今後も空き家が増えていることはタワマンを購入しない理由にならないと思う。

利便性がありタワマンが魅力的だと思って購入する層がいることは事実だからね。

でもタワマン購入派は下記をどう思っているかを聞いてみたい。
タワーマンションの歴史は実質的にまだ20年程度。2回目の大規模修繕を終えた物件はほとんどない。エレベーターや配管類の交換を行うべき築30年前後の第2回大規模修繕について、我々は未だにノウハウを持っていない。それを考えると、タワーマンションという住宅建造物は、まだ完成品とは言い難い。私から見れば、かなり危うい住形態でもある。

タワマンに住みたいんだったら賃貸で良いのではないかと思う。

共稼ぎ、パワーカップルなんかは奥さん側の働く都合でタワマンの利便性はなにものにも代え難いと思う。
ヨーロッパの多くの国では20階どころか、10数階の高層住宅さえも法律で規制しているケースが多い。特に高層住宅での子育てを禁止している国もある。

でもなんで日本では新築一戸建ても含めて政府が規制しないのかが理解できない。
(まあ景気をあげるためなのは分かっていますが)

将来に遺恨の残すことになるのにね。

赤字国債をジャブジャブ積み上げる行為と同じ。

人口が急激に減っていく国で。

これから全体で見れば絶対に衰退することが確定している国で。

今現在の景気を良くするためだけにバンバン住宅を作る異常さ。

その辺の異常さを目にするたびに、音程が外れた歌を聞かせれているような苦痛が出てくる。
(ゆる医ブログ的な表現では、下手な手術を見せられるような苦痛)

コンパクトシティ構想の外に住宅を建てる人間の異常さを見るのも苦痛。

人生最大の買い物でギャンブルをするギャンブル依存症なんだろうな。

ただ何も考えてない?

そうかもしれません。

おわり。