大きな組織に属しながら、組織の命令で動き、組織のために働く「サラリーマン」は、間もなく絶滅するだろうと思っています。サラリーマンは、自らが「絶滅危惧種」であることを意識し、どうやって生き伸びるかを考えなければならない時代を迎えているのです。


“社風”とは、サラリーマンに仲間意識と会社愛を育て、なんだかんだと愚痴を言っても結局は会社に縛り付けて一生懸命働き続けてくれるように洗脳するための、集団催眠のようなものなのです。

日本のサラリーマンは幸せだったのです。同じ社風を共有する社員同士、皆で一丸となって事業をし、ライバルと戦い、叱咤激励し合い、酒を飲んで適度なガス抜きをし、社内恋愛や紹介お見合いで親戚となり、家族ぐるみの付き合いをする。定年まで忠実に働く代わりに、首を切られることはなく、給料は一律にある程度まで上がり、60歳まで勤め上げれば数千万円の慰労金がもらえる。さらに、老後まで企業年金で面倒を見てくれる。サラリーマン万歳です。転職なんてもったいなくてできるわけがない。

「サラリーマンは絶滅危惧種」であり、生き残る方法を考えなければならない、ということに気づくかどうかで、あなたの働き方、そして生き方は随分と変わっていくはずです。今日も明日も上司の言うがまま、まさに兵隊的な働き方をしていては、10年後、いや5年後にいきなり「ご苦労さん、もう君の闘いは終わったよ」と会社に見放されることは、十分に起こりうることなのです。

日本のサラリーマン(全国転勤がある正社員)と専業主婦ってのはマジでセットだからな。

どちらも幸せだったんだろうな。

弟がサラリーマンなんで、そう感じる。

今でもリストラされないで、定年まで居られれば一番幸せで安定した人生なんだろうな。

だけど、もしリストラされたら?

もし離婚したら?

飼い主に捨てられたペットみたいな人生だよね。

捨てられても野良犬、野良猫になれるペットなら良いんだけど。

元々の能力は高いから、野生化出来るサラリーマンや専業主婦は良いと思うけどね。

そうじゃないペットは、野垂れ死にするか、殺処分されるかでしょ。
若い人は誰かに依存するとか、組織に依存する人生にならないように準備したほうが良いよ。会社を今すぐ辞めろ、というわけではありません。まずは自分が「絶滅危惧種」に属しているかもしれないことを意識し、自分の働き方を、そして生き方を見直すことが必要なのです。

準備というか、覚悟だけはしておいたほうが良いよ。

おわり。