少ないし、元々親を含めたバックグランドが優れた人たちでしょうから。

援助はいらないことが多いけど。


でも今回起きることは違いよね。


今度、今回のchikirinの日記のミスリードで困る人達は。


低学歴で結婚しない層。

この数は凄まじい数になるし、ドンドン不公平な国になる。

http://ameblo.jp/randtkikaku/day-20100821.html

で書いたように。


彼女、それに対応する彼らは公的援助の対象になる。


そんな余力は日本にあるのかね?


2020年代:大規模な調整局面


心配しなくても、その頃の日本は壊滅的な状況になってるからさ。


日本はアジアのイタリアになるのではなくフィリピンやインドのようになってるかさ、好きとか嫌いの感情で離婚できるほど余裕はないから大丈夫。


だけど、独身だとそのまま生活保護の対象になるかもしれない。


ブサメンの年収200万のフリーターでも、それと結婚する相手が出現するまで,女性のレートを下げさせないといけない。


そんじゃね。








結婚と恋愛のレートhttp://d.hatena.ne.jp/Chikirin/

一つ前のエントリで紹介した堀井憲一郎氏の本にはユニークな洞察が満載なのだけど、中でも特におもしろかったのがこの話。

“80年代に女の子が恋愛のレートをあげて、結果としてみんな不幸になった”


堀井氏は、「80年代に女の子はお姫様になった」と指摘。お姫様は王子様が現れて、自分のために完璧なクリスマスイブを用意してくれると期待する。高級フレンチにブランドワイン、食後は一流ホテルのバーに生バンド、当然お部屋が予約してあり翌朝はルームサービス。プレゼントはティファニーの・・。

最初は(それでやらせてもらえるならと)この流れについていこうとした男性。でも数年つきあった後、90年代半ばから男性はついてこられなくなる。当然です。給与もあがらないのに続かない。

ここで女性は気がつくべきだった。こんなことしてたら、彼氏なんてできない。結婚なんてできないと。でもその時、不幸にも彼女らの前にトレンディドラマが登場した。そして言うのです。「中途半端なところで妥協する必要は全くないのよ」と。


ドラマの中では、若くして広い(しかも都心でかっこいい)部屋に住むメークアップアーティストと空間デザイナーとCMプランナーの女性が、それぞれに素敵な恋愛を楽しんでいる。彼女らは、かっこいい仕事も、それによって得られる高い給与も、恋愛も、刺激的な遊びも、なにひとつ諦めていない。全部手に入れてる。

それをみて、お姫様になった女性達は「妥協する必要はない。私らしさを諦める必要はないんだ!」と理解する。ドラマに後押しされた女性達は、男性がついてこれなくなっても諦めなくなった。

著者はこれを「女性が恋愛のレートを上げた」と呼び、このため男性は「ゲームに参加できなくなった」と言います。すばらしい洞察と言葉のセンスだよね。


というわけで、経済力のない男性は恋愛市場から閉め出されてしまった。また、「なんでここまで女性に尽くす必要があるのか」と疑問に感じた男性は勝負から降りた。

そして現実の女性についていけなくなった男性は、AVやヘアヌード、二次元に逃げた。堀井氏の分析によると、この頃からAVにめちゃめちゃかわいい子が登場して本番をするようになった。信じられなかった、こんなかわいい子がカメラの前で本番をしているなんて!・・・とのこと。

かくして圧倒的な勝ち組の男女以外は結婚できなくなり、そうでない女性はトレンディドラマの世界に、そうでない男性はヴァーチャルの世界に逃げ込んだ。


★★★


この本を読んで感じたのは、これの揺り戻しが今の“婚活”なんだなー、ということ。

今ブームの婚活の核心は、「理想を捨てて、現実を見ましょう」運動だと、ちきりんは思ってます。「最低年収は800万円は欲しいかな・・・。もちろん、20代なら600万円くらいでもいいけど」という女性に向けて、「そんな男性はいません」と認識させ、「みかけはそこそこでいいから、誠実で話がおもしろくて優しい人がいい」という女性には「そんな人で未婚の人はいません」と分からせる。これが“婚活のコア・プロセス”です。

一方で男性には、できるだけ“ついていけるレートを上げる努力”をしてもらう。「経済力がないから結婚できない」という男性には「あなたが結婚できないのはそれだけの理由ではありません」とわからせる。

わかってもらえたら次は婚活スクールで、結婚したい女性なら当然にやっている努力を、男性にもやってもらえるよう仕込む。たとえば、外見に時間とお金を使う、相手のつまらない話にもニコニコ笑顔でつきあう、“手伝う”のではなく当然の義務として家事や育児をやる覚悟とスキルくらいは、“最低限”身につけてもらう、ということ。(今回も降りてる男性はたくさんいそうですが・・)


つまり、“80年代に高騰し、90年代に高値安定してしまった女性の結婚レートを、適正レートまで下げましょう”というのが、婚活の本質なんですよね。なんとデフレ時代にぴったりのトレンドでしょう。

“出会いの機会を増やす”とかいうのも、結局は“市場のコマをできるだけたくさんみましょう。そうすれば、アナタのレートではディールが成り立たないと理解できるでしょ”ということだよね。婚活で結婚できる女性というのは、婚活1年目より2年目、2年目より3年目に“レート”を落とした勝負をした人だってことかも。(男性に関しては「女性だってレートを下げようとしてるんだから、あなたもせいいっぱい頑張って下さい!」と言われて、頑張った人、って感じ?)

★★★

で、80年代と90年代のプライシングの間違いに気がついて高値修正を始めたのが2000年代・・・と考えてると、今度は、次の10年くらいは婚活時代が続くけど、その後は“婚活世代、大量離婚の時代”になるかもね、と思えてきた。

婚活で“とにかくレートを下げて結婚しましょう!”みたいことやってると、当然に再び揺り戻しがくると思う。“ディールが成立するところまでレートを下げて売買成立!”みたいなことやって成立しても、結婚って成立したら終わりじゃないので。


女の子がお姫様になる時代より前の世代の女性でさえ、(当時は女性が単独で食べていける道がなかったため、また、社会のプレシャーも尋常じゃなく高かったため)しかたなく低いレートで結婚した後、ずううううううっと我慢してきて、それでも子供が独立したら“熟年離婚”とかに踏み切る人が増えている時代が今なんです。「とりあえず“ディール成立レート”まで下げます!」みたいなことして成立した取引がすべて巧く続くとは思えない。


実は就活も同じかも。氷河期再来で、またもや「内定がもらえるところまでレート下げます!」みたいな戦いになっている。前回の氷河期後半の人の中には、その直後に数年の好景気期間がやってきた時、第2新卒として“リベンジ転職”をした人がたくさんいた。でもずっと不況が続けば、リベンジなんて不可能だ。じゃあ、一生我慢できるのか?

婚活も就活も、市場全体でレートが上がったり下がったりして、その動きにシスティマティックに対応しようとすればするほど意味不明な結果につながってる、って感じがする。



というわけで、

1980年代:暴騰

1990年代:高値安定

2000年代:下落

2010年代:投げ売り

2020年代:大規模な調整局面


次の10年は結婚も就活も、レート投げ売り気味の時代に突入するのかも・・



そんじゃーね。


若者殺しの時代 (講談社現代新書)

若者殺しの時代 (講談社現代新書)



ドンドン不公平な国になってくる

坂の上の雲の主人公の一人である秋山真之の
『自分が一日怠ければ、日本という国が一日遅れる』

ってのがあったけど。

自分もそうだけど、まず第一に自分のことを考えて残った余裕で他人の心配。

それが今の日本の風潮だから。


なんども書いているけど、日本にリーダーはもう出現しないよ。

出現するときは、ヒットラー的なリーダーだな。


多分,来年度はもっと新卒者の就職は厳しくなって。


再来年はもっと厳しい。


正社員になれない男性は、多分結婚もできず。

それに伴い、結婚する女性も減る。


今後,景気が回復することはないけど,万が一回復しても。


その時代に新卒で正社員になれなかった若者は、スキルを磨くことも出来ず。

一生,フリーター的な生き方しかできない。


そういう若者がある一定するいることは仕方ないことだが。


役に立たない中高年の雇用を守るために、若者が就職できない。


家庭を持ち、失業によって一家離散する家族と、就職もできず一生家庭も持てない男性と。


どちらが可哀想かといえば、それは全く差がないと言いたい。


一度でも幸せを味わえた分だけ、失業後に一家離散する方が幸せかな?


兎も角、公平にしないと。


世代間格差をなくさないと。


子どもが大学生以下で、このリスクを自覚している中高年はまだいい。

当事者だからね。


でも,子供も全員就職して。

自分は退職,年金生活って言ったら。


今の若者の苦しみは、多分南アフリカの難民の苦しみぐらいにしか感じてないんだろうな。


孫が苦しむときには、もうコイツらぼけちゃってるだろうし。



自分も今直ぐ医者をやめて、その不公平の是正のために。

政治家を目指し、そして当選しなくてもその正当性を訴えていくなんかするつもりもないわけだからね。


結局、国のために,他人のために自分を犠牲にするって。

そこまで追い詰められる雰囲気、空気が必要なのかな。


何が言いたいかをまとめると。


日本は絶対にSlow DEATH。


そのつもりで対応しろってことでした。





最悪の時はこれからだ

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51470391.html


c81db721.jpg


来週の週刊ダイヤモンドの特集は「解雇解禁」。といっても解雇が解禁されたわけではなく、解雇規制を解禁せよというキャンペーンだ。内容は、当ブログでも論じてきたように、中高年のノンワーキングリッチを過剰保護する解雇規制(および司法判断)が若年失業率を高め、世代間の不公平を拡大しているという話である。

完全失業率は5%程度だが、今春の大学卒業生の「無業率」は2割を超える。さらに企業の海外逃避も加速し、パナソニックは新規雇用の8割、ユニクロは5割を海外で採用する。その原因の一つが、強化される一方の雇用規制だ。民主党政権の「雇用重視」の政策は、企業を海外に追い出す「カントリーリスク」になりつつある。

社内失業を奨励して労働保持を増やす雇用調整助成金は、一昨年の10億円弱から昨年は6000億円以上に激増した。このため潜在失業率は、経産省の推定によれば図のように13.7%にのぼる。


おまけに、どの党も選挙民の反発を恐れて、この問題に取り組もうとしない。自民党は、先の参院選で「解雇規制の緩和」を打ちだしたが、選挙戦ではまったく言及しなかった。みんなの党は、昨年の総選挙では派遣労働の規制強化を打ちだしていたが、さすがに参院選では反対に転換した。しかし彼らも、この問題には選挙戦では何もふれなかった。

しかし政治家が、まったく問題を認識していないわけではない。先日、ある党の勉強会で雇用問題の話をしたら、元党首が「あなたのいうことは理屈の上ではよくわかる。私も個人的には賛成だが、選挙で解雇規制を緩和するなんていったら絶対に勝てない」といった。増税と同じで、政権基盤のよほど強い政権でないと、手はつけられないだろう。

硬直的な労働市場は単なる労使問題ではなく、世代間の不公平を拡大し、人的資源の効率的配分を阻害して潜在成長率を低下させている。政治家が解雇規制の問題をタブーにしている限り、どんな「成長戦略」を打ちだしても日本は成長できない。それはデフレがどうとかいう問題より100倍ぐらい重要な、日本経済の最大のボトルネックなのである。

90年代に不良債権の処理を先送りした結果、その規模がふくらみ、最終的には日本経済を壊滅状態に追い込んだように、いま日本経済の抱える最大の「爆弾」は、長期不況で積み上がった人的不良資産である。労働保持は、目先は労働者にやさしいようにみえるが、経営効率化を阻害し、企業が破綻したら失業は顕在化する。日本経済の最悪の時はこれからである。

電子カルテとクラウド化

医療費には、3割の無駄有り。効率化で年10兆削減。


クラウドと300万人の医療関係者全員に電子カルテ無償提供しても年間9.9兆おつり来る。


とソフトバンクのハゲがtwitterで言ってます。


全国共通電子カルテはいらない 井上晃宏(医師)
http://agora-web.jp/archives/1017051.html


同じ医師としては、井上先生の意見に近いのですが。


年10兆の削減は無理で、かつまったく削減しなくても。

効率化した分で電子カルテの無償提供があるのなら。


全国共通電子カルテは欲しいな。


以前のレントゲン、CT、MRI、処方された薬。


これが判るだけで全然診断精度が上がる。

それは患者のメリットです。



それとおじいちゃん先生に電子カルテを使わせるには、マンツーマンの医療秘書が必要です。


セキュリティーの問題なら、クラウド化ではなく。

個人の治療歴は全部個人に管理させれば。


イメージとして、保険証にメモリーを搭載して。

行われた医療履歴は全部それに残る。


その情報を医師に公開するかどうかは患者の判断による。

これだけで、医療費の節約、診断の能率化は確実に可能。


ただ、この場合。


医療機関の収入源が反対の理由になるので。

何かしらの援助がないと。


具体的には診断料、読影料の割増加算。


君子危うきに近寄らず

まずは、東スポの記事ですので。

どこまで本当かは分かりませんが。


でも、彼らの人生設計は手堅いですよね。


僕は彼らの大ファンだったな。


音楽的に才能があるのか、売れ線の曲をタイアップよく売っていただけなのかは分かりませんが。

それでも、キセキなんかなんども聞いたしな。


AV女優は見てチンチンが立つか。

歌手は歌をきいていい気分になれるか。


それが価値だと思うし、その意味において彼らは才能があったのだと思うけど。

一番重要な売れたんだしね。


彼らの戦法は、この前のサッカーの日本代表と同じ。


先行逃げきり、リスクと取らず。


地方の三流歯科大なんか今の時代,偏差値は35ぐらいの世界でしょう。

実家は金持ちなんだろうけど、歌手としての成功がなければ。


勝ち組(親世代)から負け組(自分世代)という、最も悲しい成り下がりパターン。


彼らには歌の才能があったわけだけど、医者のバカ息子が芸能人ってはよくあるパターンで。

彼らはその亜型だよね。


舘ひろし、SAM、モト冬樹、梅宮辰夫、山城新伍などね。


話はちょっとずれて。


水商売で稼いだ金で、商売に成功するとか。

芸能人、プロスポーツ選手が引退後のサイドビジネスで成功するとか。


殆ど無いよね。


水商売も芸能界もプロスポーツ界も、才能があったから成功したんだろうけど。


その才能と、商売で成功する才能は必ずしも一緒じゃないからな。


受験戦争の勝利者である東大卒が、必ずしも商売で成功しないのと同じです。


1億の現金だけなら、そのまま逃げ切れるか不安だけど。

5億の現金なら、サッカーで言えば,後半の10分で4−0だよな。


もう守るだけで十分でしょう。

彼らは,想像だけど。


大学は三流で、国家試験も落ちまくり。

馬鹿であることを自覚してるんだろうな。

そして、彼らの育ちの良さがラッキーの生かし方を知っている。


敵を知り己を知れば百戦危うからずって奴ですね。


余計なお世話ですけど。(`・ω・´)



GReeeeNのメンバー「一人につき貯金が5億円ぐらいある。もう充分稼いだので引退したい」

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news/1281968627/

人気女優・井上真央との熱愛が発覚したGReeeeNのnavi(30)だが、7月上旬の本紙報
道後も、双方は沈黙を守ったまま。そんな中、GReeeeNは正体を明かさぬまま、稼ぎ逃
げするつもりであることがわかった。
井上との報道後、公式有料モバイルサイトの日記を更新しているが、ファンからは
「本当だったら祝福します」「コメントだしてくれたら、嬉しいです」とコメントがつい
ているが、熱愛報道には一切触れていないようだ。
井上も来春にはじまるNHK連続テレビ小説「おひさま」のヒロイン会見で姿を現したが、
コメントはだしていない。
naviの正体であるシンガー・ソングライターXには「貯金が5億円ぐらいある」(知人)
とのことだが、聞けば「他のメンバー3人も同じぐらい貯金があるそうですよ」
昨年11月、本誌がGReeeeNの解散を報じると、所属事務所側は否定をした。
初ベストアルバム以降、ニューシングルはだしていない。
その背景について知人が語る。
「めちゃくちゃ稼いだから、メンバーはGReeeeNとしての活動はもういいみたい。
歯科医師国家試験に合格して彼らはみんな歯医者に未練があるんですよ。ただ、所属レー
ベル側がまだGReeeeNで稼ぎたがっているんですよ。当然、顔だしについても出さなく
ても売れるなら、そのほうがいいじゃんということで、いまでも出す気はまったくないよ
うですね」
記事元
東京スポーツ(一部編集)


リスクとリターン

最近感じたことがある。

リスクとリターンの概念や、期待値の概念を何で学校で十分に教えないんだろう。

今の時代は学力(知能指数)でなく、コミュニケーションを能力が必要とか。EQ(心の知能指数)とか言うけど。

最低限の数学的な思考。

リスクとリターンの概念とか、期待値の概念とかが全く分かってないからコミュニケーション能力が低いのでは。

同時に、本音と建前についての理解がないままの人間が凄く多い。

結局、本音と建前を理解出来ないのも、リスクとリターン。期待値の概念がないからだよね。

もし可能なら、ボラティリティ(volatility(変動性))まで理解すれば。

人間関係の多くのことが理解できるよね。

それを理解せずに,コミュニケーション能力とか言っている奴は可哀相だけど駄目だよ。

ポジショントークの卑しさ

http://ameblo.jp/randtkikaku/day-20100804.html

でも書いたけど、ポジショントークなんかリスクとリターンの概念や,本音と建前の概念がないと理解出来ないじゃん。


もう少し分かりやすく書くと。


サッカーに例えると。

サッカーの技術がないのではなく、その以前に走る体力がないのでは?


KY(空気が読めない)ってあるじゃん。

今の若者はその場の雰囲気を読むのは上手いのでしょう。

仲間内での雰囲気は読める。


でも、自分たちのバックグランドの違う集団の中では空気が読めなくなる。


でも生きていく上で、全ての集団のバックグランドを覚えることは出来ない。


つまり、リスクとリターンの概念とか期待値の概念から、その集団や個人のバックグランドを想像するしかない。


それは東大卒と日大卒では,何で東大卒の方が給料が高いのか。

東京のマンションと埼玉のマンションでは、何で東京のマンションの方が高いのか。

20歳の女性は,何で30歳の女性より商品価値が高いのか。


リスクとリターンの概念とか、期待値の概念があれば上記も十分理解できる。


ある人間が、どの大学を出て、何処の生まれで,現在どこに住んでいて,どの企業でどのようなポジションで働いているかを知るだけで、その人のバックグランドは想像できますよね。


女性なら、高卒なのか,専門学校卒なのか、専業主婦志向なのか,キャリア志向なのか。

親のバックグランドはどの大学を出て,何処に生まれ,何処に住んでいて,どの企業で働いているか。


その上で、その人の人生におけるプライオリティなどによって、その人の個性が形成させている。


プライオリティってのは、学歴主義者なのか、拝金主義者なのか、出世より家族タイプなのかって奴ね。


具体的な例で書くと、病院の一般事務ってのはそれ程高学歴でない。

病院の受付の女性のことね。


彼女たちのコミュニケーション能力の低さは僕には驚愕なのですが。


かかりつけの患者で,カルテが厚い場合。

その患者自身を知っていなくても、カルテの表紙の住所は何処か?健保か国保か生保か?

どのような頻度で受診しているのか?薬だけの頻度が高いのか?受診の頻度も定期的か不定期か。


それで大体どういう感じの患者なのかを理解できる。


その上で、余り手をかけずに処理できる患者は、軽くスルーしないから。

彼女たちは忙しさが閾値を超えて、パニックになる。


そのベースには彼女たちの優しさは真面目さがあるのでしょうけど。


でも学校で,リスクとリターンの概念、期待値の概念を確り学んでいれば。

余裕をもって対応できるはずなのになと思う。


病院には、相談員という転院などを調整をする仕事があるんですが。

医療ソーシャルワーカーといった方が分かりやすいかな。


どの病院も、医療ソーシャルワーカーの役割は医師の仕事の削減(書類作成等)と病院の利益率アップ(要するに早く転院させたり,退院させてること)。


医療ソーシャルワーカー(いりょうそーしゃるわーかー、MSW:Medical Social Worker)とは、保健医療分野における医療ソーシャルワーカー(いりょうそーしゃるわーかー、MSW:Medical Social Worker)とは、保健医療分野におけるソーシャルワーカーであり、主に病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職を指す。ーシャルワーカーであり、主に病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職を指す。


上が本音で下が建前。


医療ソーシャルワーカーの新人が入ってきた場合、病院の医師も医療ソーシャルワーカーの先輩も本音は言わないよ。


あんたの仕事は、医師の仕事の削減と病院の利益率のアップとは。

勿論、その仕事に夢も希望も持っているんだろうけどさ。


でも、悟ってもらわないと仕事にならないのが現実だし。

もし、自分の役割を理解した上で、その上で困った家族に最高の解決策を提供するのが貴方の仕事の完成形。


俺は正直な人間だから,なるべく本当のことを言うようにはしてるけど。

でもそれでも多くのことは言えないし、患者の希望が適正なものか無茶なものかの判断なんかは結構難しいんだよね。


それを解決するのは、やっぱりリスクとリターンの概念と,期待値の概念だと思うよ。


それを身につけていない人間が、この終身雇用などの崩壊した日本で生きていくのは。

辛いことばかりだと思うけど。


自業自得なのかな?

学校が悪いのか?

親が悪いのか?


パニックを起こす事務員も、本音と建前を理解出来ない相談員も。


そういう人間は,例外なく善人なんだよな。


韓国ワーキングプア 88万ウォン世代を読んで。

88万ウォン世代(パルシッパルまん-せだい)とは、韓国1970年代 終盤〜1980年代 中盤(概ね1977年1986年 )に生まれた世代 である。大卒非正規雇用 に追いやられている者が非常に多い。

88万ウォン(約7万円)が彼らの平均給与額である。



http://www.amazon.co.jp/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%97%E3%82%A2-88%E4%B8%87%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3%E4%B8%96%E4%BB%A3-%E7%A6%B9-%E3%80%93%E7%86%8F/dp/4750329231


韓国版のフリーターの話ですが。


そこには「1000ユーロ世代」というイタリアの本も紹介されている。


これはイタリア版フリーター(非正規雇用)の話ですね。


それと日本経済の抱えている問題なんて全然大したことない 金融日記

http://news.livedoor.com/article/detail/4937234/


これも一緒に読むと全体像が見えてくると思う。


88万ウォン世代に比べると、金融日記のブログは薄っぺらすぎますが。


でも。


世界レベルでこのように貧富の格差が急速に縮まっているというのに、それを阻止しようとする卑しい人達がいます。世界のために何も生産せずに、既得権益の上にあぐらをかく卑しい人間です。保護主義を取って国境を超えた企業活動を妨害しようとする悪魔の如き政治家です。

しかし非常に幸運なことに、こういう愚かな政治活動は遅かれ早かれ失敗するでしょう。グローバリゼーションというのは一種の自然現象だからです。


これで重要なのは、自然現象って事。


それを阻止する行為が卑しいかと言われれば、卑しくないと思うけど。


まとめると。


若年層の非正規雇用化を止めることは、どの先進国も出来ない。

それはグローバリゼーションであり、自然現象であるから。


若年層の非正規雇用化に伴う苦しみは、国家として弱い国により一層の苦しみとして現れる。


日本という世界で最もストックがある国。


今の日本の若年層の苦しみは、世界中での同世代に比べると一番軽いものである。


そのストックが徐々になくなる今の日本において。


若年層の苦しみは、急速に大きくなる。


若年層への苦しみは、若年層全体を襲うわけでなく、世代内での競争に負けた層に対して激しい痛みとして

現れる。


世代内での負けた層とは、上位2割以外。

つまり、ほとんどが負けた層になる。


その負けた層の中でも、高卒の男子、結婚できなかった高卒女子にその痛みが著しい。


その苦しみを政治的に解決する方法は、逆ピラミッド型の人口構成の日本において。

民主主義国家としては、絶対に無理である。


世代間格差はなくならない。


そこのあるのは絶望だけであり、明るい未来はない。


こんな話は出鱈目だと思えば、それでも良いのですが。


でも,貴方のポジションで。


この前提で、人生を見なおしてみたらどうなりますか?


今、立教大学の大学の3年生の男子。


今、明治大学を卒業して3年目の一部上場勤務。


聖心女子大学の4年生。


旦那は中堅企業勤務の専業主婦。

子供は1歳と3歳。


慶応大学卒のエリートOL。35歳。結婚の予定なし。


45歳,勤務医。専業主婦と私立小学校に通う娘2人。


大手企業の部長、子供は中高一貫校に通う15歳と17歳の男子。

狙える大学は良くてMARCH


どう考えても,明るい未来は描けない。


そう。

バトル・ロワイアル。


勝ち抜くしかないんだよね。


今現在の10歳は。

多分、88万ウォン世代と同じような苦しみを味わうことなる。


一流大学(最低でも早慶レベル以上)でも正規社員になれるのは、5割。

高卒の男性の半分は、はじめから結婚を考えることも出来ず。

それに伴い女性の多くは結婚も出産も出来ず。


その時,女性は大阪で起きた幼児虐待で子供ふたりを餓死させて23歳のピンサロ嬢をどう思うのか聞いてみたい。


結婚も出産もできない人生と、育児ノイローゼで子供を殺す人生のどちらが良いのか。


今の女性に聞けば、100%の女性が。

子供を殺すぐらいなら、一生結婚も出産もしなくて良いと言うのは簡単に想像できるけどね。


現在の非正規雇用の男性。

生活するので精一杯で、結婚出来ない男性が。


秋葉原の無差別殺人のような事件を起こしたように。


多分、女性版の秋葉原無差別殺人。


10年後には多発するよ。


イメージとしては、エリートサラリーマンと結婚した専業主婦。

可愛い子供に囲まれて。


その子供を誘拐して殺人とかね。


ブログ書いていて憂鬱な気分になってきた。

















インビクタス/負けざる者たち

クリント・イーストウッド監督の映画。


素晴らしかった。


号泣。


スクールウォーズに並ぶ、ラグビーの実話をベースにした奇跡。


ツボにはまった。


映画だから勿論,脚色してるんだろうけど。


実話という枠が、涙腺をチョロチョロ刺激する。


お薦め。


Chikirinの日記を読んで

日本はアジアのイタリアに

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100730


この日記は色々な意味で役になる。


Chikirinは日本人はどのような選択をしますか?と問うてます。


そして、Chikirinは日本はアジアのイタリアになると予想しています。


その予想は、鉄板少女アカネだと僕も考えてます。


人生とはを語れるほど、僕は大した人間ではありませんが。


世俗的な成功のためには、人生とはどのようなルールなのかを人より先に気がつくかのを競うゲームだと理解しています。


サッカーは手を使わずに、相手より沢山ゴールするかを争うゲームです。

サッカーのルールを理解した上で、少しでもそのテクニックを上げるために努力します。


でも人生というゲームは違います。


手を使ってもいいのか、殴ってもいいのか。


そういう情報がない中で、そのルールをいち早く把握できるかを競うゲームなのです。


人生というゲームのルールを理解するうえで。


将来の日本がどのようになるか程,役に立つ情報はありません。


今の日本、そして何十年かして日本はアジアのイタリアになっていく。


それだけで、人生ゲームの攻略本を手に入れたようなもんじゃんね。


ここから先は具体例。


イタリアは地方が貧しいだよね。


日本も必ずそうなる。


東京に住まなくても、九州圏の博多みたいに。


その地方の中心地で働けるスキルを身につけたほうが良い。


東大や医学部に入るのは無理でも、看護師なら馬鹿でもなれるじゃない。


フィリピンからの移民が入ってこないなら、男性でも看護師免許はコストパフォーマンスでなく。

知能パフォーマンスが良い資格だと思うよ。


知能パフォーマンスが悪い資格っては、弁護士とか公認会計士とか税理士ね。


東大卒とか医師免許は、知能パフォーマンスは普通。


看護師免許も取れないほど馬鹿なら、闇社会っていうか。

アンダーグランドでの活動を考えるのは悪い選択ではない。


もっと具体的に言えば、ヤクザやキャバ嬢も期待値の高い選択だと思います。


弁護士とか公認会計士とか税理士を目指すなら。


アンダーグランドに首をつっこむ気がないなら,儲からないと思うよ。


あと、今後は「すべてのことはイタリアに真鍋かをり」


じゃなくて、「すべてのことはイタリアに学べ」ってなるから。


イタリアの土地の値段は、どんなトレンドを描いて動いてるのかとかを研究すると。

一財産稼げるんじゃないの。


今年中に日本のGDPが中国に抜かれます。


70の法則ってのがあります。


正確には72の法則ですが。


72の法則

「72の法則」というのがあります。
例えば「年利3パーセントで元本を運用したときにそれが2倍になるのは何年後か」という問題があったときに使います。
「年数=72÷年利」という式を使うと簡単に計算できる、これが「72の法則」です。
これによれば、72÷3=24ですので、答は「24年後」です


中国の成長がこのまま7%ぐらいで続き、日本は当然成長しない。


70÷7%で、10年で中国のGDPは日本の倍になるのです。


このぐらいの時は、日本はビックリするぐらい中国に買われるでしょうね。


団塊ジュニアの購買欲が衰える頃。

多分、3-4年後ぐらいに土地を仕込んで。


10年後に転売する。

これならキャピタルゲインを狙えるんじゃないのかと思ってます。


ポジショントークの卑しさ

誰が何をネグレクト?

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100801


これに対して。


ちきりん女史が、今度は育児ネグレクトで幼児2人死亡の事例で釣魚記事

切込隊長BLOG(ブログ)

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/08/2-b512.html


でもこれって、ポジショントークですよね。

金融市場における用法

自分のポジション(建て玉状況)に有利な情報、見通しを述べること。

意図的に自分に有利なように誘導しようとしていることを意味しているが、期待感から無意識的に偏った見通しを述べていることも含んで言うことがある。

ネット上・言論上における用法

自分の立ち位置(所属団体・勤務先など)を明らかにして特定の事物に言及する行為。

ネット上の実名匿名と関連するような形で、「匿名の立場で特定の事物をほめたりけなしたりする行為(隠しポジショントーク)」がおこなわれ、個人のモラル的にそれはどうよ、という話になったりする。


別にポジショントークがいけないとは言いませんが。


でもチキリンの日記のファンとしては。


卑しいと思うけどね。


同様に。


”淪楴垤欺などに対する専業主婦のポジショントーク。

【話題】プロポーズをしてきた彼に年収や貯蓄額を聞くのは失礼でしょうか?に対する男性側のポジショントーク。

http://kuromacyo.livedoor.biz/

4婚女性が未婚女性に対するポジショントーク。

ぅ曠螢┘皀鵑箸金融日記の藤沢数希氏とかの、成長戦略に対するポジショントーク。

ツ祿慘鮟性の,高学歴女性に対するポジショントーク。



今回の日記はあえて抽象的に書きました。


ある種の人間にとって、それはポジショントークだろうって突っ込むことは。


その人間のレゾンデートルの否定だしね。


これも橋下知事の戦略?

辛坊治郎が大阪市長選に立候補すれば、笑いの本場、タレント議員好きの大阪市民のことです。


柔ちゃんのように当選確実でしょう。


平松市長は今から次の仕事考えないとね。


橋下知事が誕生したときは、大阪人は笑いと心中かと思ったら。


橋下知事は本物だったね。


これで、大阪制圧。


その後、全国制覇。


って、日本国総理大臣になりそう。


白川総裁も可哀相だね。

白川総裁、不況への日銀の責任を認めず 衆院予算委で

8月2日11時49分配信 産経新聞

 日本銀行の白川方明(まさあき)総裁は2日午前の衆院予算委員会の基本的質疑で、現在の不況について日銀として責任を感じているか問われたが、責任があるとは認めなかった。

 民主党の松原仁予算委筆頭理事が「日銀としてこの不況に責任の一端を感じているか、イエスかノーで答えてほしい」と質問したところ、白川氏は「一言でお答えするにはあまりにも複雑な、難しい問いだ」と述べた。また、安定的経済成長への復帰に最大限の努力を尽くす考えは示した。

 松原氏は「ちょっと無責任な発言だ。(不況の)責任の一端は日銀の金融政策にある。それを感じなければ、無責任のそしりは免れない」と反発した。


「日銀としてこの不況に責任の一端を感じているか、イエスかノーで答えてほしい」だって。

松原仁って政治家も、人気取りの為に言ってるんだろうから。

ひどいね。

「ちょっと無責任な発言だ。(不況の)責任の一端は日銀の金融政策にある。それを感じなければ、無責任のそしりは免れない」

白川総裁も、脱力して倒れそうだったんじゃないのかな。



病院で何度となく繰り返す風景を、また見た感じ。



楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ