先生の場合だと資産形成はもう済んだから、それこそ週2で働いて、残りの休みは趣味なりなんなりで余暇を楽しんだほうがいいのでは、と勝手に思いました。でも、先生は現在週休1.25なんですよね。 なぜ、そこまで働くのか理由が気になります
ー分はまだまだ出来ると思っているから
∋纏が好きだから
B里動かなくなるギリギリまで稼ぎたいから
ざっと思い付いたのが3つくらいです。
回答のほどよろしくお願いします。


週休1.25日になりましたで上記のようなコメントを貰った。

その問いに自分自身で答えることが出来ない部分がある。

自分以外にも十分に金を持っているのに働いている人間が沢山いる。



ここで重要なのがカルヴァンが唱えた予定説です。予定説では神の恩寵を受け救われる者とどうあがいても救われない者の2種類があらかじめ決まっていると考えます。

人にはそれぞれ天職があってそれに打ち込むことが良しとされ、仕事で良い成果を出せるとこれこそが自分が救われる側の人間の証拠なのではないかと感じることができるため、プロテスタントの人々は熱心に仕事に打ち込みました。

経済的独立後に働いている人は、神の恩寵を確認するために働いているんだね。

勉強になった。

自分自身は無宗教のつもりだけど、なんか神に守られていると感じることが多いからな。

輪廻転生なんか確実に信じているから、仏教徒なんだろうね。

なんちゃって。
FIREにも2通りあって、「Lean FIRE」は体脂肪を燃やしまくるかのごとく、とことん切り詰めるタイプ。「Fat FIRE」は普通の生活水準を保ちつつ、余剰収入(fat=脂肪)を貯蓄と投資で肥やしまくるタイプです。

俺の場合は、「Fat FIRE」というよりは、「First Food FIRE」でした。

ジャンクフードで高カロリーじゃなくて、ジャンクジョブで高収入。

略して「3F」
depositphotos_180387998-stock-photo-fat-man-eating-fast-food

話を戻して。

若いときに医者としての力量不足で救えなかった命に対する懺悔として働いている部分はあるな。

懺悔というよりは罪滅ぼしか。

どちらにしても自分自身に宗教的なものが確実にあるという事ですね。

ゆる医整形外科は宗教の対極いると思っていたのにね。

おわり。