本題からずれるんですが、女にモテるモテないってそんなに重要なことなんですか?
私は射精を経験した中学時代から今まで、女性には何の興味もない。
男の二大欲望が女と金であるなら、私は前者の欲求がないので、生活費はミニマムになります。
inoueakihiro

井上先生
性欲が生み出すコストは多大です。性的嗜好や性欲を満たすために人生を棒に振る人も後を絶ちません。“モテ” は性欲に対する対策としては “金銭” を上回るかもしれません。女に興味が無ければ、“モテ” には何の意味も無いと思います。
ゆるくない精神科医

ゆるくない精神科医先生、私の性欲はAVと風俗で十分満足されてしまうんです。
要するに射精すればいいわけで、恋愛とか結婚みたいな高次の欲求がまったくわからない。
なので、医学部生がモテるとかモテないとか、婚活で有利とか不利とか、まったくどうでもいい。
金がかからない生活スタイルを選択できて、かつ、医師だったら、人生の困難はほとんどありません。inoueakihiro


モテについての二人の先生の解釈。

それぞれ色々な思いがあっても良いと思います。

これは下記から続きます。
子供に東大か医学部かの議論の続きですが、私なら、今仮に東京に住んでいたとしても、自分の息子には地方大学の医学部に入って一人暮らしすることを薦めたいです。
30年近く前、地方国立医学部の学生だった私の生活は、ひたすら合コン→エッチの繰り返しでした。
現在も当時のように地方の医学生がモテるなら、実家から東大に通う青春は “可哀想” の一言です。
ゆるい整形外科医先生も、そうやって大人の階段を上ったのではないですか?
留年、放校、孕ませ学生結婚など、激烈な副作用に注意する必要はありますが。
ゆるくない精神科医

ゆるくない精神科医先生コメントありがとうございます。
30年前、地方の医大生がモテなかったですが。
それが多くの悲劇、喜劇を産んた。
モテたのは首都圏私立医学部で。
モテる男性が親元を離れて、自宅のラブホ化はあると思います。
だから地方で医師、ナースの組み合わせが今でも多い。
中高一貫男子校と同じ副作用のリスクがありますね。


医者がモテる。

医学生がモテる。

この辺の違いを理解しないと、折角の青春が台無しになってしまいます。

このブログの本来の目的は親が非医者の旧帝大未満の国立医向けに書いていたのですが、今回は医学部志望の高校生限定です。

まずは相手の立場になって考えれば簡単に理解できるよ。

まず結婚適齢期の男性医師に関して言えば、ブサメンでも、体型に難があっても、性格に難があってもモテる。

医師免許ドリブン男子なんだから、女性側は年収300万でも研究をやりたいとか言い出す医者でない限りは男性医師に関する全てのネガティブな事に目をつぶる。

だけど医学生のときは違うよ。

結婚を前提で口説けば違うかもしれないけど、普通の恋愛では医学生であることはそれ程は有利にならない。(医学部6年生などは医師に近い評価を受けるかもしれませんが)

モテるかどうかはオスとしての魅力に依存する。

国立医学部の方が国立工学部よりモテるように見えるとしたら、それは国立医の方がいい車に乗っているとか、良いマンションに住んでいるとか、要するに金を持っているからだと思うよ。

実家の裕福さで補正をすれば、国立医学部と国立工学部のモテは違いはないと思います。
(実家の太さで補正すると、結局ルックス差を補正することにもなるとは思うけど)

それと医師と医大生のモテ方の違いで顕著なのが低身長イケメンと高身長ブサメンの評価。

医大生のときは、高身長ブサメンより低身長イケメンの方が全然モテるんだけど。

医師になると、低身長イケメンより高身長ブサメンの方がモテるようになる。

どうしてそのようになるかは相手の立場になって考えてみてください。

おわり。



総論でなく各論では上記のようなこともあると思います。

だけど飛びきりの美人に告白する事自体が難しいでしょ。

そういうことが出来る男性は、小室圭さんと一緒で何者でもなくてもモテるんだよ。

暇な医師先生なんかは、飛びきりの美人に対して俺なんかという思いと俺は医学部なんだからとう思いの葛藤に勝って告白して付き合った事が成功体験になり更にモテるようになった。

そこまで拡大解釈すれば医学生はモテるとも言えるけどね。

男の場合は、女性のような意味不明な自己肯定感を持つことが基本出来ないの。

学歴だったり、出世だったり、金だったりがないと自己肯定感を持つことが難しい。

高卒の女性でも子供を3人ぐらい産んでいると、医学部教授になったぐらいの自己肯定感を女性の場合は普通に持てるからね。

つまり超拡大解釈すれば医学生はモテるとも言えるかもしれません。

ほんとうにおわり。