東京と地方のどちらが良いかだとあまりにも壮大過ぎるので、都内出身者が駅弁大学医学部に入学して、都内に戻ってくるか地方に残るかと悩んでいる設定で。

1,金

2,女性関係(結婚も遊びもすべて含む)

3,仕事

4,趣味

こんな感じを比較検討するのかな。



ざっくり言えば「バリバリ働いて、バリバリ消費したい人は都会」「のんびり暮らしたい人は地方」みたいな住み分けになっているのでしょうか。

医者の場合は、他の職業と違って仕事内容は全国一律であり、地方の方が給料体系が高いという特殊な世界であること。

つまり、女性関係と趣味だけを考慮して考えれば良いと思うんだけど。

駅弁大学で知り合って結婚しようと思う女性がいるんだったら、別に都内に戻ってくる必要はないと思うな。

一方、魔法使医先生みたいに結婚相手は女子アナウンサー、CA縛りにしているんだったら、都内に戻ってきたほうが期待値が上がる。

趣味だけど、もし渡部のような美食家ゴッコをやるんだったら東京の方が良いよね。
ダウンロード

車が趣味だったら、地方に残ったほうが良いと思うよ。

フェラーリと足代わりのベンツの2台持ちとかだと、都内だと駐車場だけで年間100万円超えになる可能性が高い。

勤務医の給料じゃ無理でしょ。

一般論はこんな感じだけど。

だけど独断と偏見で言わせて貰えば、地方より東京のほうが楽しさも幸福度も何倍も大きいよ。

東京には地方と違って沢山のオプションがある。

医局を辞めるオプション。

開業するオプション。

副業をするオプション。

不倫をするオプション。

再婚をするオプション。

地方にだってオプションはあると思うけど、オプション費用が高い。

東京はオプション費用が断然安い。

だけど、生活費、住居費は東京の方が地方より圧倒的に高いので稼げない人間は地方の残ったほうが無難かもしれません。

俺は稼げるタイプの医者なので、稼げないタイプの医者への造詣は残念ながら浅いです。

医局の力が強い地方在住の先生達を見ていると感じることがある。

医局に文句を言いながら医局を辞められない。

嫁の愚痴を言いながら離婚しない夫婦のような感じだな。

女が話すことでストレスを発散するようにしているだけなのか、マジで離婚を考えているのか本人自身が分かっていない状態。

医局に対しては愛はなくても、情はあるんだろうな。自分の仕事人生の全てだったわけだから。

ここまで書けばオプション費用が高い、安いの意味が分かってくれますかね?

オプションがないから覚悟が出来るという戦略の人生は、結局は博打なの。

離婚すると生活が成り立たないから一緒に暮らすのと、お互い離婚しても問題ないけど一緒にいることが一番幸せだから夫婦を続けるのは全く別物です。

言うまでもないことだけど、既婚の3人の子持ちの医者が若くて可愛い巨乳と人生をやり直そうと思っても年収1000万だったら、離婚再婚をするオプションは都内でも田舎でもないよ。

若くて可愛い巨乳にキャバクラで働いて貰えるぐらいの器量があれば別だけどね。

おわり。