今年に入ってから一棟もの不動産の価格下落が、地方だけではなく都心部にも広がってきました。その一方で、都心中古ワンルームは相変わらず供給が少なく、価格は高止まりしています。なぜ、同じ地域の同じ不動産なのに、このような差が付いて「2極化」していくのでしょうか?
地方銀行を中心とした銀行が、昨年から一棟もの不動産に対する融資姿勢を厳しくしてきています。
融資基準が厳しくなると、不動産を購入できる人の数が減っていきます。需給関係から、一棟ものの価格が下がっていくことになるのです。同じ不動産であっても、区分ワンルームの販売が好調で、価格も上昇傾向です。これは、区分ワンルームに融資をしているオリックス銀行、クレディセゾン、イオン銀行、ソニー銀行といった金融機関が、引き続き積極的に融資需要に対応しているからです。


色々歪みが大きくなってきた。

ゆる医ブログで何年も何年も繰り返し繰り返しに種銭の重要性を書いてきたんだけど。

今起きていること、これから起きるような状況が絶対に来ると思っていたからなんだよ。

種銭さえ一杯あるのなら、素人でも1棟ものにチャレンジすればいいと思う。
そうやって不動産マーケットを見ていくと、例えば、2020年の東京オリンピック前後に不動産価格が下落するという話が、あまり根拠がないことがわかります。金融機関の融資姿勢が変わらなければ、東京オリンピックがどうなろうと不動産マーケットには、大きな影響はありません。
いずれにしても、今は好調な区分ワンルームマンションも、金融機関が融資に消極的になれば、価格が下落してしまう可能性はゼロではありません。


そんな事は絶対にないよ。

金融機関の融資姿勢とオリンピックの前後の景気が直接影響することはない。

だけど、外国人プレイヤー(特に中国人)のマインドには強く影響を与える。

不動産価格のサイクルは海の波のようなものだと思うんだよね。

金利の上下、参加プレイヤーの増減などにうよって上がったり下がったりうねったりさざなみになったり。

不動産バブル真っ最中の中国の上海のマンションの区分を売ると3億ぐらいになって、都内の安い1棟ものが買えるらしい。

中国人プレイヤーが更に減ってくれば1棟ものの値段は更に下がるかもしれない。

歪んだところに金儲けの種が潜んでいると思います。

おわり。