2022年は悪いめぐり合わせが重なると思うな。

生産緑地の問題だけでなく、非正規雇用がドンドン増えていって東京の不動産を買う買い手の数が著しく減るのでないの。

共稼ぎによる世帯年収1000万家族なんかの数も、減っていく予想しか出来ない。


世帯年収1000万は当然、パワーカップルではありません。

そして東京オリンピック景気のリバウンドも容易に予想できる。

現在の土地持ちが不動産を今売ったほうが得になるのかは良く分からないけど。

マイホームが欲しい人が今不動産を購入する意味はないと思うな。



マイホームのローンがあると、絶対に離婚できないし。


医者同士の結婚の場合は、ローンの支払いが男性医師に重負担になりそうだし。

悲惨な未来しか予想できないんだけどな。

おわり。