メディアでは、「70歳まで繰り下げると、年金が142%も増える」という見出しが躍り、逆に「1年繰り上げると6%の減額」「5年繰り上げると30%も損する」という記事があちこちで目につく。大合唱だ。

今回のブログは検証はしていません。

当然、年金の専門家でもないので自己責任でお願いします。

でも直感的に俺も年金は繰り上げで貰おうと思っている。
(65歳でも生きているかも分からないけど)

国を信用出来ないと言うよりは、自分の長生きできるとは到底思えないからね。
加給年金とは、会社員や公務員などの厚生年金や共済組合の加入者が受けられる一種の家族手当のような制度で、僕が65歳になった時点で、65歳未満の配偶者(僕の場合は妻)がいる場合に、受給額にプラスされる年金だ。

こんな不思議な制度があるんだね。

加給年金額と振替加算
2863
国を挙げて、年の差婚を推奨しているような制度だね。

加給年金ってのは、対象者が生活に困らないように設計されたんだろうけど、実際は年の差婚をした官僚数人が居酒屋で自分たちに有利になるように設計したと推測。
img_0

加給年金ってのは宮大工が残した棟札みたいなものと推測。

俺もこれからは術後の患者に棟札みたいのを残そうかな。火葬してしまえば消えてなくなるけどレントゲン写真は半永久的に残るからな。

冗談です。やりません。

おわり。