10年が期限だった住宅ローン控除が15年になるかもしれないというニュースが伝わっています。17日も与党公明党の税調会長談話にありました。

これはマンション販売動向に非常に影響がありそうだね。

15年間ぐらいなら勤務医としての給料も想像できそうだし、マンションを買おうと思う先生たちが増えそうだね。

興味の対象でないから、住宅ローン減税については大まかに知っている程度。
3055

所得税と住民税で50%の税金を払っていると場合は、最大20万の節税×10年で200万か。

それが15年に延長されるなら300万の節税になるのか。

検討すべき税制だな。

まあ15年後ではセミリタイアどころかほぼほぼリタイア状態だから課税所得が1800万を超えてなさそうだけど。(死んでる可能性も十分にある)

賃貸併用住宅と住宅ローン控除の落とし穴などを理解した上で住宅ローン減税を利用出来る物件を探す。

頭の隅にはおいておきましょう。

おわり。



ちゅり男先生と彷徨える医学系大学院生先生にご指摘頂いた通り、所得控除ではなく税額控除らしいです。勉強不足で恥ずかしいかぎりです。

改めて感じた印象ですが、ローン残高が4000万あればその1%の40万が税額控除される。

住宅ローンの金利が2%なら単純に計算しても金利だけで80万払っている。

住宅ローン控除自体の意味が景気対策なんですね。

35年の住宅ローンを組まない方が良い属性の人間に借金させる。

国自体が情弱ビジネスに手を貸している印象を持ちました。

おわり。