タイトルは大袈裟ですが、内容は大したことありません。

仕事でも学会でもなく、単なるレジャーでエジプトにピラミッドを見に行って来ました。

印象を一言で言えば、ピラミッドしかない汚い国です。
eipt3-027





インドやベトナムに似ている感じです。

まあ、その辺は今回の内容ではないので本題に戻ります。


日本とアメリカの金利差を考えると、もう少し円高になっるはずなんだけど。

色々な要因でまあ日本経済には丁度いいと言われている為替に落ち着いています。

政府が介入しているとか色々言われていますが、今回の旅行でまた感じが事は単純に日本国のプレゼンスがドンドン下がっているのが円高にならない結構重要な要因なのではないかと感じました。

今回の旅行ではアブダビ経由でカイロまで行ったのですが、ビックマック指数というのをご存知でしょうか。

その国の物価をみるときにマクドナルドのビックマックが指標になると言うことです。

ちなみにアブダビではビックマックセットが1350円でした。

日本のビックマックの値段が690円ですからちょうど倍の価格です。

500mlの生ビールを飲んだのですが、これも1350円。

日本でも空港で飲むと町中で飲むより高いので500mlで700−800円ぐらいでしょうから、これもほぼ倍の値段です。

エジプトでも泊まったホテルの目の前にマクドナルドがあったのでビックマックセットの値段を見てきましたが、だいたい350円ぐらいでした。

世界のビッグマック価格ランキング

あれ?

日本もアラブ首長国連邦も変わらないな。

空港内の観光客価格か。

まあ、だけど旅行に行くと日本以外の海外の物価の高さが気になる。

話が飛ぶんだけど、ドルが100円を切ったらドルを増やそうとしていたんだけど。

その基準をもう少し緩めた方が良さそうな気がしてきた。

105円を切るようなときにドル資産を増やそうと思った旅行でした。

まあ、エビデンスのない単なる印象だけの話なんですけどね。

おわり。