まずはお試しという気持ちで始めてみて、「これは向かないな、子どもも楽しそうではないな…」と思ったら3カ月〜半年くらいでやめていい

それでも習いごとをやめさせることに迷うようなら、納得できる小さな目標やゴールを定めてみる

本人から「やめたい」と言ってきたときは「何かほかにやりたいことある?」と聞いてみる

明らかに子どもの元気がなくなってきた、疲れているように見える…などの心配な変化を感じた場合


医者の子供を幼稚園時代に公文式に通わせて、本人から「やめたい」と言ってきたときにはどうするんだろうね?

小学校4年生のときに、SAPIXに通わせていたら子供が明らかに元気がなくなって、疲れているように見えたらどうするのかね?

相場の格言である「買いは技術、売りは芸術」に通じるものがあるな。

名門中高一貫校に入学したら、子供が退学したいと言ってきたらどうするんだろうね?

子供を新設の私立医大に入学させた後で、医者になりたくないと言ってきたらどうするんだろうね?

国立医学部に入ってくれたのなら、医者になりたくないと言われれば、個人の自由でどうぞと言うだけだけどね。






ゆる医整形も再現性と期待値がある成功法則はこれだと思っているので、これから離れる生き方を選択されると子供にアドバイス出来ることがなくなるな。

そういう子供がいたら、遊んで暮らせる金を残せば良いだけかな。


平尾昌晃を見習えという話でした。

おわり。