同じ年代に生まれ変われるとしたら、二度目の人生は勉強を頑張って九州大学医学部に入り博多の女性と沢山遊びたかったと思っているゆるい整形外科医です。

今現在に生まれ変わるとしたら、医学部を受験するかは要検討です。

タイトルに戻って、製薬会社の講演会に招待されてまたまた博多に遊びに行ってきました。

10数年前にはじめて博多に行った時は、可愛い女性ばかりでビックリした思い出があるんだけど、昨年も今年も博多に旅行に行って思ったんだけど、ブスが増えた感じがするな。

なんでだろう。

まあ、10数年前はキャバクラに行ったけど、昨年も今年も遊びに行ってないからな。

博多は男性の数が少なく、女性は美人でも売れ残る可能性があるという情報が広く知れ渡って歪みが是正されたのかな。

歪みは情報が知れ渡ると是正されるという事だけは覚えておきましょう。

医学部の期待値が高いことが知れ渡った現在において、いつまでもその歪みが続くかは疑問があります。

多分是正されるのでしょうね。

その時には、専業主婦が散々繰り広げたポジショントーク同様に。

医者の仕事がどれほど尊いか、大変か、重要かを繰り広げられたポジショントークを聞ける事になると思います。

勿論、医者の仕事は尊いし、大変ですし、重要ですが、全ての医者がその対価に値することはないので、対価に値する医師は今まで以上に高給で報われて。

そうでない医師は年収800万ぐらいで対応される時代になるのでしょう。

無能な人間がいつまでも甘い蜜を吸い続けることは出来ません。

最後はグルメ情報です。
2934


昨年の博多ではやま山の予約は取れずに、他の鮨屋に。

その鮨屋も名店で、カウンターでは相撲の九州場所で親方とタニマチと弟子という最高に贅沢な環境でしたが。

やま中の鮨自体は値段が高いので美味しかったですが、この店の真骨頂はカウンターで大将と会話しながら食べないとその価値が半減してしまう(とこの店を教えてくれた麻酔科医の先生が言っていました)。

すきやばし次郎の大将と同様に生きる伝説の一人です。

寿司割烹 やま中 大将 山中 啄生 氏

お元気でしたが、いつまで現役でやれるか分からないので健在のうちに是非。

都内で言えば、ハワイに行ったすし匠の大将、亡くなってしまった海味の大将と同じ系統。

改めて、鮨屋の名人級の大将=外科医と再確認しました。

セミリタイア後の人生は、東京すしアカデミーに入って鮨屋でもやろうかと真剣に検討中です。

その時はぜひ読者の皆様は来店してください。

残念ながら読者割引はありませんが、ご祝儀代わりに沢山払ってくれる分には喜んで受け取らせて頂きます。

ごっちゃん体質なもので。

おわり。

2939
2936
2935
2940
2938